ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「目黒雅叙園」の検索結果

「目黒雅叙園」に関連するイベント情報 113件中 1〜10件目

「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

「福ねこ at 百段階段」展 〜和室で楽しむねこアート〜

きょうから目黒雅叙園・百段階段でネコのアート展が開催。約1000点のネコアートが展示。5月14日までの開催。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

座敷雛

気象予報士の大野治夫と中継をつなぎ、都内にある目黒雅叙園を紹介。現在目黒雅叙園では、「百段雛まつり 〜九州ひな紀行2〜」が行われており、20畳の部屋に800体以上の人形を飾った福岡・飯塚市の座敷雛などが再現されている。百段雛まつりは今月12日まで。入場料は1500円。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

百段雛まつり 〜九州ひな紀行2〜

気象予報士の大野治夫と中継をつなぎ、都内にある目黒雅叙園を紹介。現在目黒雅叙園では、「百段雛まつり 〜九州ひな紀行2〜」が行われており、20畳の部屋に800体以上の人形を飾った福岡・飯塚市の座敷雛などが再現されている。百段雛まつりは今月12日まで。入場料は1500円。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

百段雛まつり 〜九州ひな紀行〜

目黒雅叙園の中にある福岡県飯塚市に伝わる座敷雛を紹介した。この座敷雛を見られるイベントの百段雛まつり 〜九州ひな紀行〜は3月12日まで開催。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

梅まつり

東京文京区湯島天満宮から中継。現在は梅まつりが開催されていて、夜も梅がライトアップされているという。気象情報を伝えた。 明日の中継は目黒区の目黒雅叙園から。最後に現場の全員でポーズをとった。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

サロン・デュ・ショコラ

東京国際フォーラムで開催されるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が今日、本格的にスタート。日本橋三越本店でもバレンタインに合わせてチョコレートの販売が開始された。中でも注目なのが岡田美術館がてがける「雪華燕子花図屏風チョコレート」。またショコラティンのジュエリーシリーズ アソート9Pは宝石型のチョコ。抹茶風味のエメラルドに一粒1944円のダイヤモンドが入っている。目黒雅叙園の一押しは「手毬チョコ」。中にはクリームなどが入っている。明後日にはブボ・バルセロナの日本1号店が渋谷にオープン。サロン・デュ・ショコラ2017限定のブレイクマイハートにはハンマーがはいっている。何に使うのか。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

神の手●ニッポン展

目黒雅叙園で開催中の神の手ニッポン展2では全て卵の殻でできている宝石箱などが展示されている。水引でできている鳳凰や革でできている人形などが並んでいる。エッグアート作家遠藤さんが生み出す作品は卵の殻とは思えない。tyじゃy日がガチョウのたまごだという。それに下絵を書き歯を削る道具で模様を入れていく。模様の上に特殊な装飾品をつければ作品となる。ニワトリのたまごで簡単にできる作品を教えてもらうことになった。殻の真ん中に穴を開けていきたまごのなかに人形などをいれ飾り付けると完成。彫刻のように見えるこの作品は紙で作られているという。作者中山さんは紙だけで名画を完成させる。登場人物を動物に置き換えている。下絵通りに切り、立体感を出すため紙に丸みをつけ作っていく。昨年は3万人の人が訪れたイベントだ。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

至宝のペルシア絨毯展

目黒雅叙園の一室ではある市場の準備が行われていた。ここでは「至宝のペルシア絨毯展」という展示即売会が行われている。ペルシア絨毯協同組合に加盟する29社が参加している。ダラ・ベヘラヴェッシュさんは小さい美術館だと語った。会場には550枚の絨毯が集まっている。最高価格の絨毯は2400万円だと伝えた。緻密な絨毯ほど値段が高額になると伝えた。またペルシア絨毯のメンテナンスをしているアルボルズという会社の様子が伝えられた。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

假屋崎省吾の世界

今日は”昭和の竜宮城”こと目黒雅叙園から。今日の八十八ヶ所巡りは大田区・天祖神社より出発、高福院で御印をもらい、目黒雅叙園へ。内部の百段階段は”百段”というネーミングにも関わらず99段。その理由は「中国で99という数字は『永遠に続く』という意味の演技のいい数字である」ためとのこと。また假屋崎省吾の世界が開催中。16日まで。


「目黒雅叙園」に関連するイベント情報

石見神楽

目黒雅叙園から中継で伝える。園内の百段階段で現在、和のあかり×百段階段展2016という催しが行われている。日本ならではの和のあかりと、色彩の趣を鑑賞してもらおうということで、百段階段の7つの部屋が公開されている。清方の間は日本画家・鏑木清方が手掛けた部屋で、その中には島根・浜田市の石見神楽が飾られている。実際に祭りで使われている大蛇やスサノオノミコトが展示されている。明かりを暗くすることによってこの装飾と部屋の融合を見せているそう。