ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「相内優香」の検索結果

「相内優香」に関連する情報 700件中 71〜80件目

シェルパ

仮想の世界にいるような体験ができるVR(仮想現実)や、現実世界にCG映像やデジタル情報を投影するAR(拡張現実)に続き、MR(複合現実)という技術が生まれている。昨日、東京ビッグサイトで「3D&バーチャルリアリティ展」がスタート。多くのブースでゴーグル型の端末をかけた来場客の姿が見えた。相内優香アナが建築物のCDなどを手がけるシェルパのブースでMR技術を体験。現実とCGの癒合画面を操作できるのがMRの特徴だ。こうしたMR技術を可能にしたのは、マイクロソフトがITエンジニア向けに販売する「ホロレンズ」。ゴーグルの前面についたセンサーで指の動きを認識し操作できる仕組みになっている。


「相内優香」に関連するイベント情報

3D&バーチャルリアリティ展

仮想の世界にいるような体験ができるVR(仮想現実)や、現実世界にCG映像やデジタル情報を投影するAR(拡張現実)に続き、MR(複合現実)という技術が生まれている。昨日、東京ビッグサイトで「3D&バーチャルリアリティ展」がスタート。多くのブースでゴーグル型の端末をかけた来場客の姿が見えた。相内優香アナが建築物のCDなどを手がけるシェルパのブースでMR技術を体験。現実とCGの癒合画面を操作できるのがMRの特徴だ。こうしたMR技術を可能にしたのは、マイクロソフトがITエンジニア向けに販売する「ホロレンズ」。ゴーグルの前面についたセンサーで指の動きを認識し操作できる仕組みになっている。

相内優香アナが、自動車工場の組み立てラインで効率性をシュミレーションするMRを体験。さらにポケット・クエリーズが東京電力と共同で研究を進めている発電所の設備点検に使うMRを紹介。現場で作業マニュアルを確認したり、熟練作業者から遠隔でアドバイスを受けることができる。ポケット・クエリーズは実はゲーム開発会社。ポケット・クエリーズの佐々木宣彦社長は「今までと違った概念のユーザーインターフェイスが必要になってくる。ゲームの世界は企画段階で今までにない未来的なものを考えるので、ゲーム会社がMRに関する実用ソリューションを展開することが求められている」と語った。


東京ビッグサイト

仮想の世界にいるような体験ができるVR(仮想現実)や、現実世界にCG映像やデジタル情報を投影するAR(拡張現実)に続き、MR(複合現実)という技術が生まれている。昨日、東京ビッグサイトで「3D&バーチャルリアリティ展」がスタート。多くのブースでゴーグル型の端末をかけた来場客の姿が見えた。相内優香アナが建築物のCDなどを手がけるシェルパのブースでMR技術を体験。現実とCGの癒合画面を操作できるのがMRの特徴だ。こうしたMR技術を可能にしたのは、マイクロソフトがITエンジニア向けに販売する「ホロレンズ」。ゴーグルの前面についたセンサーで指の動きを認識し操作できる仕組みになっている。

相内優香アナが、自動車工場の組み立てラインで効率性をシュミレーションするMRを体験。さらにポケット・クエリーズが東京電力と共同で研究を進めている発電所の設備点検に使うMRを紹介。現場で作業マニュアルを確認したり、熟練作業者から遠隔でアドバイスを受けることができる。ポケット・クエリーズは実はゲーム開発会社。ポケット・クエリーズの佐々木宣彦社長は「今までと違った概念のユーザーインターフェイスが必要になってくる。ゲームの世界は企画段階で今までにない未来的なものを考えるので、ゲーム会社がMRに関する実用ソリューションを展開することが求められている」と語った。


タベルモ

スピルリナはスーパーフードとして注目されている。三菱商事と産業革新機構がタベルモに共同出資。タベルモの佐々木俊弥社長は資金でブルネイでスピルリナの製造工場拡大をすると発表。三菱商事の仲西淳二マネージャーは会見で、相乗効果を見込めるとした。市場に出回っているスピルリナは粉末が多いが、タベルモは日本で唯一生の状態で製造販売。相内優香は試食し、味がしないとコメント。


産業革新機構

スピルリナはスーパーフードとして注目されている。三菱商事と産業革新機構がタベルモに共同出資。タベルモの佐々木俊弥社長は資金でブルネイでスピルリナの製造工場拡大をすると発表。三菱商事の仲西淳二マネージャーは会見で、相乗効果を見込めるとした。市場に出回っているスピルリナは粉末が多いが、タベルモは日本で唯一生の状態で製造販売。相内優香は試食し、味がしないとコメント。


三菱商事

スピルリナはスーパーフードとして注目されている。三菱商事と産業革新機構がタベルモに共同出資。タベルモの佐々木俊弥社長は資金でブルネイでスピルリナの製造工場拡大をすると発表。三菱商事の仲西淳二マネージャーは会見で、相乗効果を見込めるとした。市場に出回っているスピルリナは粉末が多いが、タベルモは日本で唯一生の状態で製造販売。相内優香は試食し、味がしないとコメント。


プレイステーション

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。


ソニー・コンピュータエンタテインメント

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。


慶応大学新川崎タウンキャンパス

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。


デロイトトーマツコンサルティング

東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材。石崎雅之CEOはデロイトトーマツコンサルティングの元執行役員だった。石崎CEOは大企業を訪問し、AIやビッグデータなど先端技術を提案。しかし、いざ導入となると手のひらを返した。そこで、就職面接である人物と出会った。のちのパートナーであるフレッド・アルメイダだった。面接で、フレッドはこの新技術で2020年に自動運転できるとした。2人は面接ではなく6時間語り合い、2人で企業を提案した。フレッドは今の車は馬車のようになるとした。

相内優香が東京都渋谷区の「アセントロボティクス」を取材、石崎雅之CEOは社内には11カ国の外国人が所属するとした。元ソニー・コンピュータエンタテイメント社長でプレイステーションの生みの親の久夛良木健氏が社外取締役に就任している。久夛良木氏はやっていることが面白いと話した。慶応大学新川崎タウンキャンパスで、実験用自動運転車を作り、夏には実験を始めるという。