ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一生命保険」の検索結果

「第一生命保険」に関連する情報 1022件中 1〜10件目

CNBCテレビ

第一生命保険の宿谷さんに話を聞く。このところアメリカの先行的な経済指標で景気鈍化の兆しが見え始めている。宿谷さんは「先週金曜日にミシガン大学が発表した消費者信頼感指数は50.2ポイントと過去最低の水準となった。消費者信頼感指数は消費者のセンチメントをアンケートで調査して指数化した景気関連の経済指標で個人消費やGDPの先行指標の1つとされている。足元ではこういった先行指標で景気鈍化の動きが見え始めている」などと述べた。アメリカ経済のりセッションの確率について宿谷さんは「フィナンシャル・タイムズの調査によると約70%のエコノミストが2023年にかけてリセッションが来ると予想。約40%は2023年上半期にリセッション。30%超は2023年下半期以降のリセッションを予想している。CNBCテレビが実施した調査によると、主要企業のCFOらの68%が2023年上半期にリセッションが来ると予想している。市場参加者はリセッションを警戒するもメインのシナリオとする人は少ないとみられる。15日に小売売上高、16日に住宅着工件数と新規失業保険申請者数が発表される。これらの経済指標が悪化した場合、マーケットのリセッションに対する警戒はさらに強まると考えられるため注意が必要」などと述べた。


フィナンシャル・タイムズ

第一生命保険の宿谷さんに話を聞く。このところアメリカの先行的な経済指標で景気鈍化の兆しが見え始めている。宿谷さんは「先週金曜日にミシガン大学が発表した消費者信頼感指数は50.2ポイントと過去最低の水準となった。消費者信頼感指数は消費者のセンチメントをアンケートで調査して指数化した景気関連の経済指標で個人消費やGDPの先行指標の1つとされている。足元ではこういった先行指標で景気鈍化の動きが見え始めている」などと述べた。アメリカ経済のりセッションの確率について宿谷さんは「フィナンシャル・タイムズの調査によると約70%のエコノミストが2023年にかけてリセッションが来ると予想。約40%は2023年上半期にリセッション。30%超は2023年下半期以降のリセッションを予想している。CNBCテレビが実施した調査によると、主要企業のCFOらの68%が2023年上半期にリセッションが来ると予想している。市場参加者はリセッションを警戒するもメインのシナリオとする人は少ないとみられる。15日に小売売上高、16日に住宅着工件数と新規失業保険申請者数が発表される。これらの経済指標が悪化した場合、マーケットのリセッションに対する警戒はさらに強まると考えられるため注意が必要」などと述べた。


ミシガン大学

第一生命保険の宿谷さんに話を聞く。このところアメリカの先行的な経済指標で景気鈍化の兆しが見え始めている。宿谷さんは「先週金曜日にミシガン大学が発表した消費者信頼感指数は50.2ポイントと過去最低の水準となった。消費者信頼感指数は消費者のセンチメントをアンケートで調査して指数化した景気関連の経済指標で個人消費やGDPの先行指標の1つとされている。足元ではこういった先行指標で景気鈍化の動きが見え始めている」などと述べた。アメリカ経済のりセッションの確率について宿谷さんは「フィナンシャル・タイムズの調査によると約70%のエコノミストが2023年にかけてリセッションが来ると予想。約40%は2023年上半期にリセッション。30%超は2023年下半期以降のリセッションを予想している。CNBCテレビが実施した調査によると、主要企業のCFOらの68%が2023年上半期にリセッションが来ると予想している。市場参加者はリセッションを警戒するもメインのシナリオとする人は少ないとみられる。15日に小売売上高、16日に住宅着工件数と新規失業保険申請者数が発表される。これらの経済指標が悪化した場合、マーケットのリセッションに対する警戒はさらに強まると考えられるため注意が必要」などと述べた。


第一生命保険

第一生命保険の宿谷さんに話を聞く。このところアメリカの先行的な経済指標で景気鈍化の兆しが見え始めている。宿谷さんは「先週金曜日にミシガン大学が発表した消費者信頼感指数は50.2ポイントと過去最低の水準となった。消費者信頼感指数は消費者のセンチメントをアンケートで調査して指数化した景気関連の経済指標で個人消費やGDPの先行指標の1つとされている。足元ではこういった先行指標で景気鈍化の動きが見え始めている」などと述べた。アメリカ経済のりセッションの確率について宿谷さんは「フィナンシャル・タイムズの調査によると約70%のエコノミストが2023年にかけてリセッションが来ると予想。約40%は2023年上半期にリセッション。30%超は2023年下半期以降のリセッションを予想している。CNBCテレビが実施した調査によると、主要企業のCFOらの68%が2023年上半期にリセッションが来ると予想している。市場参加者はリセッションを警戒するもメインのシナリオとする人は少ないとみられる。15日に小売売上高、16日に住宅着工件数と新規失業保険申請者数が発表される。これらの経済指標が悪化した場合、マーケットのリセッションに対する警戒はさらに強まると考えられるため注意が必要」などと述べた。


第一生命保険 新宿総合支社

第一生命保険は、生命保険の提案などを行う生涯設計デザイナーの働く環境を整えたという。また、生涯設計デザイナーの新たな人材を募集しているという。


第一生命保険

第一生命保険は、生命保険の提案などを行う生涯設計デザイナーの働く環境を整えたという。また、生涯設計デザイナーの新たな人材を募集しているという。


日本生命保険

第一生命保険は適性検査の導入など基準を厳しくすることで採用数を半減させる。日本生命保険は目標数をなくした。従来のように大量に採用して多くの離職者を出す形ではなく、研修や育成の充実で定着率を高める。(日本経済新聞)


第一生命保険

第一生命保険は適性検査の導入など基準を厳しくすることで採用数を半減させる。日本生命保険は目標数をなくした。従来のように大量に採用して多くの離職者を出す形ではなく、研修や育成の充実で定着率を高める。(日本経済新聞)


日本経済新聞

4月から5月で企業が発表した2022年度の自社株買い入れ額は合計4.2兆円となり1年前の2倍になった。コロナ禍で落ち込んだ収益が回復に向かい厚くした資金を株主に還元する動きが鮮明になっている。(日本経済新聞)

第一生命保険は適性検査の導入など基準を厳しくすることで採用数を半減させる。日本生命保険は目標数をなくした。従来のように大量に採用して多くの離職者を出す形ではなく、研修や育成の充実で定着率を高める。(日本経済新聞)

アメリカシカゴ商品取引所の小麦先物は1日、一時1ブッシュ10.27ドルで約2ヶ月ぶりの安値をつけた。前日には値幅制限いっぱいまで下げていた。ロシアの侵攻で停滞しているウクライナ産の穀物の輸出が再開するとの期待が広がっている。(日本経済新聞)


第一生命保険

投票で選ばれたサラリーマン川柳のベスト10が発表された。第1位は「8時だよ!!昔は集合 今閉店」。新型コロナに関するものが多く、第4位は「巣ごもりで MからLに 服反応」。番組内で人気が高かったのは第2位「ウイルスも 上司の指示も 変異する」だったという。

キャスター陣が気に入ったサラリーマン川柳を発表。徳永アナは第70位:良い意見 したあと言われる 「ミュートです」。板倉アナは第14位:「パパいるの!在宅続き「またいるの?」。入山章栄さんは第19位:家飲みで あふれる缶に 妻カンカン。これまでは「サラリーマン川柳コンクール」との名称だったが、今後は「サラっと一句!わたしの川柳コンクール」に名称が変更になる。入山は「サラリーマン」という言葉が時代に合わなくなっており、良い改変だとコメント。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。