ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「生鮮市場 ビッグママ」の検索結果

「生鮮市場 ビッグママ」に関連する情報 7件中 1〜7件目

生鮮市場ビッグママ

達人が教えてくれた鶏ミンチについて、チェックしたい、チラシを確認しなければなどと話した。達人をスタジオに招き紹介した。今回紹介した「ビッグママ」の店長は、13年前に店長に就任し、7年半前から現在のスタイルにしたという。月に数回赤字覚悟の特売を開催、買い物はエンターテイメントと話す。達人はこの店を、固定客作りなど、愛情のあるディスカウントだ、大変な努力をしていると話した。


生鮮市場ビッグママ

達人が教えるスーパー攻略法として、11月は売り上げが減るので、スーパーはイベントを仕掛けるという。今年の土日祝が多いので、特売チラシがラッシュになるはずという。この店では、店長がチラシを作成する。儲けは二の次で、企業努力しているという。

店長は、売り場のチーフに安くするよう指導する。仕入れ・売値・儲けはチーフが責任を持つ。試行錯誤の中、インパクトのある激安価格のチラシができあがった。達人は、チラシがとても大事だと話し、チラシを見て節約料理を作ることを考えたほうが良いと話す。


生鮮市場ビッグママ

平日の開店1時間前には駐車場は満車で、並んでいた。キャベツ39円、さんま29円など特売品が並ぶ。年間1000店以上回るスーパーの達人がやってきた。手がとどかないところまで陳列するのが常識と外れているとびっくりする。価格と鮮度に自信があるからだという。BGMが軍艦マーチで気が乗ってくるという。

客はほとんど手にチラシを持っている。開店時にも配っていた。客は、広告以外の品もたくさん買っているようだ。チラシを達人にみてもらうと、数字だけが並び、価格が強烈な一色刷りの値書きチラシだ。このチラシを使っている店は安いという。チラシの中で、文字の面積が大きいところはお買い得だという。チラシには、当日だけでなく、翌日の特売品が載っていることがあり、これらは買ってはいけないという。特売品も限定数が売り切れると通常に戻るので、必ずチラシを持参し見比べるという。


生鮮市場 ビッグママ

愛知県西尾市に1日3000人が押し寄せる激安スーパーがある。普段から超激安だが、この日は月に一度の超大安売りだ。午前8時に開店、お客が商品を奪い合う、しょうゆ1本9円という激安価格、この激安価格には店長の「年に一度は店がつ潰れるくらいの気持ちで大赤字をしようと思っている」とコメント、この日は創業7周年のセールだった。買い物の達人の尾崎さんは限定品は逃さないように最初に購入、チェックしていた商品を次から次へのカゴへ。合計39点で6000円を下回る金額となった。もう一人の達人の中嶋さんは家族10人分の合計46点を購入、家族10人4日分の食料を安く購入した。

しかし何故これほど安いのか、7年前に大手スーパーが進出し経営危機に陥った、「どうせ潰れるなら」と儲け度外視で激安スーパーに転換すると年商が6倍に伸びたという、その裏では睡眠時間を削って店長自ら野菜などの仕入れに行ったりするなどの努力があり、店長の「1円でも安く売りたい」という信念は変わっていないのだ。


生鮮市場ビッグママ

杉本彩らが、激安スーパー・ビッグママを訪れて、キャベツの値段に驚いた。


生鮮食品館 サノヤ

タレントが「生鮮市場ビッグママ」訪れ、激安商品を販売するトラック市を取材。週末の売上が700個を超える250円弁当を試食した。経営コンサルタントのその他一般人による250円弁当の狙い、陳列方法などの繁盛術が紹介された。

その他一般人が経営指導をした「生鮮食品館 サノヤ」を取材。250円弁当の売れ行きについて、その他一般人に話を聞いた。


生鮮市場ビッグママ

タレントが「生鮮市場ビッグママ」訪れ、激安商品を販売するトラック市を取材。週末の売上が700個を超える250円弁当を試食した。経営コンサルタントのその他一般人による250円弁当の狙い、陳列方法などの繁盛術が紹介された。

その他一般人が経営指導をした「生鮮食品館 サノヤ」を取材。250円弁当の売れ行きについて、その他一般人に話を聞いた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (7)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (7)