ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「田崎史郎」の検索結果

「田崎史郎」に関連する情報 2244件中 51〜60件目

東京駅

緊急事態宣言は出てよかったという人が圧倒的だったが、意識については変わる・変わらないが半々だった。総理は昨日、人と人との接触機会を最低7割極力8割削減出来ればピークアウトさせられると話した。北海道大学の西浦教授の試算によると、近い距離での会話やちょっとした人との体の接触の回数を2割減らすと抑えられない、8割減らすと急激に減少させることができるという。釜萢敏は、70%と80%という話があるが、80%の方がより終息への時間を短くできると話した。4人家族の父親を想定すると、ざっくり試算すると1日約86人接触し、そこから8割減らすには通勤の電車や職場などの接触を減らす必要がある。横浜市立大学の佐藤先生によると、2週間後に新規感染症を生まないためには東京都の場合は98%の行動制限が必要としており、医療現場はギリギリの状態で最終短期決戦のための避難生活だと話している。釜萢敏は、そこまでは難しいが、爆発的な感染拡大が起こるとそういう状況が求められると話した。恵俊彰は、スタッフによると小田急線は空いていたが都営三田線は混雑していたらしいと話した。田崎史郎は8割で諦められると困るから7割というのも示したんだと思うと話した。八代英輝は、日本はテレワークやオンラインの授業が遅れている、今はそれを整備するチャンスだと言えると話した。


都営三田線

緊急事態宣言は出てよかったという人が圧倒的だったが、意識については変わる・変わらないが半々だった。総理は昨日、人と人との接触機会を最低7割極力8割削減出来ればピークアウトさせられると話した。北海道大学の西浦教授の試算によると、近い距離での会話やちょっとした人との体の接触の回数を2割減らすと抑えられない、8割減らすと急激に減少させることができるという。釜萢敏は、70%と80%という話があるが、80%の方がより終息への時間を短くできると話した。4人家族の父親を想定すると、ざっくり試算すると1日約86人接触し、そこから8割減らすには通勤の電車や職場などの接触を減らす必要がある。横浜市立大学の佐藤先生によると、2週間後に新規感染症を生まないためには東京都の場合は98%の行動制限が必要としており、医療現場はギリギリの状態で最終短期決戦のための避難生活だと話している。釜萢敏は、そこまでは難しいが、爆発的な感染拡大が起こるとそういう状況が求められると話した。恵俊彰は、スタッフによると小田急線は空いていたが都営三田線は混雑していたらしいと話した。田崎史郎は8割で諦められると困るから7割というのも示したんだと思うと話した。八代英輝は、日本はテレワークやオンラインの授業が遅れている、今はそれを整備するチャンスだと言えると話した。


小田急線

緊急事態宣言は出てよかったという人が圧倒的だったが、意識については変わる・変わらないが半々だった。総理は昨日、人と人との接触機会を最低7割極力8割削減出来ればピークアウトさせられると話した。北海道大学の西浦教授の試算によると、近い距離での会話やちょっとした人との体の接触の回数を2割減らすと抑えられない、8割減らすと急激に減少させることができるという。釜萢敏は、70%と80%という話があるが、80%の方がより終息への時間を短くできると話した。4人家族の父親を想定すると、ざっくり試算すると1日約86人接触し、そこから8割減らすには通勤の電車や職場などの接触を減らす必要がある。横浜市立大学の佐藤先生によると、2週間後に新規感染症を生まないためには東京都の場合は98%の行動制限が必要としており、医療現場はギリギリの状態で最終短期決戦のための避難生活だと話している。釜萢敏は、そこまでは難しいが、爆発的な感染拡大が起こるとそういう状況が求められると話した。恵俊彰は、スタッフによると小田急線は空いていたが都営三田線は混雑していたらしいと話した。田崎史郎は8割で諦められると困るから7割というのも示したんだと思うと話した。八代英輝は、日本はテレワークやオンラインの授業が遅れている、今はそれを整備するチャンスだと言えると話した。


横浜市立大学

緊急事態宣言は出てよかったという人が圧倒的だったが、意識については変わる・変わらないが半々だった。総理は昨日、人と人との接触機会を最低7割極力8割削減出来ればピークアウトさせられると話した。北海道大学の西浦教授の試算によると、近い距離での会話やちょっとした人との体の接触の回数を2割減らすと抑えられない、8割減らすと急激に減少させることができるという。釜萢敏は、70%と80%という話があるが、80%の方がより終息への時間を短くできると話した。4人家族の父親を想定すると、ざっくり試算すると1日約86人接触し、そこから8割減らすには通勤の電車や職場などの接触を減らす必要がある。横浜市立大学の佐藤先生によると、2週間後に新規感染症を生まないためには東京都の場合は98%の行動制限が必要としており、医療現場はギリギリの状態で最終短期決戦のための避難生活だと話している。釜萢敏は、そこまでは難しいが、爆発的な感染拡大が起こるとそういう状況が求められると話した。恵俊彰は、スタッフによると小田急線は空いていたが都営三田線は混雑していたらしいと話した。田崎史郎は8割で諦められると困るから7割というのも示したんだと思うと話した。八代英輝は、日本はテレワークやオンラインの授業が遅れている、今はそれを整備するチャンスだと言えると話した。


北海道大学

緊急事態宣言は出てよかったという人が圧倒的だったが、意識については変わる・変わらないが半々だった。総理は昨日、人と人との接触機会を最低7割極力8割削減出来ればピークアウトさせられると話した。北海道大学の西浦教授の試算によると、近い距離での会話やちょっとした人との体の接触の回数を2割減らすと抑えられない、8割減らすと急激に減少させることができるという。釜萢敏は、70%と80%という話があるが、80%の方がより終息への時間を短くできると話した。4人家族の父親を想定すると、ざっくり試算すると1日約86人接触し、そこから8割減らすには通勤の電車や職場などの接触を減らす必要がある。横浜市立大学の佐藤先生によると、2週間後に新規感染症を生まないためには東京都の場合は98%の行動制限が必要としており、医療現場はギリギリの状態で最終短期決戦のための避難生活だと話している。釜萢敏は、そこまでは難しいが、爆発的な感染拡大が起こるとそういう状況が求められると話した。恵俊彰は、スタッフによると小田急線は空いていたが都営三田線は混雑していたらしいと話した。田崎史郎は8割で諦められると困るから7割というのも示したんだと思うと話した。八代英輝は、日本はテレワークやオンラインの授業が遅れている、今はそれを整備するチャンスだと言えると話した。


首相官邸

緊急事態宣言後に安倍首相は会見を行い、「国民の皆様の行動を変えることが大切」「接触機会を最低7割 極力8割削減できれば、2週間後にはピークアウト」など述べていた。諮問委員会は7都府県を選んだ根拠として、「累計の報告者数」「感染者が2倍になる期間」「感染経路不明者数」を挙げた。逆にこれらに該当しなかったとして愛知や京都は省かれたとみられており、西村経済再生担当相も同様に答弁している。さらに愛知県では、県知事と名古屋市長の意見が揃っていないのだが、田崎史郎は”名古屋市に感染者が集中しているからでは”と見解している。

きのう、東京都での感染者は80人に増えた。3連休から2週間後に当たる4月5日には143人という最大の数が出てきたが、4月7日には人数がまた減った。その2週間前にあたる3月25日は、「ロックダウン」という言葉も出した小池都知事が、緊急会見で”週末の外出自粛を要請”した日だった。要請によって意識が上がり、結果に出たという可能性もある。一方大阪府では3月25日、吉村洋文知事が「オーバーシュート」に危機感を発し、兵庫との行き来を自粛するよう呼びかけていた。だが今月7日(およそ2週間)、感染者数は過去最多の53人になった。伊藤聡子が「土日動かない代わりに平日は(仕事で)動くし…という考えがあったのでは」と指摘するように、土日・平日には人の動きに違いがあって、どちらも対応が必要になるといえる情報がNスタにあった。7都府県に対しWebで緊急事態宣言の賛否についてアンケートをしたところ、どこも8〜9割が「賛成」していた。宣言前後で行動が「変わらない」と思った人は半数前後いたが、宣言が出たことを良く思っている人は多く、もとから高い意識を持って「変わらない」ケースも考えられる。


朝日新聞

東京都は昨日から幅広い施設や業種に対して休業要請を検討していたが、国から厳しいという反発があった。国と東京都には温度差がある。内閣府の関係者によると、ホームセンターと理髪店をめぐり、国と東京都がバチバチやっているのだという。玉川徹は「戦力の逐字投入という間違いを国がやろうとしている。」等とコメントした。田崎史郎は「国が一定のラインを示した。」等とコメントした。白鴎大学の教授は「地下鉄や渋谷では土日に人が減っているが、ウィークデーは余り減っていない。」等とコメントした。インターパーク倉持呼吸器ペインクリニック内科の院長は「コロナのダメージがいつまで続くか分からない。飲食業やサービス業に従事している人達が一番ダメージを受けているので、救わないといけない。そういった業種にはお金を補填すべきだと思う。」等とコメントした。玉川徹は「国民は海外も見ている。2週間様子を見てくれだけではダメだ。」等とコメントした。田崎史郎は「まず外出自粛の要請をして様子を見ようという判断だ。」等とコメントした。白鴎大学の教授は「専門家会議の議事録を公開して欲しい。」等とコメントした。田崎史郎は「議事録を出すのには時間がかかる。」等とコメントした。東京都は休業に協力した事業者に対して補償金を出すとしている。また、大阪府の吉村洋文大阪府知事は「政府が補償を考えて欲しい。」等と話している。田崎史郎は「休業補償は出来ない。」等とコメントした。安倍総理は過去最大規模の給付金を出すとしている。田崎史郎は「過去最大級である事は確かだ。」等とコメントした。今朝の朝日新聞は『与党幹部によると、総理は早い段階からドイツを意識していたそうだ。』等と報じている。田崎史郎はは「消費税部分も含まれている。企業にとっては恩恵になると思う。」等とコメントした。一世帯当たり30万円の現金給付の条件は厳しく、対象は世帯主の収入のみとなっている。新型コロナウイルスの拡大前に同じ給料を貰っていても、給付金を貰える場合と貰えない場合が出てくる。(朝日新聞)


大阪府

昨日、緊急事態宣言が東京等の7つの都府県に発令されたが、東京都の休業要請は土曜日からになる。30万円の現金給付の条件は厳しい。安倍総理は昨日の会見で「人との接触を7割から8割削減させたい。都市封鎖は行わない。地方への移動は控えて欲しい。」等と話している。田崎史郎は「会見は具体例を挙げてわかり易かった。」等とコメントした。白鴎大学の教授は「指数関数的に増えていく。国民に呼びかけるだけで達成出来るか謎だ。」等とコメントした。浜田敬子は「横浜市立大学のシミュレーションによると、東京都の場合は98%の接触を避けないと数字が抑えられないそうなので7割〜8割という数字は低いと思う。テレワークをしている人達は僅かだ。テレワークへの推進が今のお願いの仕方では徹底しないと思う。」等とコメントした。田崎史郎は「強制力がない。僕は一定の評価はする。」等とコメントした。インターパーク倉持呼吸器ペインクリニック内科の院長は「早い段階で感染者数を抑える事が何よりも大事だ。もっと強く一般の人達に要請を呼びかける事が必要だと思う。」等とコメントした。東京都は都民に対して外出の自粛等を呼びかけている。休業は国と調整中だ。大阪府も引き続き外出等の自粛を要請している。休業要請は様子を見て結論を出すとしている。白鴎大学の教授は「リンク不明の感染者がこれだけ増えているので、東京は速やかに休業要請をやるべきだと思う。」等とコメントした。

東京都は昨日から幅広い施設や業種に対して休業要請を検討していたが、国から厳しいという反発があった。国と東京都には温度差がある。内閣府の関係者によると、ホームセンターと理髪店をめぐり、国と東京都がバチバチやっているのだという。玉川徹は「戦力の逐字投入という間違いを国がやろうとしている。」等とコメントした。田崎史郎は「国が一定のラインを示した。」等とコメントした。白鴎大学の教授は「地下鉄や渋谷では土日に人が減っているが、ウィークデーは余り減っていない。」等とコメントした。インターパーク倉持呼吸器ペインクリニック内科の院長は「コロナのダメージがいつまで続くか分からない。飲食業やサービス業に従事している人達が一番ダメージを受けているので、救わないといけない。そういった業種にはお金を補填すべきだと思う。」等とコメントした。玉川徹は「国民は海外も見ている。2週間様子を見てくれだけではダメだ。」等とコメントした。田崎史郎は「まず外出自粛の要請をして様子を見ようという判断だ。」等とコメントした。白鴎大学の教授は「専門家会議の議事録を公開して欲しい。」等とコメントした。田崎史郎は「議事録を出すのには時間がかかる。」等とコメントした。東京都は休業に協力した事業者に対して補償金を出すとしている。また、大阪府の吉村洋文大阪府知事は「政府が補償を考えて欲しい。」等と話している。田崎史郎は「休業補償は出来ない。」等とコメントした。安倍総理は過去最大規模の給付金を出すとしている。田崎史郎は「過去最大級である事は確かだ。」等とコメントした。今朝の朝日新聞は『与党幹部によると、総理は早い段階からドイツを意識していたそうだ。』等と報じている。田崎史郎はは「消費税部分も含まれている。企業にとっては恩恵になると思う。」等とコメントした。一世帯当たり30万円の現金給付の条件は厳しく、対象は世帯主の収入のみとなっている。新型コロナウイルスの拡大前に同じ給料を貰っていても、給付金を貰える場合と貰えない場合が出てくる。(朝日新聞)


横浜市立大学

昨日、緊急事態宣言が東京等の7つの都府県に発令されたが、東京都の休業要請は土曜日からになる。30万円の現金給付の条件は厳しい。安倍総理は昨日の会見で「人との接触を7割から8割削減させたい。都市封鎖は行わない。地方への移動は控えて欲しい。」等と話している。田崎史郎は「会見は具体例を挙げてわかり易かった。」等とコメントした。白鴎大学の教授は「指数関数的に増えていく。国民に呼びかけるだけで達成出来るか謎だ。」等とコメントした。浜田敬子は「横浜市立大学のシミュレーションによると、東京都の場合は98%の接触を避けないと数字が抑えられないそうなので7割〜8割という数字は低いと思う。テレワークをしている人達は僅かだ。テレワークへの推進が今のお願いの仕方では徹底しないと思う。」等とコメントした。田崎史郎は「強制力がない。僕は一定の評価はする。」等とコメントした。インターパーク倉持呼吸器ペインクリニック内科の院長は「早い段階で感染者数を抑える事が何よりも大事だ。もっと強く一般の人達に要請を呼びかける事が必要だと思う。」等とコメントした。東京都は都民に対して外出の自粛等を呼びかけている。休業は国と調整中だ。大阪府も引き続き外出等の自粛を要請している。休業要請は様子を見て結論を出すとしている。白鴎大学の教授は「リンク不明の感染者がこれだけ増えているので、東京は速やかに休業要請をやるべきだと思う。」等とコメントした。


毎日新聞

昨日、緊急事態宣言が東京等の7つの都府県に発令されたが、東京都の休業要請は土曜日からになる。30万円の現金給付の条件は厳しい。安倍総理は昨日の会見で「人との接触を7割から8割削減させたい。都市封鎖は行わない。地方への移動は控えて欲しい。」等と話している。田崎史郎は「会見は具体例を挙げてわかり易かった。」等とコメントした。白鴎大学の教授は「指数関数的に増えていく。国民に呼びかけるだけで達成出来るか謎だ。」等とコメントした。浜田敬子は「横浜市立大学のシミュレーションによると、東京都の場合は98%の接触を避けないと数字が抑えられないそうなので7割〜8割という数字は低いと思う。テレワークをしている人達は僅かだ。テレワークへの推進が今のお願いの仕方では徹底しないと思う。」等とコメントした。田崎史郎は「強制力がない。僕は一定の評価はする。」等とコメントした。インターパーク倉持呼吸器ペインクリニック内科の院長は「早い段階で感染者数を抑える事が何よりも大事だ。もっと強く一般の人達に要請を呼びかける事が必要だと思う。」等とコメントした。東京都は都民に対して外出の自粛等を呼びかけている。休業は国と調整中だ。大阪府も引き続き外出等の自粛を要請している。休業要請は様子を見て結論を出すとしている。白鴎大学の教授は「リンク不明の感染者がこれだけ増えているので、東京は速やかに休業要請をやるべきだと思う。」等とコメントした。