ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「社会保障審議会年金部会」の検索結果

「社会保障審議会年金部会」に関連する情報 3件中 1〜3件目

「社会保障審議会年金部会」に関連するイベント情報

社会保障審議会年金部会

将来の公的年金の財政見通しを示す「財政検証」は年金財政の健全性を5年に1度チェックし、現役世代の収入額に対して年金世代が受け取る年金額の割合を検証する。「財政検証」では年金受給額の割合が5割を維持する見通しの一方で、2割目減りしているという診断だった。


GPIF

千代田区で行われた社会保障審議会年金部会に厚労大臣の塩崎厚生労働大臣が出席。現役の大臣の異例の出席に神野直彦座長ら有識者達も戸惑いを見せる。大臣はGPIFの改革について要請が行なわれた。GPIFが政府から一定の独立性を確保するためことが重要であるとして、長期的な視野で年金運営に当たらせるべきと主張した。専門家はGPIFが株やその先の資産にシフトしていくことに乗り遅れている指摘。一方で年金部会では「損失が出た場合に誰が責任を取るのか」といった意見が出ている。


「社会保障審議会年金部会」に関連するレストラン・飲食店

郷どり 燦鶏

厚労省の社会保障審議会年金部会が年金改革議論を本格化。現在の厚生年金保険料は算定基準月収の上限が62万円であるため62万円以上の人は全員同じ保険料だが、この上限引き上げを検討。この引き上げでパート労働者への給付財源に充てたい考え。

都内に住む上野満美子さんは夫と子ども3人との5人家族で、事務職のパートとして週に30時間パート労働をしており、子どもが帰ってくる時間には家にいたいと考えているため、厚生年金加入には賛成と考えている。厚労省の試算では会社員の妻が厚生年金に加入した場合、保険料の負担は年間約9万7000円だが、将来受け取る年金額は1年加入ごとに約17万3000円となる。

ただし、パート労働者やパート労働者を雇う企業からは厚生年金加入に反対の考えの場合も。ジェーシー・コムサではパート労働者約300人が厚生年金加入をした場合、年間で7000万円となり、その他一般人は「雇用機会を狭めてしまい、長時間労働者に集中せざるを得ない」と危惧している。賛否両論がある中、厚労省では今年中に改革案をまとめる方針。

スタジオで、主婦の厚生年金加入については昔から議論がされていたが、先行きはまだわからないと説明。


検索結果の絞り込み