ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「私が見た未来」の検索結果

「私が見た未来」に関連する情報 27件中 1〜10件目

「私が見た未来」に関連する本・コミック・雑誌

1999年、夢をもとに描いたもの。それは12年後の東日本大震災。このマンガ本を出版した1999年、彼女は漫画家を引退。一般人として生活を送っていた。そのため表紙に描いた内容も忘れていたという。震災が起きた時も同様していたため、表紙の事を思い出すことはなかった。その後、本の存在がネット上で大きな話題となり、メディアでも取り上げられたことが親戚から彼女に耳に入りようやく思い出したという。2021年7月、ある出版社から連絡があり、「私が見た未来」を再版することになった。打ち合わせのため初めて担当者と面会することになった。その日の朝、ある夢を見たという。それは1999年の時と同じ、映画館のスクリーンのような光景。そこに映し出されたのは「大災害は2025年7月」。さらにこの夢には続きがあった。空の上から見た世界。突然、日本とフィリピンの中間あたりの海底が破裂。香港や台湾、フィリピンまでもが大陸と地続きになるイメージのものだった。彼女はこのイメージを昨年再版した「私が見た未来 完全版」に描き加えた。話題作りや不安を感じさせるためではないという。震災後に自分のマンガが話題になっていると知った時、震災前により多くの人の目にとまっていれば助かった命があったかもしれないという思いが芽生えたという。彼女自身、これを予言だとは思っていない。何も起きないことが一番いいと思っている。災害が起きた時の備えになればという思いを込めて公表した。彼女が出演を決意した理由もそのため。2025年7月の夢を見た時、同時に明るい未来像も見えたという。近年、日本でも気候変動の影響で多くの自然災害が発生。さらに政府の地震調査委員会によると今後30年以内の首都直下型地震の発生率は70%程度とされている。こうした災害に備えて内閣府は家具の固定や3日分の食料・飲料の備蓄を推奨。もしもに備えた対策を呼びかけている。

「私が見た未来 完全版」

Amazon.co.jp


「私が見た未来」に関連する本・コミック・雑誌

私が見た未来

1999年、夢をもとに描いたもの。それは12年後の東日本大震災。このマンガ本を出版した1999年、彼女は漫画家を引退。一般人として生活を送っていた。そのため表紙に描いた内容も忘れていたという。震災が起きた時も同様していたため、表紙の事を思い出すことはなかった。その後、本の存在がネット上で大きな話題となり、メディアでも取り上げられたことが親戚から彼女に耳に入りようやく思い出したという。2021年7月、ある出版社から連絡があり、「私が見た未来」を再版することになった。打ち合わせのため初めて担当者と面会することになった。その日の朝、ある夢を見たという。それは1999年の時と同じ、映画館のスクリーンのような光景。そこに映し出されたのは「大災害は2025年7月」。さらにこの夢には続きがあった。空の上から見た世界。突然、日本とフィリピンの中間あたりの海底が破裂。香港や台湾、フィリピンまでもが大陸と地続きになるイメージのものだった。彼女はこのイメージを昨年再版した「私が見た未来 完全版」に描き加えた。話題作りや不安を感じさせるためではないという。震災後に自分のマンガが話題になっていると知った時、震災前により多くの人の目にとまっていれば助かった命があったかもしれないという思いが芽生えたという。彼女自身、これを予言だとは思っていない。何も起きないことが一番いいと思っている。災害が起きた時の備えになればという思いを込めて公表した。彼女が出演を決意した理由もそのため。2025年7月の夢を見た時、同時に明るい未来像も見えたという。近年、日本でも気候変動の影響で多くの自然災害が発生。さらに政府の地震調査委員会によると今後30年以内の首都直下型地震の発生率は70%程度とされている。こうした災害に備えて内閣府は家具の固定や3日分の食料・飲料の備蓄を推奨。もしもに備えた対策を呼びかけている。


朝日新聞

1999年、夢をもとに描いたもの。それは12年後の東日本大震災。このマンガ本を出版した1999年、彼女は漫画家を引退。一般人として生活を送っていた。そのため表紙に描いた内容も忘れていたという。震災が起きた時も同様していたため、表紙の事を思い出すことはなかった。その後、本の存在がネット上で大きな話題となり、メディアでも取り上げられたことが親戚から彼女に耳に入りようやく思い出したという。2021年7月、ある出版社から連絡があり、「私が見た未来」を再版することになった。打ち合わせのため初めて担当者と面会することになった。その日の朝、ある夢を見たという。それは1999年の時と同じ、映画館のスクリーンのような光景。そこに映し出されたのは「大災害は2025年7月」。さらにこの夢には続きがあった。空の上から見た世界。突然、日本とフィリピンの中間あたりの海底が破裂。香港や台湾、フィリピンまでもが大陸と地続きになるイメージのものだった。彼女はこのイメージを昨年再版した「私が見た未来 完全版」に描き加えた。話題作りや不安を感じさせるためではないという。震災後に自分のマンガが話題になっていると知った時、震災前により多くの人の目にとまっていれば助かった命があったかもしれないという思いが芽生えたという。彼女自身、これを予言だとは思っていない。何も起きないことが一番いいと思っている。災害が起きた時の備えになればという思いを込めて公表した。彼女が出演を決意した理由もそのため。2025年7月の夢を見た時、同時に明るい未来像も見えたという。近年、日本でも気候変動の影響で多くの自然災害が発生。さらに政府の地震調査委員会によると今後30年以内の首都直下型地震の発生率は70%程度とされている。こうした災害に備えて内閣府は家具の固定や3日分の食料・飲料の備蓄を推奨。もしもに備えた対策を呼びかけている。


「私が見た未来」に関連する本・コミック・雑誌

私が見た未来

たつき諒さんから番組へのメッセージ「自分の見た夢や漫画がきっかけとなり、準備、対策をして災害や災難がいつ起ころうとも役立つキッカケになれたなら幸い」などが読み上げられた。


立命館大学

いまもっとも注目を集めている予言は2025年7月に大災難がやってくるというもの。1999年発行の「私が見た未来」という漫画で予言されている。作者・たつき諒は東日本大震災を予知し的中させた。予知夢を見るというが最新の予知夢が「2025年7月に大災難がやってくる」。日本とフィリピンの間の海面が盛り上がる様子を夢でみたという。Naokimanは海底火山の噴火が近いのではと話した。専門家によると、たつき諒が予知夢で見た場所は地震が起きやすいエリアとのこと。地震と噴火はセットだと話した。


日経電子版

いまもっとも注目を集めている予言は2025年7月に大災難がやってくるというもの。1999年発行の「私が見た未来」という漫画で予言されている。作者・たつき諒は東日本大震災を予知し的中させた。予知夢を見るというが最新の予知夢が「2025年7月に大災難がやってくる」。日本とフィリピンの間の海面が盛り上がる様子を夢でみたという。Naokimanは海底火山の噴火が近いのではと話した。専門家によると、たつき諒が予知夢で見た場所は地震が起きやすいエリアとのこと。地震と噴火はセットだと話した。


「私が見た未来」に関連する本・コミック・雑誌

私が見た未来

いまもっとも注目を集めている予言は2025年7月に大災難がやってくるというもの。1999年発行の「私が見た未来」という漫画で予言されている。作者・たつき諒は東日本大震災を予知し的中させた。予知夢を見るというが最新の予知夢が「2025年7月に大災難がやってくる」。日本とフィリピンの間の海面が盛り上がる様子を夢でみたという。Naokimanは海底火山の噴火が近いのではと話した。専門家によると、たつき諒が予知夢で見た場所は地震が起きやすいエリアとのこと。地震と噴火はセットだと話した。


飛鳥新社

3位は「私が見た未来 完全版」たつき諒。書かれている予言が当たっていると話題になっている。


「私が見た未来」に関連する本・コミック・雑誌

3位は「私が見た未来 完全版」たつき諒。書かれている予言が当たっていると話題になっている。

「私が見た未来 完全版」

Amazon.co.jp


オリコン

週間BOOKランキングTOP10(オリコン調べ)を紹介。10位はお笑いコンビEXIT・兼近大樹の「むき出し」。内容は、人気お笑いコンビ「entrance」としてテレビに引っ張りだこの芸人・石山大樹が週刊文春に突撃される物語。今やお茶の間の人気者だが、子どもの頃は貧乏だった石山。そんな彼が抱える壮絶な過去とは?

3位は「私が見た未来 完全版」たつき諒。書かれている予言が当たっていると話題になっている。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。