ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「生きるってスゴイ」の検索結果

「生きるってスゴイ」に関連する情報 182件中 1〜10件目

生きるってスゴイ

「生きるってスゴイ」のHP メッセージ動画配信中


乳がん

では、どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。


肺がん

では、どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。


国立がん研究センター中央病院

では、どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。


大阪大学医学部付属病院

では、どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。


大腸がん

今日は世界がんデー。いま、遺伝子情報を調べることでその患者に合った治療薬を選び出す新たながん治療がスタートしている。兵庫・尼崎に住む折田幸恵さんは約8年前に大腸がんと診断されその後肺や骨に転移。7種類の抗がん剤治療を受けつらい副作用と闘ってきたが、十分な効果がなく治療をやめたいと思ったこともあるという。それでも折田さんはいま新たな薬で闘病中。約2年前に医師から「がんゲノム医療」を勧められたことがきっかけという。がんゲノム医療とは、遺伝子検査を行い遺伝子変異を見つけ出すことで、その変異に着目して患者一人ひとりの特徴にあった薬を選ぶというもの。従来がん治療ではがんが出来た身体の部位ごとに治療が決まっていたが、十分な効果が見られず複数の異なる薬を使うことも。一方がんゲノム医療では遺伝子変異に効果がみられる薬をピンポイントで選び出すことができ、副作用の抑制や高い効果が期待できる。折田さんもがん組織を調べたところ遺伝子変異があり、効果が期待できる薬を見つけ出せたという。

では、どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。


関西ろうさい病院

今日は世界がんデー。いま、遺伝子情報を調べることでその患者に合った治療薬を選び出す新たながん治療がスタートしている。兵庫・尼崎に住む折田幸恵さんは約8年前に大腸がんと診断されその後肺や骨に転移。7種類の抗がん剤治療を受けつらい副作用と闘ってきたが、十分な効果がなく治療をやめたいと思ったこともあるという。それでも折田さんはいま新たな薬で闘病中。約2年前に医師から「がんゲノム医療」を勧められたことがきっかけという。がんゲノム医療とは、遺伝子検査を行い遺伝子変異を見つけ出すことで、その変異に着目して患者一人ひとりの特徴にあった薬を選ぶというもの。従来がん治療ではがんが出来た身体の部位ごとに治療が決まっていたが、十分な効果が見られず複数の異なる薬を使うことも。一方がんゲノム医療では遺伝子変異に効果がみられる薬をピンポイントで選び出すことができ、副作用の抑制や高い効果が期待できる。折田さんもがん組織を調べたところ遺伝子変異があり、効果が期待できる薬を見つけ出せたという。


食道がん

他にも、血液を使ったがん検診など、それぞれの医療機関が独自に行う物もある。このようなケースの場合、全額自己負担が多く、数万円かかることがある。ただ、5つの検診には含まれていない自分で気になる場所を調べられるメリットがある。堀内さんによると、胃にピロリ菌がある人は胃がんに、大腸にポリープがある人は大腸がんに、飲酒で赤くなる人は食道がんに注意。ピロリ菌を見つけるには胃カメラなどの方法があり、大腸ポリープを全摘除すれば発生を抑制できるとの研究も。飲酒してすぐ顔が赤くなる人はお酒の処理能力が弱い人で、そういった人は通常の70倍ほどのリスクがあるという。


がん

自治体は20歳以上の女性に子宮頸がんの検診の案内を送っている。大田区で送られてくる案内はお知らせと受信番号と通知書が入っている。医療機関などを予約し、受信番号・通知書を持っていけば検診を受けることができる。検診には自治体が行う検診と職場が行う検診がある。自治体の物は無料〜3000円程度の自己負担が多く、職場の検診は会社・健康保険組合から補助が出るケースも。

他にも、血液を使ったがん検診など、それぞれの医療機関が独自に行う物もある。このようなケースの場合、全額自己負担が多く、数万円かかることがある。ただ、5つの検診には含まれていない自分で気になる場所を調べられるメリットがある。堀内さんによると、胃にピロリ菌がある人は胃がんに、大腸にポリープがある人は大腸がんに、飲酒で赤くなる人は食道がんに注意。ピロリ菌を見つけるには胃カメラなどの方法があり、大腸ポリープを全摘除すれば発生を抑制できるとの研究も。飲酒してすぐ顔が赤くなる人はお酒の処理能力が弱い人で、そういった人は通常の70倍ほどのリスクがあるという。

がんについて堀内さんは「私としては各個人でリスクが異なると思いますので、そういった感覚を含めて負担を減らしたいと思っている。患者さんは医療者のように対応はできないことを知ってほしい」などと述べた。


大田区

自治体は20歳以上の女性に子宮頸がんの検診の案内を送っている。大田区で送られてくる案内はお知らせと受信番号と通知書が入っている。医療機関などを予約し、受信番号・通知書を持っていけば検診を受けることができる。検診には自治体が行う検診と職場が行う検診がある。自治体の物は無料〜3000円程度の自己負担が多く、職場の検診は会社・健康保険組合から補助が出るケースも。