ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「竹上真人」の検索結果

「竹上真人」に関連する情報 17件中 1〜10件目

チョウトンボ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


ギンヤンマ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


シオカラトンボ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


アキアカネ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


カネボウ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


鈴の森公園

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。

今回、水抜きを行ってくれるのは田中浚渫工業の方々。池は面積1800平方m、水量は800t。作業には松坂市役所の職員やボランティアの方らが参加。


チョウトンボ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


ギンヤンマ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


シオカラトンボ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


アキアカネ

三重・松阪市にある「鈴の森公園」からの依頼。松阪市は「カネボウ」の綿糸工場があり経済を支えてきた。撤退後1993年に人工池が作られた。生物がいないはずの池であるが外来種の巣窟になっているという。そして、大家志津香ら池の水選抜から3名が今回の作戦に参加。今回の依頼は竹上真人市長で、池にはアキアカネなどのトンボが生息していたが、外来種の影響でその数が減っているとトンボ研究家の刀根さんが説明した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (17)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (4)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (1)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (12)