ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「福井大学」の検索結果

「福井大学」に関連する情報 387件中 1〜10件目

福井大学医学部附属病院

莉菜さんは2ヶ月に1度医師の診察とカウンセリングを受けている。カウンセリングは心を開ける数少ない機会で、触覚過敏という新たな発達障害を伝えられた。学校で最後に描いた絵は「わたしの気持ち」という赤いハートを塗りつぶしたもので。


福井大学

1979年生まれの山上はサラリーマン家庭で育ち、高校2年の頃に祖父が入院し、病と戦う医師の姿に感銘を受け進むべき道を決断した。1997年に福井大学医学部に入学した山上は自身が不整脈を患った経験から、心臓を診る循環器内科の医師を目指した。しかし山上は卒業後に勤務した病院で医師として非力であることを痛感した。山上は当時、救命救急に搬送されてくる子供の怪我も内科医であったために診ることが出来ず、当時は救急車も断っていた。このままではいけないと一念発起した山上は現在の病院に転職し、救命救急の世界に身を投じた。それ以降、山上は患者を断らないシステムを作り上げてきた。3交代の完全シフト制を実現させた山上は、今では休日には趣味のサイクリングも堪能している。


福井大学

昨夜放送された深層NEWSに出演した子どもの心と体の専門家が親から子どもへの体罰などが子どもの脳を傷つけると警鐘を鳴らした。福井大学の友田教授は体罰だけでなく必要以上に長時間叱ったり、家の中で激しい夫婦げんかをすることなどで子どものコミュニケーション傷害などにつながる可能性があると指摘した。


インフルエンザ

インフルエンザの患者数は調査開始以来過去最多の約222万人、福井大学医学部のフェイスブックには「インフルエンザA型が現在2種類でています。2回かかる人もでるのでご注意ください」と注意書きされている。A型にも種類があって細かく分類すると144種に分類できる。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「同じ型でも種類が違えば免疫反応(抵抗する力)が異なる。全く別物と考えた方がいい」と話している。また、「例年のように今年も恐らく今週以降B型が流行する可能性があります」「私は1シーズンにA型、A型、B型と3回かかった人を診察したことがあります。一度かかったから大丈夫ということではありません」と話した。


H3N2

インフルエンザの患者数は調査開始以来過去最多の約222万人、福井大学医学部のフェイスブックには「インフルエンザA型が現在2種類でています。2回かかる人もでるのでご注意ください」と注意書きされている。A型にも種類があって細かく分類すると144種に分類できる。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「同じ型でも種類が違えば免疫反応(抵抗する力)が異なる。全く別物と考えた方がいい」と話している。また、「例年のように今年も恐らく今週以降B型が流行する可能性があります」「私は1シーズンにA型、A型、B型と3回かかった人を診察したことがあります。一度かかったから大丈夫ということではありません」と話した。


フェイスブック

インフルエンザの患者数は調査開始以来過去最多の約222万人、福井大学医学部のフェイスブックには「インフルエンザA型が現在2種類でています。2回かかる人もでるのでご注意ください」と注意書きされている。A型にも種類があって細かく分類すると144種に分類できる。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「同じ型でも種類が違えば免疫反応(抵抗する力)が異なる。全く別物と考えた方がいい」と話している。また、「例年のように今年も恐らく今週以降B型が流行する可能性があります」「私は1シーズンにA型、A型、B型と3回かかった人を診察したことがあります。一度かかったから大丈夫ということではありません」と話した。


池袋大谷クリニック

インフルエンザの患者数は調査開始以来過去最多の約222万人、福井大学医学部のフェイスブックには「インフルエンザA型が現在2種類でています。2回かかる人もでるのでご注意ください」と注意書きされている。A型にも種類があって細かく分類すると144種に分類できる。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「同じ型でも種類が違えば免疫反応(抵抗する力)が異なる。全く別物と考えた方がいい」と話している。また、「例年のように今年も恐らく今週以降B型が流行する可能性があります」「私は1シーズンにA型、A型、B型と3回かかった人を診察したことがあります。一度かかったから大丈夫ということではありません」と話した。


福井大学

インフルエンザの患者数は調査開始以来過去最多の約222万人、福井大学医学部のフェイスブックには「インフルエンザA型が現在2種類でています。2回かかる人もでるのでご注意ください」と注意書きされている。A型にも種類があって細かく分類すると144種に分類できる。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「同じ型でも種類が違えば免疫反応(抵抗する力)が異なる。全く別物と考えた方がいい」と話している。また、「例年のように今年も恐らく今週以降B型が流行する可能性があります」「私は1シーズンにA型、A型、B型と3回かかった人を診察したことがあります。一度かかったから大丈夫ということではありません」と話した。


福井大学 子どものこころの発達研究センター

「福井大学 子どものこころの発達研究センター」には年間800組の親子が育児に悩み訪れている。友田明美先生は決して親を責めたり否定したりせず、必ず”ある言葉”を投げかけている。それが「最初から完璧な親はいない」というもの、子どもが1歳だと親も育児年齢1歳で、そのうち出来るようになると悩みすぎないことが大事。マルトリートメントを減らす第一歩が親の育児ストレスを減らすことだという。


福井大学

いま話題の本「虐待が脳を変える」が15分でわかる授業。マルトリートメント(不適切な養育)について教えてくれるのは福井大学 友田明美先生。例えば親が子どもの存在を否定する暴言を吐くと脳が変形、心因性難聴を患った例もある。


検索結果の絞り込み