ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「福士政広」の検索結果

「福士政広」に関連する情報 19件中 1〜10件目

首都大学東京

首都大学東京の福士政広教授が加わってスタジオ解説。線量限度が年間に1000マイクロシーベルトで、480マイクロシーベルトは一般人の放射線の被曝量の上限値は約2時間で年間被曝限度量になる。線源に近づかなければ問題ないという。埋まっている可能性がある放射性物質は、、ラジウムかセシウムと考えられる。セシウムだった場合は何者かが意図的に埋めたと可能性もある。今後は、原因の物質を突き止めてそれを除去するまで近づかないことが大切。


関西電力

原発事故 拡散シュミレーションの結果、柏崎刈羽原発などの4ヶ所で避難準備の対策が必要で半径30km圏を超えた所でも7日間で100ミリシーベルトの被ばく量が想定された。専門家の福士政広氏は今回の試算は最悪のパターンのシナリオを想定しており、地域や気候によって変化すると指摘し、日本大学の野口邦和氏は「最悪の場合、放射性物質が大量に出るというシナリオがあるはずだがそれが想定されていない」と指摘した。柏崎刈羽は原発から30キロ圏内のため対策は全くしていないが、今回の想定で柏崎刈羽原発付近は40キロ圏内まで放射性物質が広まる可能性があると発表された。全国で唯一稼働している大飯原発では32.2キロ離れた京都市内まで放射性物質が達すると発表され、政治家は原子力防災に力を上げていきたいとコメントした。

関西電力管内の日本維新の会の政治家は、次期衆院選の原子力政策について「需要サイドを劇的に技術改革し、少ないエネルギーで最大の効果を発揮するような国を目指す」とし、2030年代までに既存の原発を全廃し、安全性の高い変発は積極的に活用する方針であると述べた。


日本大学

原発事故 拡散シュミレーションの結果、柏崎刈羽原発などの4ヶ所で避難準備の対策が必要で半径30km圏を超えた所でも7日間で100ミリシーベルトの被ばく量が想定された。専門家の福士政広氏は今回の試算は最悪のパターンのシナリオを想定しており、地域や気候によって変化すると指摘し、日本大学の野口邦和氏は「最悪の場合、放射性物質が大量に出るというシナリオがあるはずだがそれが想定されていない」と指摘した。柏崎刈羽は原発から30キロ圏内のため対策は全くしていないが、今回の想定で柏崎刈羽原発付近は40キロ圏内まで放射性物質が広まる可能性があると発表された。全国で唯一稼働している大飯原発では32.2キロ離れた京都市内まで放射性物質が達すると発表され、政治家は原子力防災に力を上げていきたいとコメントした。

関西電力管内の日本維新の会の政治家は、次期衆院選の原子力政策について「需要サイドを劇的に技術改革し、少ないエネルギーで最大の効果を発揮するような国を目指す」とし、2030年代までに既存の原発を全廃し、安全性の高い変発は積極的に活用する方針であると述べた。


柏崎刈羽原子力発電所

原発事故 拡散シュミレーションの結果、柏崎刈羽原発などの4ヶ所で避難準備の対策が必要で半径30km圏を超えた所でも7日間で100ミリシーベルトの被ばく量が想定された。専門家の福士政広氏は今回の試算は最悪のパターンのシナリオを想定しており、地域や気候によって変化すると指摘し、日本大学の野口邦和氏は「最悪の場合、放射性物質が大量に出るというシナリオがあるはずだがそれが想定されていない」と指摘した。柏崎刈羽は原発から30キロ圏内のため対策は全くしていないが、今回の想定で柏崎刈羽原発付近は40キロ圏内まで放射性物質が広まる可能性があると発表された。全国で唯一稼働している大飯原発では32.2キロ離れた京都市内まで放射性物質が達すると発表され、政治家は原子力防災に力を上げていきたいとコメントした。

関西電力管内の日本維新の会の政治家は、次期衆院選の原子力政策について「需要サイドを劇的に技術改革し、少ないエネルギーで最大の効果を発揮するような国を目指す」とし、2030年代までに既存の原発を全廃し、安全性の高い変発は積極的に活用する方針であると述べた。


大飯発電所

原発事故 拡散シュミレーションの結果、柏崎刈羽原発などの4ヶ所で避難準備の対策が必要で半径30km圏を超えた所でも7日間で100ミリシーベルトの被ばく量が想定された。専門家の福士政広氏は今回の試算は最悪のパターンのシナリオを想定しており、地域や気候によって変化すると指摘し、日本大学の野口邦和氏は「最悪の場合、放射性物質が大量に出るというシナリオがあるはずだがそれが想定されていない」と指摘した。柏崎刈羽は原発から30キロ圏内のため対策は全くしていないが、今回の想定で柏崎刈羽原発付近は40キロ圏内まで放射性物質が広まる可能性があると発表された。全国で唯一稼働している大飯原発では32.2キロ離れた京都市内まで放射性物質が達すると発表され、政治家は原子力防災に力を上げていきたいとコメントした。

関西電力管内の日本維新の会の政治家は、次期衆院選の原子力政策について「需要サイドを劇的に技術改革し、少ないエネルギーで最大の効果を発揮するような国を目指す」とし、2030年代までに既存の原発を全廃し、安全性の高い変発は積極的に活用する方針であると述べた。


浜岡原子力発電所

原発事故 拡散シュミレーションの結果、柏崎刈羽原発などの4ヶ所で避難準備の対策が必要で半径30km圏を超えた所でも7日間で100ミリシーベルトの被ばく量が想定された。専門家の福士政広氏は今回の試算は最悪のパターンのシナリオを想定しており、地域や気候によって変化すると指摘し、日本大学の野口邦和氏は「最悪の場合、放射性物質が大量に出るというシナリオがあるはずだがそれが想定されていない」と指摘した。柏崎刈羽は原発から30キロ圏内のため対策は全くしていないが、今回の想定で柏崎刈羽原発付近は40キロ圏内まで放射性物質が広まる可能性があると発表された。全国で唯一稼働している大飯原発では32.2キロ離れた京都市内まで放射性物質が達すると発表され、政治家は原子力防災に力を上げていきたいとコメントした。

関西電力管内の日本維新の会の政治家は、次期衆院選の原子力政策について「需要サイドを劇的に技術改革し、少ないエネルギーで最大の効果を発揮するような国を目指す」とし、2030年代までに既存の原発を全廃し、安全性の高い変発は積極的に活用する方針であると述べた。


福島第二原子力発電所

原発事故 拡散シュミレーションの結果、柏崎刈羽原発などの4ヶ所で避難準備の対策が必要で半径30km圏を超えた所でも7日間で100ミリシーベルトの被ばく量が想定された。専門家の福士政広氏は今回の試算は最悪のパターンのシナリオを想定しており、地域や気候によって変化すると指摘し、日本大学の野口邦和氏は「最悪の場合、放射性物質が大量に出るというシナリオがあるはずだがそれが想定されていない」と指摘した。柏崎刈羽は原発から30キロ圏内のため対策は全くしていないが、今回の想定で柏崎刈羽原発付近は40キロ圏内まで放射性物質が広まる可能性があると発表された。全国で唯一稼働している大飯原発では32.2キロ離れた京都市内まで放射性物質が達すると発表され、政治家は原子力防災に力を上げていきたいとコメントした。

関西電力管内の日本維新の会の政治家は、次期衆院選の原子力政策について「需要サイドを劇的に技術改革し、少ないエネルギーで最大の効果を発揮するような国を目指す」とし、2030年代までに既存の原発を全廃し、安全性の高い変発は積極的に活用する方針であると述べた。


首都大学東京

福島第一原発の事故に伴って発生した指定廃棄物の最終処分場について、きのう栃木県庁で環境省の横光環境副大臣は候補地は、栃木県・矢板市だと政治家に伝えた。

環境省は、栃木県・矢板市の国有林を候補地として提示。指定廃棄物についての説明がイラストと共に説明され、現在指定廃棄物は、上三川町で一時的に保管されているが各都県内で処理されることになっている。

これについて市民は心配の声が上げられ、政治家は「市民感情として到底受け入れられない話としっかりお断りした」としている。また、首都大学東京の福士政広教授は「複数の県内の候補地があって色んな条件を見て、最終的に決まったというプロセスを踏んでほしい」とコメントしている。環境省は、今月末までに茨城県や宮城県などでも各県の候補地を提示する方針。


東京大学

この春、東日本はセシウム花粉に要注意。先週、東京大学で大気中の放射能濃度が増える恐れがあるとして、福島第一原発に近い関東・東北で研究者らが調査を開始。大気中の放射性セシウムが、事故の2か月後に近い量である現在の10倍になるかもしれないという。その原因はスギ花粉。スギ花粉とともにセシウムが舞い上がる恐れがあるため。

セシウム花粉について福士政広教授は、「スギの葉にくっついた放射性セシウムが、新芽に移行し、それが花粉のほうに入っていく」と説明。先月に教授が行った花粉の調査に番組スタッフが同行。東京・青梅市の杉林から雄花を採取し、セシウムなどを測定したところ、若干高い値は出たがごくごく微量しか人体には入らないだろうという結果が出た。

しかし、東京都心には青梅市からの花粉の他にも福島第一原発付近などの警戒区域の花粉も飛んでくる可能性があるという。林野庁は、昨年11月から福島県内の87箇所でスギの雄花と花粉に含まれている放射性セシウム濃度を調査。中間報告によると、福島・浪江町のスギ花粉から1kgあたり25万3000ベクレルが検出された(青梅市は201.4ベクレル)。花粉の1kgあたりの濃度はかなり高いが、花粉が飛散し人の粘膜につくのは微量のため、農水相は花粉吸引による被ばくの心配はないという。環境省によると、今年の花粉の量は例年並みかやや少なめと予測。


首都大学東京

来春の花粉シーズンを前に、スギ花粉にどの程度放射性セシウムが含まれるのか各地で調査が始まっている。首都大学東京・福士政広教授は花粉にどの程度放射性物質が含まれるのかの調査結果を発表、福島第一原発の近くにある福島・川俣町のスギの葉からは高い放射性物質が検出。教授は東京・奥多摩などの調査、ほとんど無視できる放射線量だと話す。

そして福島県のスギ花粉は国が調査を始める事になり、林野庁では昨日から本格的な調査がスタートしスギ花粉の放射性セシウムを検査している。首都大学東京・福士政広教授は福島県内のスギ花粉が関東に到達したとしても放射線被ばくの影響は無視出来るレベルではないかと話す。

スタジオで桝太一がスギ花粉に含まれる放射性物質について解説。不安な人は通常の花粉症対策を行うことで体内への侵入は防げる。ウェザーニューズによると来春の花粉飛散量は全国的に今年より7割減の予想。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (19)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (19)