ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「田所光男」の検索結果

「田所光男」に関連する情報 26件中 1〜10件目

聖ウルスラ学院英智高等学校

タカマツペアの生みの親で高校時代の恩師だった田所光男監督は暑い中での練習だと選手たちがだらけ、引き締めを図るために主将だった高橋礼華を呼んで一喝していたと明かした。そういう時に限って松友はお手洗い、水飲みに行っているなどその場にいなかったことが多く、松友本人は全くの偶然だが何らかの察知をしていたのではと語った。取材中、監督のもとには松友から連絡があり、監督はよく電話がかかってきて、世間話をすると明かした。


日本ユニシス

リオデジャネイロオリンピック バドミントン女子ダブルス。デンマークにリードを許した高橋礼華選手・松友美佐紀ペアはあと2点で敗戦となる。所属会社 日本ユニシス本社も応援に必死だ。しかしここから5連続ポイントで逆転勝利。日本バドミントン史上初の金メダルを獲得した。リオデジャネイロ市で取材に応じた田所光男監督によると、2人は「たまたま組み合わせた選手がたまたま良かった」とコメントした。


「田所光男」に関連するイベント情報

リオデジャネイロオリンピック

リオデジャネイロオリンピック バドミントン女子ダブルス。デンマークにリードを許した高橋礼華選手・松友美佐紀ペアはあと2点で敗戦となる。所属会社 日本ユニシス本社も応援に必死だ。しかしここから5連続ポイントで逆転勝利。日本バドミントン史上初の金メダルを獲得した。リオデジャネイロ市で取材に応じた田所光男監督によると、2人は「たまたま組み合わせた選手がたまたま良かった」とコメントした。

リオデジャネイロオリンピック バドミントン女子シングルスでは奥原希望選手が準決勝でストレート負けを喫し3位決定戦に進んだ。しかし相手選手がけがで棄権し奥原選手の銅メダルが確定した。シングルスで日本人初のメダル獲得となった。奥原選手は「4年後東京五輪で必ず決勝に立っていられるように、これからまたがんばっていきたいと強く思いました」とコメントした。

杉山愛と山本由樹らは奥原希望選手と高橋・松友ペアについてその偉業を称えた。

リオデジャネイロオリンピック レスリング女子53kg級の吉田沙保里選手が、兄 栄利さん、母 幸代さん、志学館大学の後輩 登坂絵莉選手らが見守る中、ヘレン・マルーリス(アメリカ)に破れ五輪4連覇を逃した。吉田は女子レスリング初採用となった2004年アテネ五輪で金メダル。2012年ロンドン五輪で五輪3連覇を果たした。またレスリングが五輪の除外候補になった時、先頭に立ち存続に向けて活動、存続が決定した。三重・津市の森川晴凪さんは吉田の父 栄勝さんが開いたレスリングクラブに通う小学6年生。全国少年少女レスリング選手権大会3年連続優勝に輝いた。またジュニアクイーンズカップでは吉田がセコンドについたこともあった。森川さんは吉田の意志を継ぎ、8年後の五輪を見据えている。


日本ユニシス

バドミントンの強豪の高校に一学年違いで入学した松友選手と高橋選手。監督の指示でタカマツペアが誕生した。聖ウルスラ学院英智バドミントン部の田所光男総監督は「いろんな意味でまるまる性格が反対」「ダブルスはいい、お互いに無いものを持っているから」と語る。高橋礼華はネイルやピアスをするのに対し、松友選手はネイルについて「2回くらいやって満足したのでやめた」と話す。バドミントンでは強気な高橋と冷静な松友。2012年ロンドン五輪では、フジカキペアが銀メダルを獲得。出場できなかった時の思いを高橋礼華選手は「正直悔しい気持ちが一番あって、もし自分たちが出ていたらどうなっていたんだろうと想像した」などと語る。そして集大成のリオで、高橋は笑顔、松友は表情を崩さず決戦のコートへ向かった。相手は世界ランキング6位のデンマーク。第1ゲームは一進一退の攻防が続くも落としたタカマツペア。第2ゲームは、取り返した。金メダルの行方はファイナルゲームにかけられた。16-16で試合は架橋を迎えるが、立て続けに3ポイントを奪われ追い込まれた。しかしここからドラマが始まり、逆転し20-19のマッチポイント。金メダルを獲得し、高橋は涙、松友は笑顔を見せた。両選手の所属の日本ユニシスや松友選手の父、伸二さんの金メダル獲得の瞬間の歓喜の様子を放送した。ペア結成から10年、表彰式で日の丸を見た二人の目には涙が光っていた。


聖ウルスラ学院英智

バドミントンの強豪の高校に一学年違いで入学した松友選手と高橋選手。監督の指示でタカマツペアが誕生した。聖ウルスラ学院英智バドミントン部の田所光男総監督は「いろんな意味でまるまる性格が反対」「ダブルスはいい、お互いに無いものを持っているから」と語る。高橋礼華はネイルやピアスをするのに対し、松友選手はネイルについて「2回くらいやって満足したのでやめた」と話す。バドミントンでは強気な高橋と冷静な松友。2012年ロンドン五輪では、フジカキペアが銀メダルを獲得。出場できなかった時の思いを高橋礼華選手は「正直悔しい気持ちが一番あって、もし自分たちが出ていたらどうなっていたんだろうと想像した」などと語る。そして集大成のリオで、高橋は笑顔、松友は表情を崩さず決戦のコートへ向かった。相手は世界ランキング6位のデンマーク。第1ゲームは一進一退の攻防が続くも落としたタカマツペア。第2ゲームは、取り返した。金メダルの行方はファイナルゲームにかけられた。16-16で試合は架橋を迎えるが、立て続けに3ポイントを奪われ追い込まれた。しかしここからドラマが始まり、逆転し20-19のマッチポイント。金メダルを獲得し、高橋は涙、松友は笑顔を見せた。両選手の所属の日本ユニシスや松友選手の父、伸二さんの金メダル獲得の瞬間の歓喜の様子を放送した。ペア結成から10年、表彰式で日の丸を見た二人の目には涙が光っていた。


「田所光男」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

2008年北京五輪などこれまで世界大会を16連覇してきた吉田。絶対女王、霊長類最強と歌われてきた吉田だが、去年9月の世界選手権では優勝後に「負けたらどうしようとかそういう気持ちもいっぱいあった」などと苦しい胸の内を明かしている。勝てば勝つほど負けられない重圧は大きくなっていた。母・幸代さんは「少し体力的にも衰えがきているのかなっていうのは親なりに感じていた」「マットに上がった娘の姿で一番不安そうな顔をしていた」と明かす。一方、元レスリング世界女王の山本美憂さんは「相手がよく研究してきていた」と指摘する。対戦相手マルーリスは、組み合った際に吉田の指を掴んでおり、反則行為のため審判が注意するがその後も吉田の手は塞がれた。

バドミントンの強豪の高校に一学年違いで入学した松友選手と高橋選手。監督の指示でタカマツペアが誕生した。聖ウルスラ学院英智バドミントン部の田所光男総監督は「いろんな意味でまるまる性格が反対」「ダブルスはいい、お互いに無いものを持っているから」と語る。高橋礼華はネイルやピアスをするのに対し、松友選手はネイルについて「2回くらいやって満足したのでやめた」と話す。バドミントンでは強気な高橋と冷静な松友。2012年ロンドン五輪では、フジカキペアが銀メダルを獲得。出場できなかった時の思いを高橋礼華選手は「正直悔しい気持ちが一番あって、もし自分たちが出ていたらどうなっていたんだろうと想像した」などと語る。そして集大成のリオで、高橋は笑顔、松友は表情を崩さず決戦のコートへ向かった。相手は世界ランキング6位のデンマーク。第1ゲームは一進一退の攻防が続くも落としたタカマツペア。第2ゲームは、取り返した。金メダルの行方はファイナルゲームにかけられた。16-16で試合は架橋を迎えるが、立て続けに3ポイントを奪われ追い込まれた。しかしここからドラマが始まり、逆転し20-19のマッチポイント。金メダルを獲得し、高橋は涙、松友は笑顔を見せた。両選手の所属の日本ユニシスや松友選手の父、伸二さんの金メダル獲得の瞬間の歓喜の様子を放送した。ペア結成から10年、表彰式で日の丸を見た二人の目には涙が光っていた。


「田所光男」に関連するイベント情報

リオデジャネイロオリンピック

カリオカアリーナで行われたリオデジャネイロオリンピック レスリングフリースタイル女子53キロ級決勝の吉田沙保里×H.マルーリスの試合、オリンピック4連覇に王手をかけている吉田は母・幸代が見守る中、得意のタックするをしかけるも攻め切ることが出来ず、リードを許す苦しい展開になった。その後も攻めるもポイントを奪えず、金メダルを逃した。登坂絵莉選手らチームメイト達もショックを隠し切れない。泣き崩れる吉田はオリンピック4連覇はならなかった。銀メダルでごめんなさいと謝り続けた吉田。4度目のオリンピックで初めて流す悔し涙。

2008年北京五輪などこれまで世界大会を16連覇してきた吉田。絶対女王、霊長類最強と歌われてきた吉田だが、去年9月の世界選手権では優勝後に「負けたらどうしようとかそういう気持ちもいっぱいあった」などと苦しい胸の内を明かしている。勝てば勝つほど負けられない重圧は大きくなっていた。母・幸代さんは「少し体力的にも衰えがきているのかなっていうのは親なりに感じていた」「マットに上がった娘の姿で一番不安そうな顔をしていた」と明かす。一方、元レスリング世界女王の山本美憂さんは「相手がよく研究してきていた」と指摘する。対戦相手マルーリスは、組み合った際に吉田の指を掴んでおり、反則行為のため審判が注意するがその後も吉田の手は塞がれた。

吉田の涙から約1時間後、レスリング女子63キロ級決勝で重い空気を一変させたのが、初出場の川井梨紗子。相手に1ポイントも与えず攻め続け、金メダルを獲得し、栄強化本部長を投げた。そして家族の元へ。六階級のうち五階級でメダルを獲得したレスリング女子。栄強化本部長は吉田の存在の大きさを語った。吉田沙保里と彼女に憧れてきた選手たちのオリンピックが幕を閉じた。

リオ五輪 女子ダブルス決勝、日本×デンマークの試合、高橋礼華と松友美佐紀の通称高松ペアが新たな歴史を作った。勝敗を決める第3ゲームで、デンマークペアに3連続ポイントを許しあと2失点で敗北の崖っぷちだがここからが強かった。4連続ポイントで逆転し、20-19で金メダルに王手をかけ、大逆転の日本バドミントン史上初の金メダルを獲得した。高橋礼華選手は「きのうレスリングの伊調さんが最後逆転勝ちしたのをテレビで見ていたので自分たちも絶対ここから巻き返して勝ってやるという気持ちになれた」などと語った。

バドミントンの強豪の高校に一学年違いで入学した松友選手と高橋選手。監督の指示でタカマツペアが誕生した。聖ウルスラ学院英智バドミントン部の田所光男総監督は「いろんな意味でまるまる性格が反対」「ダブルスはいい、お互いに無いものを持っているから」と語る。高橋礼華はネイルやピアスをするのに対し、松友選手はネイルについて「2回くらいやって満足したのでやめた」と話す。バドミントンでは強気な高橋と冷静な松友。2012年ロンドン五輪では、フジカキペアが銀メダルを獲得。出場できなかった時の思いを高橋礼華選手は「正直悔しい気持ちが一番あって、もし自分たちが出ていたらどうなっていたんだろうと想像した」などと語る。そして集大成のリオで、高橋は笑顔、松友は表情を崩さず決戦のコートへ向かった。相手は世界ランキング6位のデンマーク。第1ゲームは一進一退の攻防が続くも落としたタカマツペア。第2ゲームは、取り返した。金メダルの行方はファイナルゲームにかけられた。16-16で試合は架橋を迎えるが、立て続けに3ポイントを奪われ追い込まれた。しかしここからドラマが始まり、逆転し20-19のマッチポイント。金メダルを獲得し、高橋は涙、松友は笑顔を見せた。両選手の所属の日本ユニシスや松友選手の父、伸二さんの金メダル獲得の瞬間の歓喜の様子を放送した。ペア結成から10年、表彰式で日の丸を見た二人の目には涙が光っていた。

歓喜の瞬間は家族も見守っていた。松友選手に母・千恵美さんが「私にしたら夢の様な、誰の子だろうって感じなんですけど」と喜びを語るなど、家族のコメントを紹介した。元バドミントン日本代表の陣内貴美子さんは、勝利の決め手について「松友が右代から自分の右側にクロスにスマッシュを打った」「2人のだいたい真ん中にスマッシュを集めていた、相手が予測が付かなかったからびっくりした」などと話す。実際に試合を振り返ると真ん中に打ち込むシーンが目立った。結成から10年目で勝ち取った金メダル。松友美佐紀選手は、表彰式後「いいことばっかりじゃなかったが、2人で本当にやってきてよかったし、本当に先輩(高橋選手)とじゃなかったらこの舞台にも立っていないと思う」などと涙ながらに語った。

リオ特設スタジオに高橋礼華選手、松友美佐紀選手が登場。松友美佐紀は、いろんなことを2人で乗り越えてきたので、その分メダルも重たいと話す。最後の5連続ポイントの時の心境を聞かれた高橋は、前の日にレスリングの伊調が逆転勝ちしていたのを見ていたので、それがよぎって自分たちも逆転できるかもと思ったという。松友はメンタル面のトレーニングを聞かれ、自分がここまでやってきたので後は出しきるだけという準備をしてきたと思うので、それが5球につめられたかなと思うと話した。バルセロナ五輪韓国代表で金メダルをとったパク監督について、高橋は気持ちの面で自分たちは世界で勝てるということを信じてくれていたので、気持ちの面で教えてもらったというのが大きいと語った。高橋選手の妹、高橋沙也加選手は「大舞台であれだけのいいプレーをできるってことは金メダルにふさわしい選手だと思った」と話すインタビュー映像を放送した。小正裕佳子は、メダルの瞬間について質問すると、高橋はあたふたして倒れたと話す。松友は先輩と一番に抱き合いたかったが、先輩が倒れていてコーチが走ってきてくれたので、と明かした。表彰式のシーンで、2人の涙を拭うタイミングなどが一緒のシーンを放送すると高橋はこれはすごい、びっくりしたと語る。2020年の東京五輪について聞かれた高橋は、今すぐとはいえないが2人で出たい気持ちはあると明かした。

レスリング女子の吉田沙保里...


「田所光男」に関連するイベント情報

リオ2016

リオ2016 バドミントン女子ダブルスの決勝にタカマツペアが出場する。準決勝ではシン・ソンチャンとチョン・ギョンウンの韓国と対戦しており松友選手は勝因について「どんどん攻めていくことができたので良かった」と話した。息の合ったコンビネーションで快進撃を続けるタカマツペアは10年前に結成しているが高校時代の恩師・田所光男監督は「上から組んだら2人が余っていた」と明かしている。決勝戦は日本時間19日の0時30分から開始だ。このあと潮田玲子がタカマツペアを生解説する。

奥原希望選手と山口選手の対戦について潮田玲子は「準決勝だったらよかったが、くじ引きやランキングの状態で仕方なかった」と述べた。また山口選手は奥原選手とあたっていなければ、大会中に成長していたので準決勝や決勝の可能性はかなりあったとコメントしている。奥原選手は相手選手が嫌になるほど拾って自分のペースに引き込んでいくプレイスタイルで、試合前に「この舞台に立てることに感謝して思いっきり楽しもう!よしっ!」と言うことがルーティンだった。更にネットに絡むようなヘアピンショットに注目だと伝えた。

リオ2016 バドミントン女子ダブルスで金メダルに挑む高橋礼華選手と松友美佐紀選手はペア歴10年目で世界ランキング1位だ。2人は一時期勝てない時期もあったが、乗り越えて更にステップを上がった。小学生の頃、学年別のチャンピオンだった2人は初対戦後に文通をするようになりペアを結成してからケンカをしたことがないという。松友選手は小柄だが前衛でのラケットワークが巧みで高橋選手が後衛から決めるプレイスタイルだ。


「田所光男」に関連するイベント情報

リオ2016

バドミントン女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀は性格は正反対で、田所光男監督は性格が正反対で学年差のある方が強いペアになるという持論から組ませたという。あす決勝ではデンマークと対戦する。デンマークは準決勝で世界ランンク2位の中国を破った。元バドミントン日本代表の松田友美氏は、デンマークはパワーで押し切るタイプなのでミスも多いがのせてしまうと厄介だとコメントした。

シンクロナイズドスイミング デュエット・フリールーティン決勝に登場した乾友紀子・三井梨紗子ペアが銅メダル獲得。日本シンクロ界の2大会ぶりのメダルとなった。乾選手は、今まで沢山練習してきたことを全部出し切れたと思うなどインタビューに答えた。またシンクロの井村コーチはきょうが66歳の誕生日を迎え、銅メダルという最高のプレゼントを受け取ることができた。

元シンクロの青木愛と藤丸真世がコメンテーターに登場。二人とも息がピッタリで素晴らしかったなどトーク。決勝戦当日はシンクロ・井村雅代ヘッドコーチの66歳の誕生日で、乾友紀子選手たちは1年前から最高のプレゼントをしたいと誓っていたという。スタジオでは井村コーチが1984年から指導してきたシンクロでメダルを受賞した数をフリップで表示した。相当なメダルを獲得していて、井村コーチはメダルなしの手ぶらで帰ることに慣れていないという話題がでた。藤丸真世も現役時代、井村コーチにお世話になっていて、食生活や生活面のことも相当厳しく言われていたというエピソードを話した。シンクロでは体を美しく見せるために、どんどん食べて肉をつける努力をしなければならない。


読売新聞

タカマツペア10年の絆だが、この2人でなければ、オリンピックにはでられなかっただろうと言う。2人が出会ったのは小学生の頃で、宇都宮市で開かれた大会に揃って参加し、高橋選手は優勝、松友選手はベスト8に入り、帰りがけの駅で挨拶を交わし、その後、いろんな縁があり、対戦した所、高橋選手が圧倒。松友選手は、「ぼこぼこにされた。同学年では負けたことがなかったので、上の人を目指すようになった」という。この試合がきっかけで文通を始め、高橋選手の進学した高校に後を追って松友選手が入学し、ペアを組むようになったという。田所光男監督は、高橋選手は「勝ち気で目立ちたがり屋の親分肌」タイプで、松友選手は「静かな闘志を燃やす緻密なプレーで内助型」と分析している。高橋選手が「松友トクんだから、自分の良さにも気づけた」と語れば、松友選手は、「高橋先輩とじゃなかったら、この場所にはいなかった。かけがえのない存在」とお互いを認め合っている。(読売新聞)


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (26)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (17)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (9)