ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「生沢浩」の検索結果

「生沢浩」に関連する情報 99件中 1〜10件目

日大

悪質な反則を指示したとして懲戒解雇された日大アメフト部の前監督が解雇は無効だとして地位確認など求めて東京地裁に提訴していたことが14日にわかった。15日に第1回口頭弁論が開かれる。生沢浩さんは「前監督からすると当然の権利かもしれないが、絶対にアメフトには関わってほしくない」など話す。

1回目の口頭弁論はすでに終了。前監督は解雇は不当で無効と主張し、日大に地位確認など求めた。日大側は訴えの棄却を求め争う姿勢を示した。前監督は法廷には現れず。生沢さんによると日大の判断は日大が用意した第三者委員会の結論に基づいているという。清原さんは「前監督が勝訴する可能性が高い。警視庁が立証しなかったのが大きく、日大としては第三者委員会報告書が拠り所だが、報告書が信用出来ない・停職・減給が相当だと裁判所が判断するならば懲戒解雇が無効になる可能性はある」など話す。

今後の行方…専門家の見解は?


「生沢浩」に関連するイベント情報

東京オリンピック

10代日本大学総長は、11代.12代3人で会見を行い、理事長の辞任を改めて要求するという。小林信也は「現在も含めて、理事長としての状況の是非を提示されるのでは。」などとコメント。生沢浩は「声をあげたことをメディアがとって世論が動くようになった。」などとコメント。


日本大学

10代日本大学総長は、11代.12代3人で会見を行い、理事長の辞任を改めて要求するという。小林信也は「現在も含めて、理事長としての状況の是非を提示されるのでは。」などとコメント。生沢浩は「声をあげたことをメディアがとって世論が動くようになった。」などとコメント。


関東学連

日大アメフト部の前監督と前コーチが関東学生アメリカンフットボール連盟から受けた除名処分に異議申し立てをしていたことが8月に入って判明。生沢浩は、「2人は刑事告訴を受けている立場だから、認めると捜査に影響があるのは確か。処分の軽減を求めたのかも。」とコメント。先月31日、関東学生アメリカンフットボール連盟は2人からの異議申し立ては出ていない、と否定。しかし、3日後の会見で、異議申し立てがあったことを公表。生沢浩は、「異議申し立ての期限が30日と言われていた。」とコメント。

前監督、前コーチの異議申し立てについて虚偽発表していたワケについて、今月3日、関東学生アメリカンフットボール連盟の事務理事は、「2人のプライバシーも考慮してあのような発表をした。」とコメント。寺田昌弘監事は、「お互い信頼関係が必要になってくる。」とコメント。理事長は、「メディアとの信頼と2人を天秤にかけた時、相手方との信頼関係を崩したくなかった。」とコメント。

関東学連は会見でウソをついた理由として、前監督らへの配慮、と説明。生沢浩の怒りポイントは、異議申し立てが出されたこととプライバシーは関係ないこと、異議申し立てを関東学連の理事会内で知らない人がほとんどだったこと、前監督らとの信頼関係をメディアよりも重要視したこと。坂上忍は、「相手の弁護士から口止めされたからウソをついた、と聞いていた。」とコメント。小林信也は、「異議申し立てはプライバシーに関わることじゃない。これは、31日の決断にも大きく影響する。会見での理事長の涙は不自然だった。関東学連は情報が入りすぎてパニックになってるのかな。」とコメント。坂上忍は、「関東学連の理事会内で情報共有してなかったことにびっくり。」とコメント。生沢浩は、「新聞報道は今月2日の夜。その時点で、初めて知らされた理事がほとんどだったらしい。そのまま、日大の処分を解除しない、という決を採った。これは問題だと思う。前監督や前コーチに配慮してるように見える。」とコメント。小林信也は、「相手の弁護士から何らかの働きかけがあったなら、それはかなりの圧力。異議申し立てがでるかでないかで、重要な判断の要素なのに、理事に知らされてなかったのは大問題。」とコメント。


日大

日大アメフト部の前監督と前コーチが関東学生アメリカンフットボール連盟から受けた除名処分に異議申し立てをしていたことが8月に入って判明。生沢浩は、「2人は刑事告訴を受けている立場だから、認めると捜査に影響があるのは確か。処分の軽減を求めたのかも。」とコメント。先月31日、関東学生アメリカンフットボール連盟は2人からの異議申し立ては出ていない、と否定。しかし、3日後の会見で、異議申し立てがあったことを公表。生沢浩は、「異議申し立ての期限が30日と言われていた。」とコメント。

関東学連は会見でウソをついた理由として、前監督らへの配慮、と説明。生沢浩の怒りポイントは、異議申し立てが出されたこととプライバシーは関係ないこと、異議申し立てを関東学連の理事会内で知らない人がほとんどだったこと、前監督らとの信頼関係をメディアよりも重要視したこと。坂上忍は、「相手の弁護士から口止めされたからウソをついた、と聞いていた。」とコメント。小林信也は、「異議申し立てはプライバシーに関わることじゃない。これは、31日の決断にも大きく影響する。会見での理事長の涙は不自然だった。関東学連は情報が入りすぎてパニックになってるのかな。」とコメント。坂上忍は、「関東学連の理事会内で情報共有してなかったことにびっくり。」とコメント。生沢浩は、「新聞報道は今月2日の夜。その時点で、初めて知らされた理事がほとんどだったらしい。そのまま、日大の処分を解除しない、という決を採った。これは問題だと思う。前監督や前コーチに配慮してるように見える。」とコメント。小林信也は、「相手の弁護士から何らかの働きかけがあったなら、それはかなりの圧力。異議申し立てがでるかでないかで、重要な判断の要素なのに、理事に知らされてなかったのは大問題。」とコメント。


関東学連

監督会では真相究明、再発防止、新たな態勢の3つ全部改善されること、1つでも欠けていたら復帰させるべきではないとしている。監督会は関東1部リーグ16チームの指導者による任意団体、発足の理由は現場の声をリーグ戦の運営などに反映させるため。真相究明については内田前監督がタックルの指示を認めていない、被害選手と加害選手への謝罪がない。再発防止策についても新監督人事でOBを排除したのは方向性がずれている、全体的に実現できるのか疑問としている。生沢浩氏は影響力を排除するという体制づくりはしているが実際どうなのかはわからないとしている。現在の役職は本部付部長待遇で自宅待機中だが、理事長によるとその数日後に半年たったら内田を戻すと発言していたそう。内田前監督の影響力が残るとなると報告書が通らない可能性もある。


「生沢浩」に関連するイベント情報

甲子園ボウル

改善報告書の開示について。監督会は内容に納得ができなければ処分解除に賛成しないとしている。生沢浩は「日大以外のチームがボイコットして降格してしまうと甲子園ボウルに出られない。その覚悟を持って言っている」とコメント。ホラン千秋は「監督会が関東学連に報告書を出したことが”ちゃんとやってくだいさいね”という気持ちも込められているとして腑に落ちた」とコメント。

監督会はチーム改善報告書の開示を受け、「監督会は今後同報告書の内容を精査し関東学生アメフト連盟理事会との協議に向けて準備を進めてまいります」と発表。関東学連が定めた「3つの改善点」を日大に求めていた。けさ改善報告書の中身に関して”日大 監督の責任認める”との報道があった。


日大

改善報告書の開示について。監督会は内容に納得ができなければ処分解除に賛成しないとしている。生沢浩は「日大以外のチームがボイコットして降格してしまうと甲子園ボウルに出られない。その覚悟を持って言っている」とコメント。ホラン千秋は「監督会が関東学連に報告書を出したことが”ちゃんとやってくだいさいね”という気持ちも込められているとして腑に落ちた」とコメント。

監督会はチーム改善報告書の開示を受け、「監督会は今後同報告書の内容を精査し関東学生アメフト連盟理事会との協議に向けて準備を進めてまいります」と発表。関東学連が定めた「3つの改善点」を日大に求めていた。けさ改善報告書の中身に関して”日大 監督の責任認める”との報道があった。


関東学連

改善報告書の開示について。監督会は内容に納得ができなければ処分解除に賛成しないとしている。生沢浩は「日大以外のチームがボイコットして降格してしまうと甲子園ボウルに出られない。その覚悟を持って言っている」とコメント。ホラン千秋は「監督会が関東学連に報告書を出したことが”ちゃんとやってくだいさいね”という気持ちも込められているとして腑に落ちた」とコメント。


日大

日大アメフト部新監督選考の裏側について。先月19日から28日の10日間で日大アメフト部が新監督・新コーチの公募を行ない、その結果69人の候補が集まった。今月5日に選考委員メンバーが発表され、選考委員会で6回の会議を重ね、16日には新監督が内定した。日大アメフト部の現役選手から「ずっと聞かれるばかりで何も教えてもらっていない」という声があり、気になっていた河田剛氏、選考には選手の意見も参考にしたという。日大からの圧力については、河田氏が「私がメディアに出ている時点で圧力を受けていない証拠」と話している。

河田氏は内田前監督や田中理事長には会っていないという。日大側は保健体育事務局の管理職の人間が選考委員会とやり取りをしたとのこと。先日内定したと報道のあった、元立命館大学アメフト部コーチの橋詰功氏の印象について、河田氏は「4つの選考基準を満たす人物。戦略面でも選手に合っている」とコメント。4つの選考基準とは、抜本的なチーム改革ができること、選手との相互理解や信頼など。橋詰氏は過去にアメフトの指導について「チームに参加して誇りに思えるということが最も大事」などと述べており、選手の立場に寄り添う指導方針に定評がある。生沢浩は「こうしたプレイヤーの立場に近いやり方をするコーチをプレイヤーズコーチという言い方をする。本場アメリカの考え方に近い」とコメントした。橋詰氏は取材で日大について聞かれると、「学生時代に篠竹さんが監督をしていた強いチームという印象。他の大学とは違うイメージ」と答えている。応募の経緯については「色んな意味でやってみたかった」とし、これまで監督経験がないことについては「不安はあるが高校ではチームの責任者として指導している」と話している。日大の監督職について河田氏は「指導者をやりたい人にとってはドリームジョブ」という見解を示している。この後詳しく伺う。

「日大監督はドリームジョブ」その真意は?


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (99)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (7)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (92)