ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「眠むの木」の検索結果

「眠むの木」に関連する情報 9件中 1〜9件目

眠むの木

羽毛布団の選び方について眠むの木・矢持代表は「押してたたいてかいでみる。押して中が詰まっている感じがあるかどうかを調べる。光のところで叩いてほこりが出たら洗浄不足の場合も考えられる。においを嗅ぐ際は軽く空気を出しながら嗅いでみる」と話した。


羽毛布団

羽毛布団の選び方について眠むの木・矢持代表は「押してたたいてかいでみる。押して中が詰まっている感じがあるかどうかを調べる。光のところで叩いてほこりが出たら洗浄不足の場合も考えられる。においを嗅ぐ際は軽く空気を出しながら嗅いでみる」と話した。


日本羽毛製品協同組合

日本羽毛製品協同組合は加盟社の産地偽装疑惑を発表し、「原産地の偽装表示は景品表示法違反などが適用される」と警告した。財務省の統計では去年の羽毛の輸入量は中国が48%、台湾が28.7%と8割を占めているが、組合によると羽毛布団の半数がヨーロッパ産として販売されているという。ヨーロッパ産羽毛は日本に直接輸入されるものもあるが、中国などで洗浄されるのが一般的でその際に中国産などの羽毛が混入された疑いがある。日本羽毛ふとん診断協会の小林代表理事は「品質表示がダウンが90%と書いてあるにもかかわらず中身を出してみるとダウン60%だったりする」という。ダウンは水鳥の胸から腹にかけて生える羽毛でフェザーは羽軸を持った羽根のことを指し、小林代表理事は「産地に関しては我々も見ただけでわかるかというとなかなかわからない」と話す。

中国産の羽毛はどんな品質なのか?今年1月、中国・吉林省で撮影された映像では寒さの中で元気にエサを食べるガチョウの姿があり、生産された羽毛は柔らかったため、眠むの木・矢持社長は「中国だから一概に品質は悪いとは言えない」と話すが、世間では中国産を避けたいという声がでている。


眠むの木

京都市にある「眠むの木」で羽毛布団とはどのようなものなのか見せてもらった。重さを測ってみると5万円の布団は2.44kgなのに対し、15万円の布団の重さは2kgだった。しかし、布団の厚さを比べると15万円の羽毛布団のほうが厚みがあり、矢持代表は「いい生地にいいダウンを多くいれる必要はない。ダウンが開くからその開いた分、空気が入って保温力が高まる」と話した。


富士新幸

京都市にある「眠むの木」で羽毛布団とはどのようなものなのか見せてもらった。重さを測ってみると5万円の布団は2.44kgなのに対し、15万円の布団の重さは2kgだった。しかし、布団の厚さを比べると15万円の羽毛布団のほうが厚みがあり、矢持代表は「いい生地にいいダウンを多くいれる必要はない。ダウンが開くからその開いた分、空気が入って保温力が高まる」と話した。

こうした中、メーカー側では産地表示を適切に行っていることをホームページで記載する動きがでている。富士新幸では産地から羽毛を直接仕入れており、原産地証明書を見せてもらった。羽毛が届いて行われるのが羽毛の検査で要求したダウン率があるかなどが調べられる。商品の出荷後も検査後の羽毛の一部は別室で保管されている。さらに羽毛の選別機も設置されており、この機械で羽毛の選別がされており、商品にはダウンパスのラベルがついていた。ダウンパスは快適に飼育された水鳥から採取した羽毛であることを示すヨーロッパの規格で原産地まで羽毛を追跡できるようになっている。


眠むの木 HP

京都市にある「眠むの木」で羽毛布団とはどのようなものなのか見せてもらった。重さを測ってみると5万円の布団は2.44kgなのに対し、15万円の布団の重さは2kgだった。しかし、布団の厚さを比べると15万円の羽毛布団のほうが厚みがあり、矢持代表は「いい生地にいいダウンを多くいれる必要はない。ダウンが開くからその開いた分、空気が入って保温力が高まる」と話した。

日本羽毛製品協同組合は加盟社の産地偽装疑惑を発表し、「原産地の偽装表示は景品表示法違反などが適用される」と警告した。財務省の統計では去年の羽毛の輸入量は中国が48%、台湾が28.7%と8割を占めているが、組合によると羽毛布団の半数がヨーロッパ産として販売されているという。ヨーロッパ産羽毛は日本に直接輸入されるものもあるが、中国などで洗浄されるのが一般的でその際に中国産などの羽毛が混入された疑いがある。日本羽毛ふとん診断協会の小林代表理事は「品質表示がダウンが90%と書いてあるにもかかわらず中身を出してみるとダウン60%だったりする」という。ダウンは水鳥の胸から腹にかけて生える羽毛でフェザーは羽軸を持った羽根のことを指し、小林代表理事は「産地に関しては我々も見ただけでわかるかというとなかなかわからない」と話す。

こうした中、メーカー側では産地表示を適切に行っていることをホームページで記載する動きがでている。富士新幸では産地から羽毛を直接仕入れており、原産地証明書を見せてもらった。羽毛が届いて行われるのが羽毛の検査で要求したダウン率があるかなどが調べられる。商品の出荷後も検査後の羽毛の一部は別室で保管されている。さらに羽毛の選別機も設置されており、この機械で羽毛の選別がされており、商品にはダウンパスのラベルがついていた。ダウンパスは快適に飼育された水鳥から採取した羽毛であることを示すヨーロッパの規格で原産地まで羽毛を追跡できるようになっている。


羽毛布団

羽毛布団は今や身近なものとなっていたが、フランス産の表示がある羽毛布団の半分以上は偽装であるという疑惑が出てきた。羽毛布団を調査してみると中国産の可能性が高いとなり、取材分は製造の裏側を取材する。

京都市にある「眠むの木」で羽毛布団とはどのようなものなのか見せてもらった。重さを測ってみると5万円の布団は2.44kgなのに対し、15万円の布団の重さは2kgだった。しかし、布団の厚さを比べると15万円の羽毛布団のほうが厚みがあり、矢持代表は「いい生地にいいダウンを多くいれる必要はない。ダウンが開くからその開いた分、空気が入って保温力が高まる」と話した。

日本羽毛製品協同組合は加盟社の産地偽装疑惑を発表し、「原産地の偽装表示は景品表示法違反などが適用される」と警告した。財務省の統計では去年の羽毛の輸入量は中国が48%、台湾が28.7%と8割を占めているが、組合によると羽毛布団の半数がヨーロッパ産として販売されているという。ヨーロッパ産羽毛は日本に直接輸入されるものもあるが、中国などで洗浄されるのが一般的でその際に中国産などの羽毛が混入された疑いがある。日本羽毛ふとん診断協会の小林代表理事は「品質表示がダウンが90%と書いてあるにもかかわらず中身を出してみるとダウン60%だったりする」という。ダウンは水鳥の胸から腹にかけて生える羽毛でフェザーは羽軸を持った羽根のことを指し、小林代表理事は「産地に関しては我々も見ただけでわかるかというとなかなかわからない」と話す。

偽装羽毛布団は流通しているのか?都内の量販店で購入した羽毛布団で検証してみると結果は中国産の可能性が高いという結果となった。一方、羽毛の産地を特定する手法は世界的にまだ確立されていないとされている。羽毛布団を製造した業者は取材に対し「当社は直接、羽毛原料を輸入していない。信頼できる商社からフランス産の羽毛として購入した。証明する原産地証明書などはその商社から入手している」と説明。原産地証明書は羽毛の産地を保証する書類だが、その原産地証明書そのものが偽装されている疑いも浮上している。

取材部はフランス・バンデ県にあるアンテルプリュムでは厳格な品質管理が行われており、ジョン社長によると去年11月に中国の会社から「あなたの会社はフランスの原産地証明書を売りますか?他の国の証明書を我々は買うことができました。もしOKなら売るならいくらですか?」という奇妙なメールが届いたと話す。カテュス社長はメールの返信をやめ、中国の羽毛協会に警告した。さらに7年前には「日本の顧客のために2枚の原産地証明書を添付で送ります」と仕入れる側が作るはずのない原産地証明書を作り、社名を空欄にして送りつけてきた。中国産の羽毛は一般的にヨーロッパ産より1割から2割安いとされている。

中国産の羽毛はどんな品質なのか?今年1月、中国・吉林省で撮影された映像では寒さの中で元気にエサを食べるガチョウの姿があり、生産された羽毛は柔らかったため、眠むの木・矢持社長は「中国だから一概に品質は悪いとは言えない」と話すが、世間では中国産を避けたいという声がでている。

こうした中、メーカー側では産地表示を適切に行っていることをホームページで記載する動きがでている。富士新幸では産地から羽毛を直接仕入れており、原産地証明書を見せてもらった。羽毛が届いて行われるのが羽毛の検査で要求したダウン率があるかなどが調べられる。商品の出荷後も検査後の羽毛の一部は別室で保管されている。さらに羽毛の選別機も設置されており、この機械で羽毛の選別がされており、商品にはダウンパスのラベルがついていた。ダウンパスは快適に飼育された水鳥から採取した羽毛であることを示すヨーロッパの規格で原産地まで羽毛を追跡できるようになっている。


眠むの木

羽毛布団国内販売数およそ320万枚の内半数がヨーロッパ産として販売されているが、組合によると半分以上が産地の偽装が疑われている。羽毛布団販売店の代表によると「押す、しっかり弾力があり元に戻るか確認」「たたく、ホコリが出ないかを確認」「嗅ぐ、動物臭があるものは避ける」「見る、表面を見て生地から羽毛が出てないか確認」などの選び方を話す。また値段の違う布団を比べるとほぼ同じ重さでもボリュームの違いがわかる。産地偽装の背景に日本羽毛製品協同組合は、羽毛が充填された製品は品質が全てで産地の表示は必要がないなどと話す。東陽産業では客などから持ち込まれた羽毛布団の100枚に1枚表示と中身が異なるのがあると話す。また産地保証のために独自検査をしている東洋羽毛工業では


布団専門店「眠むの木」

羽毛布団の製造業者など100社が加盟する日本羽毛製品協同組合が「フランス産としている羽毛布団の半分以上は偽装と思われる」と警告文書を出した問題。羽毛原料の輸入数量と実際の製品の販売数量が乖離していると考えられたことがきっかけ。組合はおととし5月と去年1月、加盟企業に産地を適正に表示するよう警告文書を出しているものの、なかなか改善しない。背景にあるのは産地を特定する手法が未確定というところで、明らかに産地偽装されていると証明する試験方法がないという。布団専門店の代表は「生産コストなどを考えればある程度販売価格は計算できる。それに比べて日本国内では安価で売られているとは考えていた」と語った。羽毛の品質は産地の違いよりも飼育期間や処理の工程の影響が大きく、中国産でも素晴らしい製品はあるというが、コストが安いものは品質も落ちる。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (9)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (9)