ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「生稲晃子」の検索結果

「生稲晃子」に関連する情報 1347件中 1〜10件目

「生稲晃子」に関連するグルメ情報

明太子トッピング

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。


「生稲晃子」に関連するグルメ情報

鶏天タルタルぶっかけうどん

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。


ウーバーイーツ

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。

和田アキ子さんのお惣菜わだ家 東京西麻布店は今月25日に閉店、ほかの4店舗は営業継続している。西麻布店は業態を変えて再オープンの予定。ほかに飲食店を経営している芸能人たちは「1日の売り上げが2000円の時も」「コロナの患者が出たら店を閉めるくらいの覚悟でやっている」などと話している。今年の上半期に倒産した飲食店は392件。家賃支援給付金は約58万件申請があったうち約30万件に給付された。1年以内の廃業を検討している中小企業は44.4%。焼肉店を経営するたむらけんじは、コロナの影響で、売上が約150万円に大幅に落ち込んだが、ウーバーイーツとテイクアウトで、売上がやや回復したという。コロッケの店は現在も休業中で、数百万円単位の赤字になっているが、動画配信で売上がやや回復したという。田中は、たむらなど店では、後輩芸人などのためにやめるわけにはいかないという気持ちがプラスになっているのかもしれないなどと話した。


「生稲晃子」に関連するレストラン・飲食店

山下本気うどん

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。

和田アキ子さんのお惣菜わだ家 東京西麻布店は今月25日に閉店、ほかの4店舗は営業継続している。西麻布店は業態を変えて再オープンの予定。ほかに飲食店を経営している芸能人たちは「1日の売り上げが2000円の時も」「コロナの患者が出たら店を閉めるくらいの覚悟でやっている」などと話している。今年の上半期に倒産した飲食店は392件。家賃支援給付金は約58万件申請があったうち約30万件に給付された。1年以内の廃業を検討している中小企業は44.4%。焼肉店を経営するたむらけんじは、コロナの影響で、売上が約150万円に大幅に落ち込んだが、ウーバーイーツとテイクアウトで、売上がやや回復したという。コロッケの店は現在も休業中で、数百万円単位の赤字になっているが、動画配信で売上がやや回復したという。田中は、たむらなど店では、後輩芸人などのためにやめるわけにはいかないという気持ちがプラスになっているのかもしれないなどと話した。


「生稲晃子」に関連するレストラン・飲食店

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。

和田アキ子さんのお惣菜わだ家 東京西麻布店は今月25日に閉店、ほかの4店舗は営業継続している。西麻布店は業態を変えて再オープンの予定。ほかに飲食店を経営している芸能人たちは「1日の売り上げが2000円の時も」「コロナの患者が出たら店を閉めるくらいの覚悟でやっている」などと話している。今年の上半期に倒産した飲食店は392件。家賃支援給付金は約58万件申請があったうち約30万件に給付された。1年以内の廃業を検討している中小企業は44.4%。焼肉店を経営するたむらけんじは、コロナの影響で、売上が約150万円に大幅に落ち込んだが、ウーバーイーツとテイクアウトで、売上がやや回復したという。コロッケの店は現在も休業中で、数百万円単位の赤字になっているが、動画配信で売上がやや回復したという。田中は、たむらなど店では、後輩芸人などのためにやめるわけにはいかないという気持ちがプラスになっているのかもしれないなどと話した。


「生稲晃子」に関連するレストラン・飲食店

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。

和田アキ子さんのお惣菜わだ家 東京西麻布店は今月25日に閉店、ほかの4店舗は営業継続している。西麻布店は業態を変えて再オープンの予定。ほかに飲食店を経営している芸能人たちは「1日の売り上げが2000円の時も」「コロナの患者が出たら店を閉めるくらいの覚悟でやっている」などと話している。今年の上半期に倒産した飲食店は392件。家賃支援給付金は約58万件申請があったうち約30万件に給付された。1年以内の廃業を検討している中小企業は44.4%。焼肉店を経営するたむらけんじは、コロナの影響で、売上が約150万円に大幅に落ち込んだが、ウーバーイーツとテイクアウトで、売上がやや回復したという。コロッケの店は現在も休業中で、数百万円単位の赤字になっているが、動画配信で売上がやや回復したという。田中は、たむらなど店では、後輩芸人などのためにやめるわけにはいかないという気持ちがプラスになっているのかもしれないなどと話した。

 (馬肉料理、居酒屋、焼肉)

「生稲晃子」に関連するグルメ情報

豚ばら生姜焼き弁当

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。


「生稲晃子」に関連するレストラン・飲食店

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。

 (鉄板焼き、お好み焼き、居酒屋)

「生稲晃子」に関連するレストラン・飲食店

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。

 (串揚げ・串かつ、居酒屋)

「生稲晃子」に関連するレストラン・飲食店

赤花

先月、和田アキ子さんが手掛ける和食店の1つが今月末での閉店を発表した。時を見て新たな場所での再開を予定しているという。新型コロナの影響で大打撃を受けている飲食業界を支援するため、今月からGo To Eatキャンペーンが始まったが申請の方法が分かりづらいとの不満の声も多い。危機的なのは芸能人の飲食店も例外ではなく、生稲晃子さんが手掛ける佐吉も1日の売上がわずか2000円などという日があり弁当販売を始めたり人件費削減のため生稲さんも皿洗いを手伝うなどしてGo To イートの申請も出来たが芸能の仕事からお金を補填している状態だという。ドロンズ石本さんの馬肉屋たけしも激減した売上に閉店の危機になっている。26人分の席数も現在は6割程度にしているなど感染対策もあって客足は戻りつつあり最大の危機は乗り切ったが、この半年が正念場だという。角盈男さんがマスターを務めるm-129は7月から営業を再開しているが常連もしくは紹介以外は入場を制限しているという。だが店を閉めていた4月から6月の売上はゼロで銀行からの借り入れで何とかしのいでいるものの苦しい状況は続き、最悪の結果も想定しているという。一方で記者プロデュースの山下本気うどんは緊急事態宣言で売上が6割減となったがデリバリーの調子がよくだんだん売上が上がってきて結果去年よりも売上が上がったという。この店では以前からデリバリーをやっており、コロナが開始してすぐにデリバリーが始められない店が多い中スムーズいったことも大きかったとのこと。