ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「福岡空港」の検索結果

「福岡空港」に関連する情報 2564件中 1〜10件目

福岡空港

現場は博多駅から近い中心部で交通量が多い。事故車は反対車線を暴走し交差点に100km以上で侵入したとみられ、現場にブレーキ痕はなかった。また縁石の破損により店舗の窓ガラスが割れ、ガラス片でケガをした人も出ているという。


「福岡空港」に関連するグルメ情報

おまかせコース

「鮨 唐島」の情報をおさらい。福岡空港から来るまで焼く30分。普段はおまかせコースのみで、お値段は16000円から。


福岡空港

「鮨 唐島」の情報をおさらい。福岡空港から来るまで焼く30分。普段はおまかせコースのみで、お値段は16000円から。


羽田空港

「鮨 唐島」の情報をおさらい。福岡空港から来るまで焼く30分。普段はおまかせコースのみで、お値段は16000円から。


「福岡空港」に関連するレストラン・飲食店

渡部が今回訪れたのは福岡の「鮨 唐島」。続いて「車エビ 茹でて出汁に漬け込んだもの」、「穴子」、「お椀」、締めの「玉子焼き」と出された。お店は1ヶ月先までしか予約を受け付けないことなども伝え、渡部は番組のステッカーなどを渡した。

「鮨 唐島」の情報をおさらい。福岡空港から来るまで焼く30分。普段はおまかせコースのみで、お値段は16000円から。


「福岡空港」に関連するレストラン・飲食店

朝早くに羽田空港から福岡空港に到着した渡部がまず向かったのは「鮨 唐島」。大将はまだ31歳だが、神戸の紀茂登や福岡の安吉で腕を磨き、独立。テレビ撮影は始めてで、基本的には断っていることなどを話した。メニューは「真鯛で出汁で作った茶碗蒸し」、「佐賀県いろは島牡蠣」、「炊きたてのシャリと削りたての鰹節の卵かけご飯」、「カマス 炭の煙をしっかり当ててから出汁を掛け焼き」、「カラスミの味噌漬け」、「ヒラメの胃袋 肝ソースのせ」。握りは「サワラ」から始まり、「カスゴ」、「ヤリイカ」、「マグロの漬け」、「トロ」、「鯖の棒寿司」と続いた。食事をしながら、唐島さんは実家は鮓屋ではないことや、5年後10年後のヴィジョンがあり、福岡に愛着を持っていることなどを話した。渡部に5年後の目標を聞くと、渡部の歩き方in the worldと答えていた。


「福岡空港」に関連するレストラン・飲食店

紀茂登

朝早くに羽田空港から福岡空港に到着した渡部がまず向かったのは「鮨 唐島」。大将はまだ31歳だが、神戸の紀茂登や福岡の安吉で腕を磨き、独立。テレビ撮影は始めてで、基本的には断っていることなどを話した。メニューは「真鯛で出汁で作った茶碗蒸し」、「佐賀県いろは島牡蠣」、「炊きたてのシャリと削りたての鰹節の卵かけご飯」、「カマス 炭の煙をしっかり当ててから出汁を掛け焼き」、「カラスミの味噌漬け」、「ヒラメの胃袋 肝ソースのせ」。握りは「サワラ」から始まり、「カスゴ」、「ヤリイカ」、「マグロの漬け」、「トロ」、「鯖の棒寿司」と続いた。食事をしながら、唐島さんは実家は鮓屋ではないことや、5年後10年後のヴィジョンがあり、福岡に愛着を持っていることなどを話した。渡部に5年後の目標を聞くと、渡部の歩き方in the worldと答えていた。


「福岡空港」に関連するレストラン・飲食店

朝早くに羽田空港から福岡空港に到着した渡部がまず向かったのは「鮨 唐島」。大将はまだ31歳だが、神戸の紀茂登や福岡の安吉で腕を磨き、独立。テレビ撮影は始めてで、基本的には断っていることなどを話した。メニューは「真鯛で出汁で作った茶碗蒸し」、「佐賀県いろは島牡蠣」、「炊きたてのシャリと削りたての鰹節の卵かけご飯」、「カマス 炭の煙をしっかり当ててから出汁を掛け焼き」、「カラスミの味噌漬け」、「ヒラメの胃袋 肝ソースのせ」。握りは「サワラ」から始まり、「カスゴ」、「ヤリイカ」、「マグロの漬け」、「トロ」、「鯖の棒寿司」と続いた。食事をしながら、唐島さんは実家は鮓屋ではないことや、5年後10年後のヴィジョンがあり、福岡に愛着を持っていることなどを話した。渡部に5年後の目標を聞くと、渡部の歩き方in the worldと答えていた。


福岡空港

朝早くに羽田空港から福岡空港に到着した渡部がまず向かったのは「鮨 唐島」。大将はまだ31歳だが、神戸の紀茂登や福岡の安吉で腕を磨き、独立。テレビ撮影は始めてで、基本的には断っていることなどを話した。メニューは「真鯛で出汁で作った茶碗蒸し」、「佐賀県いろは島牡蠣」、「炊きたてのシャリと削りたての鰹節の卵かけご飯」、「カマス 炭の煙をしっかり当ててから出汁を掛け焼き」、「カラスミの味噌漬け」、「ヒラメの胃袋 肝ソースのせ」。握りは「サワラ」から始まり、「カスゴ」、「ヤリイカ」、「マグロの漬け」、「トロ」、「鯖の棒寿司」と続いた。食事をしながら、唐島さんは実家は鮓屋ではないことや、5年後10年後のヴィジョンがあり、福岡に愛着を持っていることなどを話した。渡部に5年後の目標を聞くと、渡部の歩き方in the worldと答えていた。


羽田空港

朝早くに羽田空港から福岡空港に到着した渡部がまず向かったのは「鮨 唐島」。大将はまだ31歳だが、神戸の紀茂登や福岡の安吉で腕を磨き、独立。テレビ撮影は始めてで、基本的には断っていることなどを話した。メニューは「真鯛で出汁で作った茶碗蒸し」、「佐賀県いろは島牡蠣」、「炊きたてのシャリと削りたての鰹節の卵かけご飯」、「カマス 炭の煙をしっかり当ててから出汁を掛け焼き」、「カラスミの味噌漬け」、「ヒラメの胃袋 肝ソースのせ」。握りは「サワラ」から始まり、「カスゴ」、「ヤリイカ」、「マグロの漬け」、「トロ」、「鯖の棒寿司」と続いた。食事をしながら、唐島さんは実家は鮓屋ではないことや、5年後10年後のヴィジョンがあり、福岡に愛着を持っていることなどを話した。渡部に5年後の目標を聞くと、渡部の歩き方in the worldと答えていた。