ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「白金高輪駅」の検索結果

「白金高輪駅」に関連する情報 304件中 1〜10件目

「白金高輪駅」に関連するグルメ情報

チーズケーキ

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。


「白金高輪駅」に関連するグルメ情報

プリン

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。


「白金高輪駅」に関連するイベント情報

第1回スイーツ甲子園

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。


「白金高輪駅」に関連するレストラン・飲食店

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。

 (ケーキ、カフェ)

白金高輪駅

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。


レコールバンタン高等部

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。


ファミリーマート

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。


「白金高輪駅」に関連するグルメ情報

プリン!?なチーズケーキ

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。


「白金高輪駅」に関連するイベント情報

スイーツ甲子園

日々進化するスイーツ。プリンのように見えるチーズケーキなどファミリーマートが発売した新感覚チーズケーキは10日間で200万個売れ、史上最速記録を樹立。新しいアイディア商品が登場している。17歳の高校生はスイーツに魅了されていた。高校3年生の浦慎之介さんは、埼玉県から片道1時間半かけて東京の製菓専門スクールに通っている。この日立ち寄ったのは、白金高輪駅近くのケーキ屋。3つのケーキを注文した。勉強のため、切り刻んだりした。浦さんは「カスタードクリームも店によって味が違う。」などと、スイーツのことになると真剣な表情になる。今年3年生の浦さんには、最後の大舞台、高校生パティシエ日本一決定戦、今年13回目の「スイーツ甲子園」が迫っていた。その作品の数々は高校生とは思えないほどのクオリティ。優勝の副賞は、パリでのパティシエ研修。浦さんは同級生2人と3人チームで、書類審査・予選を勝ち抜いて東日本代表となった。日本一になるため腕を磨いていた。12年前第1回大会で優勝した坂本さんは現在砂糖のペーストでパフォーマンスを行うシュガーアーティストとして世界を股にかけて活躍している。浦さんは去年決勝まで進んだが、優勝を逃した。その時ケーキを食べてほしい人について聞かれると、「自分の母親に食べてほしい。仕事をして学費を稼いでくれている。」としていた。

決勝当日、全国から予選を勝ち抜いた4チームが日本一を目指す。今年のテーマは「日本から世界へ 私たちのメッセージ」。制限時間は3時間で、必ずチョコレートムースと日本の食材を使うことが条件。プロのパティシエが調理方法、味、見た目を審査し、優勝チームを決定する。今回浦さんのチームが選んだ日本の食材は、狭山茶。練習では毎回制限時間をオーバーしていた。原因は浦さんが担当する金魚の飴細工だった。浦さんは「丁寧に作りたくて、気づいたら時間が迫っているパターンが多い。」とした。家でも練習できるよう、数万円する専用ランプをバイト代をためて買い、今まで50個以上作った。制限時間オーバーは減点となる。ハサミでの凹凸作り、ヒレの曲線は指先の感覚を頼りに美しく仕上げる。審査員もその手元を見つめる。最後に全ての飴細工を割れないよう慎重に組み立てる。浦さんがケーキの上に飴細工を乗せて完成。本番は時間内に完成した。狭山茶のムースの上には、水面から飛び跳ねる金魚の飴細工がある。日本一とはならなかった。優勝した作品は、カラフルなクッキーで飾られたケーキの上には、ゆずの木とブランコで遊ぶ女の子の飴細工がある。大会後、浦さんは「いままでより順調でトラブルなくいけたので、練習したかいがあったと思う。」「悔しい。」とした。


「白金高輪駅」に関連する映画・DVD

萎澤弘之

白金高輪駅周辺のひき肉ライス専門店「ひき肉少年」が紹介された。厳選した鶏ひき肉に10種類以上のハーブやスパイス、丸鶏のスープを加え、とろみのあるスパイシーなひき肉餡を作ってトマトやチキンスープ、クミンなどで炊き込んだご飯と合わせたひき肉ライス 少年の夢はスパイシーだがまろやかで初めて食べる味だと語られた。店主の萎澤弘之さんはこれを国民食のように広げたいと語った。