ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「秋田市」の検索結果

「秋田市」に関連する情報 5052件中 1〜10件目

秋田犬

北九州市の中継映像を確認した。北九州市民球場でソフトバンク対日本ハムの鷹の祭典が行われる。また、北秋田市と仙北市の映像で田んぼアートが映し出された。テーマは秋田犬と旅。竿燈まつりや上桧木内紙風船上げが描かれ、見頃は9月上旬まで。


「秋田市」に関連するイベント情報

上桧木内紙風船上げ

北九州市の中継映像を確認した。北九州市民球場でソフトバンク対日本ハムの鷹の祭典が行われる。また、北秋田市と仙北市の映像で田んぼアートが映し出された。テーマは秋田犬と旅。竿燈まつりや上桧木内紙風船上げが描かれ、見頃は9月上旬まで。


「秋田市」に関連するイベント情報

竿燈まつり

北九州市の中継映像を確認した。北九州市民球場でソフトバンク対日本ハムの鷹の祭典が行われる。また、北秋田市と仙北市の映像で田んぼアートが映し出された。テーマは秋田犬と旅。竿燈まつりや上桧木内紙風船上げが描かれ、見頃は9月上旬まで。


「秋田市」に関連するイベント情報

鷹の祭典2019

北九州市の中継映像を確認した。北九州市民球場でソフトバンク対日本ハムの鷹の祭典が行われる。また、北秋田市と仙北市の映像で田んぼアートが映し出された。テーマは秋田犬と旅。竿燈まつりや上桧木内紙風船上げが描かれ、見頃は9月上旬まで。


北九州市民球場

北九州市の中継映像を確認した。北九州市民球場でソフトバンク対日本ハムの鷹の祭典が行われる。また、北秋田市と仙北市の映像で田んぼアートが映し出された。テーマは秋田犬と旅。竿燈まつりや上桧木内紙風船上げが描かれ、見頃は9月上旬まで。


ヤフオクドーム

北九州市の中継映像を確認した。北九州市民球場でソフトバンク対日本ハムの鷹の祭典が行われる。また、北秋田市と仙北市の映像で田んぼアートが映し出された。テーマは秋田犬と旅。竿燈まつりや上桧木内紙風船上げが描かれ、見頃は9月上旬まで。


「秋田市」に関連するグルメ情報

ヒラメ

年の差12歳の国際結婚夫婦が秋田県から来た。夫はカンボジア出身。奥さんは12歳上。カンボジアはクメール語。クメール語で新婚いらっしゃいと言った。夫は魚屋で働き、すっぽんも取り扱っている店で働いているがまだすっぽんはさばかせてもらえていない。ヒラメなどをさばいている。妻が秋田市で地域を元気にしようとする活動をしており、カンボジアでPRするために行ったことが出会い。夫は日本語学校に通っており、カンボジアでスタッフを探している妻の活動に参加した。妻のことを印象として「デブ」と言った。夫はデブが好きだった。笑顔がいいと採用になった。スタッフと店長として1年半働いた。何も言わなくても真面目に働いていたと夫の印象を話した。妻が帰る時、日本に行きたい夫と未婚の妻の考えが一致して夫が妻についてくる形で日本に来た。夫の両親が妻を気に入っていたこともあり、結婚が成立した。今は妻の実家で2人は暮らしている。子どもも生まれた。チューが好きだからチューすると夫が話した。妻は桂剥きを毎日する夫のせいで大根の千切りばかりで料理が限られるとグチを言った。夫は何度もどこにいるのか聞いてくると話した。将来的に夫は日本とカンボジア両方で和食の店をやりたいと話した。


「秋田市」に関連するグルメ情報

カンパチ

年の差12歳の国際結婚夫婦が秋田県から来た。夫はカンボジア出身。奥さんは12歳上。カンボジアはクメール語。クメール語で新婚いらっしゃいと言った。夫は魚屋で働き、すっぽんも取り扱っている店で働いているがまだすっぽんはさばかせてもらえていない。ヒラメなどをさばいている。妻が秋田市で地域を元気にしようとする活動をしており、カンボジアでPRするために行ったことが出会い。夫は日本語学校に通っており、カンボジアでスタッフを探している妻の活動に参加した。妻のことを印象として「デブ」と言った。夫はデブが好きだった。笑顔がいいと採用になった。スタッフと店長として1年半働いた。何も言わなくても真面目に働いていたと夫の印象を話した。妻が帰る時、日本に行きたい夫と未婚の妻の考えが一致して夫が妻についてくる形で日本に来た。夫の両親が妻を気に入っていたこともあり、結婚が成立した。今は妻の実家で2人は暮らしている。子どもも生まれた。チューが好きだからチューすると夫が話した。妻は桂剥きを毎日する夫のせいで大根の千切りばかりで料理が限られるとグチを言った。夫は何度もどこにいるのか聞いてくると話した。将来的に夫は日本とカンボジア両方で和食の店をやりたいと話した。


「秋田市」に関連するグルメ情報

アナゴ

年の差12歳の国際結婚夫婦が秋田県から来た。夫はカンボジア出身。奥さんは12歳上。カンボジアはクメール語。クメール語で新婚いらっしゃいと言った。夫は魚屋で働き、すっぽんも取り扱っている店で働いているがまだすっぽんはさばかせてもらえていない。ヒラメなどをさばいている。妻が秋田市で地域を元気にしようとする活動をしており、カンボジアでPRするために行ったことが出会い。夫は日本語学校に通っており、カンボジアでスタッフを探している妻の活動に参加した。妻のことを印象として「デブ」と言った。夫はデブが好きだった。笑顔がいいと採用になった。スタッフと店長として1年半働いた。何も言わなくても真面目に働いていたと夫の印象を話した。妻が帰る時、日本に行きたい夫と未婚の妻の考えが一致して夫が妻についてくる形で日本に来た。夫の両親が妻を気に入っていたこともあり、結婚が成立した。今は妻の実家で2人は暮らしている。子どもも生まれた。チューが好きだからチューすると夫が話した。妻は桂剥きを毎日する夫のせいで大根の千切りばかりで料理が限られるとグチを言った。夫は何度もどこにいるのか聞いてくると話した。将来的に夫は日本とカンボジア両方で和食の店をやりたいと話した。


あきた舞妓劇場

「会える秋田美人」をコンセプトに活動しているのが「あきた舞妓」。現在は3人が活動しているが過去の経歴に関しては非公開。彼女たちが話題になったのは秋田の名所を紹介する動画で、再生回数は120万回を突破した。舞妓といえば京都だがこちらは一見さんお断りの場合もある他、お座敷遊びとなると20万円を超えたり、値段が決まってない場合も多い。あきた舞妓は専用の劇場があり、毎週土曜日に舞踊鑑賞などが楽しめる。また一緒に街歩きが出来るプランもある。ビジネスモデルは秋葉原だと森永。あきた舞妓は秋田内外のPRに活躍している。秋田は良いところだが街に華やかさがあまりないので、こういう人たちが観光を引っ張ってくれたらいいのではないかと森永。