ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「田崎史郎」の検索結果

「田崎史郎」に関連する情報 2527件中 1〜10件目

共同通信社

自民党総裁選について、伊藤惇夫は「どうやら決選投票に持ち込まれる可能性が強まったのかな」、田崎史郎は「本当に党員の投票は読めない。よくわかりません」とコメント。


読売新聞

岸田陣営は兵庫県議らとリモート対話を行った。高市陣営は「サナエタオル」を作り即完売に。野田陣営はブログとツイッターを連日更新し、子供政策の重要性などを訴えている。

自民党総裁選について、伊藤惇夫は「どうやら決選投票に持ち込まれる可能性が強まったのかな」、田崎史郎は「本当に党員の投票は読めない。よくわかりません」とコメント。


一橋大学

一昨日立候補を表明した野田幹事長代行はこれまで総務大臣などを歴任してきた。過去3度総裁選への出馬を模索してきたが断念となり今回初出馬となる。主に子供に関する政策などを訴えている。田崎史郎は「推薦人20人のうち8人は二階派が占めている。二階さんが野田さんにお返事した見方があるが僕は二階さんのグリップする力が弱まったと見ている。高市さんの方にも二階派の事務総長が行ってしまっている。次の政権では二階さんが幹事長である可能性は極めて低く皆そこから出始めている。」などとした。一番リードしている人について田崎史郎は「本命は岸田さん。対抗は河野さんという図式は変わっていない。少し遅れて高市さん。」などとした。今回の総裁選はほとんどの派閥が誰を支持するのか決められていない。中北教授は「派閥は30年ほど前から弱まってきている。」などと指摘している。90年代に入ると企業・団体から派閥への献金が禁止となり資金力が低下した。また選挙制度も変わったため派閥の選挙への関与が減少した。菅政権は支持率が低下し衆院選での落選も考えた若手議員らは党風一新の会を立ち上げた。これは次の選挙に勝つために派閥関係なく1人1人の判断で投票できるようにすべきという意志の現れ。今回党風一新の会に参加している2人の議員に密着取材をした。


読売テレビ・東京支社

一昨日立候補を表明した野田幹事長代行はこれまで総務大臣などを歴任してきた。過去3度総裁選への出馬を模索してきたが断念となり今回初出馬となる。主に子供に関する政策などを訴えている。田崎史郎は「推薦人20人のうち8人は二階派が占めている。二階さんが野田さんにお返事した見方があるが僕は二階さんのグリップする力が弱まったと見ている。高市さんの方にも二階派の事務総長が行ってしまっている。次の政権では二階さんが幹事長である可能性は極めて低く皆そこから出始めている。」などとした。一番リードしている人について田崎史郎は「本命は岸田さん。対抗は河野さんという図式は変わっていない。少し遅れて高市さん。」などとした。今回の総裁選はほとんどの派閥が誰を支持するのか決められていない。中北教授は「派閥は30年ほど前から弱まってきている。」などと指摘している。90年代に入ると企業・団体から派閥への献金が禁止となり資金力が低下した。また選挙制度も変わったため派閥の選挙への関与が減少した。菅政権は支持率が低下し衆院選での落選も考えた若手議員らは党風一新の会を立ち上げた。これは次の選挙に勝つために派閥関係なく1人1人の判断で投票できるようにすべきという意志の現れ。今回党風一新の会に参加している2人の議員に密着取材をした。


日本テレビ

昨日自民党総裁選が告示された。河野大臣、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行の4人の争いとなる。水曜日石破元幹事長は出馬せず河野氏を支持することを発表した。更に小泉環境相が河野氏を応援する必勝を期す会を立ち上げた。河野氏は小石河連合で総裁選に臨む。しかし河野氏を支援する麻生派は支持候補の1本化を見送った。一方高市氏は地方議員らとオンライン会議をして支持を訴えた。最大派閥である細田派も一本化ができなかった。そんな中で派閥を超えた動きも見られた。政界のサラブレッド福田議員が代表となったのは党風一新の会。自民党の改革を通じて政治改革を断行することなどを党に提言した。総裁選の候補者に意見交換の場を設けることも要望している。立憲民主党は昨日子供のコロナ対策を強化すべきとして緊急提言をまとめた。菅総理は河野氏を支持すると表明した。

一昨日立候補を表明した野田幹事長代行はこれまで総務大臣などを歴任してきた。過去3度総裁選への出馬を模索してきたが断念となり今回初出馬となる。主に子供に関する政策などを訴えている。田崎史郎は「推薦人20人のうち8人は二階派が占めている。二階さんが野田さんにお返事した見方があるが僕は二階さんのグリップする力が弱まったと見ている。高市さんの方にも二階派の事務総長が行ってしまっている。次の政権では二階さんが幹事長である可能性は極めて低く皆そこから出始めている。」などとした。一番リードしている人について田崎史郎は「本命は岸田さん。対抗は河野さんという図式は変わっていない。少し遅れて高市さん。」などとした。今回の総裁選はほとんどの派閥が誰を支持するのか決められていない。中北教授は「派閥は30年ほど前から弱まってきている。」などと指摘している。90年代に入ると企業・団体から派閥への献金が禁止となり資金力が低下した。また選挙制度も変わったため派閥の選挙への関与が減少した。菅政権は支持率が低下し衆院選での落選も考えた若手議員らは党風一新の会を立ち上げた。これは次の選挙に勝つために派閥関係なく1人1人の判断で投票できるようにすべきという意志の現れ。今回党風一新の会に参加している2人の議員に密着取材をした。


国会記者会館

4候補が所見発表演説を行った。山崎大輔は「河野さんは原稿なしで演説を行っていて力強く訴えていた。河野さんに関しては特に年金改革について今一番やらなくてはいけないことだと訴えていた。年金の最低保証部分に保険料でなく消費税をあてようとしている。若い世代が年金をもらうときに生活ができるためだと訴えていた。」などとした。野田氏は必要な推薦人20人を整えていただき総裁選に出馬することになったなどとしている。山崎は「推薦人の中に二階派議員が8人いて竹下派の議員も3人いる。石破さんが立候補を取りやめたことで野田氏の推薦人が20人集まった。」などとした。田崎史郎は「男性二人女性二人の自民党の幅の広さ、考え方においても4人とも違う考え方。これは自民党の多様性を示す場になった。」などとした。


スポーツ報知

河野太郎行政改革担当相が石破元幹事長と20分間会談し総裁選での協力を要請した。田崎史郎氏は党員票においては河野さんにプラスに働く可能性が高い。しかし、議員票においいては安倍さんも麻生さんも石破さんは許せないというのが線なので、河野陣営に走っている議員に対して支持を再考するように促すのではないかと伝えている。(スポーツ報知)


グリーン・シップ

安倍前首相が高市早苗前総務相を支援する理由について、田崎史郎は「保守票の存在感の確認という面で価値がある」、佐藤千矢子は「自民党内の保守離れを防ぎ保守層の支持固めという面もあるのでは」と見解を示した。自民党党員・党友68人に聞いた「次期首相になってほしい政治家ランキング」で、高市氏は2位となっている。田崎は「高市さんはそれほど人付き合いをやってきた方ではないので中には拒否反応を示す方もおりベストな候補者かと疑問はあると思う。それでも安倍さんの意思は変わらない。保守層を固める以外の理由として、河野さんに対抗するために、岸田さんに代わり鋭い論客ができるため」などと見解を示した。


産経新聞

きょう出馬表明をする高市早苗前総務相を支援すると表明しているのは安倍前首相。細田派の衆院議員33人にアンケート調査を行ったところ、4人から回答を得た。安倍前首相が高市氏を支援する意向について、支持する2人・どちらでもない1人・無回答1人だった。支持する理由は政策が一致する、どちらでもないはまだ何も聞いていないなどとした。支持する候補者については、一本化するべき0人・派閥で一本化せず自主投票とするべき3人などと回答した。課題となっていた推薦人について、田崎史郎は「安倍前首相が20人をそろえた」などと見解を示した。


朝日新聞

きょう出馬表明をする高市早苗前総務相を支援すると表明しているのは安倍前首相。細田派の衆院議員33人にアンケート調査を行ったところ、4人から回答を得た。安倍前首相が高市氏を支援する意向について、支持する2人・どちらでもない1人・無回答1人だった。支持する理由は政策が一致する、どちらでもないはまだ何も聞いていないなどとした。支持する候補者については、一本化するべき0人・派閥で一本化せず自主投票とするべき3人などと回答した。課題となっていた推薦人について、田崎史郎は「安倍前首相が20人をそろえた」などと見解を示した。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。