ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「相内優香」の検索結果

「相内優香」に関連するレストラン・飲食店 39件中 1〜10件目

「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

東京・新橋からの中継。3連休前忘年会シーズンとなり、賑わっている。「大阪焼肉・ホルモンふたご新橋別館店」は満席となっており、インタビューされた飲食業をしている男性は今年は儲かっていると感じるという。

東京・新橋で相内優香が大阪焼肉ホルモンふたご新橋別館を取材、千葉皓太郎マネージャーは12月の売り上げは前年より売り上げは上がったと話した。

 (焼肉、ホルモン、居酒屋)

「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

日高屋

スタジオトークで、相内優香は猛暑が株価に影響を与えているとし、麦茶の石垣食品が35%増。キリンホールディングスは4%増、井村屋は6%増。株価が下がったのはオリエンタルランドとハイデイ日高は3%減となった。


「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

すき家

相内優香が東京都中央区の吉野屋で「炙り塩鯖定食」を試食、店員が目の前で炙ってくれるサービスもあった。鯖を炙る必要があり、午後3時〜午前0時まで限定メニューとなっている。11日の東京証券取引所で決算会見した吉野家ホールディングスの河村泰貴社長は「原材料価格高騰、輸入牛肉相場を楽観視できない」と話した。現在、輸入牛肉が高止まりを続け、松屋は牛めし並盛りを30円値上げ。すき家も去年11月に大盛り、特盛などを値上げしている。吉野屋の大釜寿光執行役員は牛肉の価格はいろいろな要因が絡むので自分たちでは限界があるとし、他の商材で実験するとした。


「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

松屋

相内優香が東京都中央区の吉野屋で「炙り塩鯖定食」を試食、店員が目の前で炙ってくれるサービスもあった。鯖を炙る必要があり、午後3時〜午前0時まで限定メニューとなっている。11日の東京証券取引所で決算会見した吉野家ホールディングスの河村泰貴社長は「原材料価格高騰、輸入牛肉相場を楽観視できない」と話した。現在、輸入牛肉が高止まりを続け、松屋は牛めし並盛りを30円値上げ。すき家も去年11月に大盛り、特盛などを値上げしている。吉野屋の大釜寿光執行役員は牛肉の価格はいろいろな要因が絡むので自分たちでは限界があるとし、他の商材で実験するとした。

松屋フーズでは「ごろごろチキンのてりたま丼」「ごろごろ煮込みチキンカレー」などの鶏肉メニューを販売。客は肉が大きくて美味しいと話した。松屋では牛めしと牛めし以外で売上比率は半分ずつ。牛肉以外のメニューで価格変動リスクを分散する考え。


「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

全国を巡るトラックドライバーを虜にするグルメが上州・群馬にあった。群馬県渋川市にある永井食堂は週末の土曜日午前10時過ぎから多くの客でごった返す。客の9割以上が頼むというもつ煮定食は、越後味噌と信州味噌をブレンドした味噌に、国産豚もつと群馬県産コンニャクが入っている。店を切り盛りする永井昭江さんは、なぜ並ぶようになったか聞かれ「それはうまい安い早いだから」と答える。厨房では7人の女性従業員が手際の良さで繁盛店を支えていた。この店にはお盆の向きが縦という独特のルールがある。店はカウンターだけの席で狭いため、隣通しでぶつからないためお盆を縦向きで食べる。この日はもつ煮定食が500食以上も売れお店は終了。しかし、これだけでは終わらず、世界でここだけだというもつ煮の自動販売機があり三食入りのパックの「もつっ子」が買える。閉店後も客足は途絶えなかった。

相内優香は、群馬出身だがTHE 行列に出てきた永井食堂を知らなかったと話す。大江アナは、お盆を縦にしていることについて、真似するお店が出てくるかもしれない、とコメントした。

 (もつ料理、定食・食堂、ラーメン)

「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

相内優香が「みんなのアレルギーEXPO 2017」を取材。誠愛商事の末廣憲頼社長はアレルゲン27品目を使用しないジェラートを紹介、相内優香が試食して絶賛。末廣さんは半年前に神戸でジェラート店「リッチョドーロ」を開店、息子がアレルギーでアナフィラキシーショックになったためこのジェラートを作ったと話した。今日から通信販売を開始。キッコーマンの井上美香さんはえんどう豆を使った醤油「えんどうまめしょうゆ」を紹介した。

 (カフェ、アイスクリーム、スープ)

「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

相内優香アナが十条銀座商店街から中継。甘味処の「だるまや」ではシャインマスカットを使ったカキ氷を今月限定で味わえると伝えた。

 (かき氷、甘味処、和菓子)

「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

和孝

相内優香アナが十条銀座商店街から中継。商店街の皆さんにベストうんちくを披露してもらう。魚卯の岩田和敏さんは「福岡では”たらこ”ではなく、”明太子”とよぶ」と紹介。鰻店”和孝”の滝川剛志さんは「うなぎの旬は夏ではなく、晩秋から冬」と紹介。明日は北千住宿場町通り商店街から中継する。


「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

鳥貴族

相内優香が「三代目 鳥メロ 麹町駅前 プリンス通り店」を訪れ店内を紹介した。ワタミ・頓部孝雄執行役員は「国産の焼き鳥が1つのメーン。1本150円から」と紹介し「トータルの客単価は前のわたみん家より少し上がっている」と話した。今、鳥貴族が居酒屋業界を席巻しており既存店売上高は5か月連続で前年比プラス。清水邦晃社長は「定価格の業態が客から評価をもらい多少デフレを感じているが、客のニーズは広がりつつある」と話した。


「相内優香」に関連するレストラン・飲食店

わたみん家

相内優香が「三代目 鳥メロ 麹町駅前 プリンス通り店」を訪れ店内を紹介した。ワタミ・頓部孝雄執行役員は「国産の焼き鳥が1つのメーン。1本150円から」と紹介し「トータルの客単価は前のわたみん家より少し上がっている」と話した。今、鳥貴族が居酒屋業界を席巻しており既存店売上高は5か月連続で前年比プラス。清水邦晃社長は「定価格の業態が客から評価をもらい多少デフレを感じているが、客のニーズは広がりつつある」と話した。