ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「福岡浩」の検索結果

「福岡浩」に関連する情報 6件中 1〜6件目

「福岡浩」に関連するレストラン・飲食店

福岡にある「キッチン&チキン ペプチード」は華味鳥がまるごと食べられる専門店。その場で大胆に切り分ける丸焼きは皮がパリパリで身はふんわり。この店を当てたのはトリゼンフーズの社員で店舗開発のリーダーを任された伊福和義さん。そこには「失敗は許す、挑戦しろ」というポリシーがあった。社員の福岡浩一さんは華味鳥の糞を原料にした固形肥料を開発、養殖向けの商品を作り出した。経過を見に水産会社を訪れた。河津のポリシーの裏には大失敗があった。

 (居酒屋、ダイニングバー、バル・バール)

トリゼンフーズ

「華味鳥」の快進撃は外食だけではない。家庭で大人気なのがお取り寄せセットで「博多華味鳥の水たきセット」ではネットのランキングでいくつもの賞を受賞するほど。最近では大手からも引っ張りだこで「セブン-イレブン」では「華味鳥のシャキシャキ野菜サラダ」で販売している。この「華味鳥」フィーバーの仕掛け人はトリゼンフーズの河津善博会長である。

街の一角にトリゼンフーズグループの建物が集まっていた。河津は誰よりも大きな声で挨拶し、社員と言葉を交わし、毎朝の掃除は一緒になって行う。河津がやってきたのは銀座に構える華味鳥の店。トリゼンフーズは50店舗近い華味鳥の店を展開。外食で年間35億円を稼ぎ出している。店舗視察は日々欠かさない。佐賀県の唐津市の山奥にある建物で華味鳥の養鶏が行われていた。病気感染を恐れ密閉した鶏舎が多い中、華味鳥は太陽光や風を取り入れた飼育にこだわっている。エサは海藻やハーブのエキスを米ぬかなどに混ぜ発行させた特注品。これが他にない歯ごたえを生み出す。また加工工場では毎日2万羽の華味鳥が拘束に処理され、華味鳥で様々な加工品を作っていた。加工品だけでも年間52億円の売り上げ。また福岡県のスーパーでは華味鳥が銘柄鶏として親しまれていて、鶏肉の製造販売は年間32億円。トリゼンフーズは華味鳥を武器にあらゆる鶏ビジネスを展開。河津が働き始めた頃は1億円程度だった年商は現在128億円。自社で鳥作りの全てを行っているため、華味鳥を扱う店に運ばれる肉は新鮮なため、他が真似できない圧倒的な美味しさを提供できる。しかし河津にはこれまで大失敗の過去があった。

河津は鮮度が重要。鶏肉は一番鮮度が落ちやすいのでそこには気をつけている。河津に大きな影響を与えたのが、商店街の鶏肉店を創業した父・善陽さん。行動力ある生き様は若い河津を魅了した。河津は子どもの頃は仕入れについていった。毎朝3時に起きて仕入れに行っていた。お金をその場で払って店に出せばすぐに売れていた。憧れだった。父親のDNAが生き続けていると話した。

福岡にある「キッチン&チキン ペプチード」は華味鳥がまるごと食べられる専門店。その場で大胆に切り分ける丸焼きは皮がパリパリで身はふんわり。この店を当てたのはトリゼンフーズの社員で店舗開発のリーダーを任された伊福和義さん。そこには「失敗は許す、挑戦しろ」というポリシーがあった。社員の福岡浩一さんは華味鳥の糞を原料にした固形肥料を開発、養殖向けの商品を作り出した。経過を見に水産会社を訪れた。河津のポリシーの裏には大失敗があった。


「福岡浩」に関連するグルメ情報

華味鳥

華味鳥はきめ細かい肉質と旨味が特徴。新宿の居酒屋では炭火焼きやつくねも人気。またラーメンのスープとしても使われラーメン屋には行列ができていた。

「華味鳥」の快進撃は外食だけではない。家庭で大人気なのがお取り寄せセットで「博多華味鳥の水たきセット」ではネットのランキングでいくつもの賞を受賞するほど。最近では大手からも引っ張りだこで「セブン-イレブン」では「華味鳥のシャキシャキ野菜サラダ」で販売している。この「華味鳥」フィーバーの仕掛け人はトリゼンフーズの河津善博会長である。

街の一角にトリゼンフーズグループの建物が集まっていた。河津は誰よりも大きな声で挨拶し、社員と言葉を交わし、毎朝の掃除は一緒になって行う。河津がやってきたのは銀座に構える華味鳥の店。トリゼンフーズは50店舗近い華味鳥の店を展開。外食で年間35億円を稼ぎ出している。店舗視察は日々欠かさない。佐賀県の唐津市の山奥にある建物で華味鳥の養鶏が行われていた。病気感染を恐れ密閉した鶏舎が多い中、華味鳥は太陽光や風を取り入れた飼育にこだわっている。エサは海藻やハーブのエキスを米ぬかなどに混ぜ発行させた特注品。これが他にない歯ごたえを生み出す。また加工工場では毎日2万羽の華味鳥が拘束に処理され、華味鳥で様々な加工品を作っていた。加工品だけでも年間52億円の売り上げ。また福岡県のスーパーでは華味鳥が銘柄鶏として親しまれていて、鶏肉の製造販売は年間32億円。トリゼンフーズは華味鳥を武器にあらゆる鶏ビジネスを展開。河津が働き始めた頃は1億円程度だった年商は現在128億円。自社で鳥作りの全てを行っているため、華味鳥を扱う店に運ばれる肉は新鮮なため、他が真似できない圧倒的な美味しさを提供できる。しかし河津にはこれまで大失敗の過去があった。

河津は鮮度が重要。鶏肉は一番鮮度が落ちやすいのでそこには気をつけている。河津に大きな影響を与えたのが、商店街の鶏肉店を創業した父・善陽さん。行動力ある生き様は若い河津を魅了した。河津は子どもの頃は仕入れについていった。毎朝3時に起きて仕入れに行っていた。お金をその場で払って店に出せばすぐに売れていた。憧れだった。父親のDNAが生き続けていると話した。

福岡にある「キッチン&チキン ペプチード」は華味鳥がまるごと食べられる専門店。その場で大胆に切り分ける丸焼きは皮がパリパリで身はふんわり。この店を当てたのはトリゼンフーズの社員で店舗開発のリーダーを任された伊福和義さん。そこには「失敗は許す、挑戦しろ」というポリシーがあった。社員の福岡浩一さんは華味鳥の糞を原料にした固形肥料を開発、養殖向けの商品を作り出した。経過を見に水産会社を訪れた。河津のポリシーの裏には大失敗があった。


新潟大学

深セン市で発生した土砂災害について、自然災害科学を専門に研究し土砂災害にも詳しい新潟大学の福岡浩教授は事故の原因について「土砂の下の方は相当水を含んでいたのではないか。液状化したみたいに軟らかくなって、遠くまで土砂が流れて行ったということ。高速でビルにも衝突しましたし、その勢いで多くのビルが倒壊した」と分析した。採掘場だった時代に地面を削りすぎたことで地下水が滲み、そこに積んだ大量の残土が水を含んだために軟らかくなって崩れやすくなっていたという。中国当局は、残土の量が多く斜面が急なため、一気に崩れた人災とみて調査している。


新潟大学

捜索活動が進まない理由について二次災害をあげ、雨が降りだし再び避難命令が出たことなどを伝えた。新潟大学の福岡浩教授は上空から町の様子などを伝えた。


新潟大学

新潟大学の福岡浩教授がスタジオで解説。なぜ今回土砂災害が起きた地域では警戒区域外だったのかという質問に対して、山間部へ拡大し続ける宅地、そして住民の危機意識の浸透が不十分ということを指摘した。日本は山岳地が多く平地が少ないので、激しい雨が続いたらどの地でも土砂災害の危険性はあるという認識を持つことが大切だと強調した。警報が出されても雨が降ると家の中にいようとする気持ちになると加藤浩次がコメントした。


検索結果の絞り込み