ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一生命経済研究所」の検索結果

「第一生命経済研究所」に関連する情報 3110件中 1〜10件目

第一生命経済研究所

第一生命経済研究所の藤代宏一は、今週の日経平均予想レンジを23100円〜23600円と予想。


第一生命経済研究所

第一生命経済研究所の藤代宏一さんは、今週1周間の予想レンジを12,100円〜12,600円と予想。注目ポイントは「アナリスト予想を予想する」とし、日々の株式市場をみていて、アナリストが業績株価などを引き上げると、実際の株価が上昇するのはよくある。これはあくまでアナリストの予想にすぎないが、実際の投資では重要となってくる。そこで注目するのは、「リビジョンインデックス」という指標で、アナリストの業績予想を示したもので、現在はこれは上向きで、これが9月以降の株価の一因といえる。アナリスト予想が上向きなことについて、アナリスト予想改善を裏付けるマクロ指標(製造業PMI、新規受注・在庫バランス)に一致するとし、アナリストの予想はこのタイミングで上向く。最近はIT関連を中心に、在庫が減りつつあるなか、アメリカと中国はもちなおしの兆しがでている。先行きは輸出に助けられる形で受注在庫が好転し、アナリストの業績見通しの情報修正も続く可能性がある。と、なると、日本株は年末に向けて、基本的には製造業を中心に堅調と思われる。IT関連以外のセクターでは、自動車等の業績が弱いところが目立つ。24000の到達はこれら業種の回復が条件になるなど解説した。


第一生命経済研究所

日米貿易協定が参院本会議で承認された。この協定で特に影響を受けるのは牛肉。現在アメリカから輸入される牛肉には38.5%の関税がかかっているが、これが26.6%に下がる。2033年には9%になる予定。安い価格帯の豚肉は現在、一キロあたり最大482円の関税がかかっているが、125円に下がり、2027年には50円まで下がる予定。高い価格帯の豚肉にかかっている一キロあたり4.3%の関税は2027年には撤廃される予定。オレンジの関税、最大32%とワイン(750ml)の関税、最大94円も2025年度に撤廃される。日本の小売や外食チェーンでは、還元セールなどを検討する動きが出ている。イオンリテールは関税の引き下げ分を反映した価格での販売を検討していて、安楽亭は還元キャンペーンを実施する可能性があるという。成城石井は50〜60品目を対象にしたキャンペーンを実施する。一方で牛肉の価格が二極化する可能性もあるという。


東京大学

米中の貿易摩擦が激しくなる中、第一生命経済研究所の西濱氏は大統領選までに経済をピークに持っていければトランプ大統領の勝利の可能性があると述べ、東大の佐橋准教授はトランプ大統領は株価を見ながら仕事をしていると評価しながらも、来年にかけて輸出管理・投資規制が本格化するものの官僚が行うのでブレーキがあると見られるとしている。また、中国の情報機関がオーストラリアの国会議員選挙に候補者を擁立しようとしたとの報道について、神田外語大学の興梠教授はニュージーランドでは人民解放軍の情報関係の学校教師が議員になっていると指摘し、佐橋准教授は中国は相手の気持を金などで掴んで思想を広めていると指摘している。


第一生命経済研究所

米中の貿易摩擦が激しくなる中、第一生命経済研究所の西濱氏は大統領選までに経済をピークに持っていければトランプ大統領の勝利の可能性があると述べ、東大の佐橋准教授はトランプ大統領は株価を見ながら仕事をしていると評価しながらも、来年にかけて輸出管理・投資規制が本格化するものの官僚が行うのでブレーキがあると見られるとしている。また、中国の情報機関がオーストラリアの国会議員選挙に候補者を擁立しようとしたとの報道について、神田外語大学の興梠教授はニュージーランドでは人民解放軍の情報関係の学校教師が議員になっていると指摘し、佐橋准教授は中国は相手の気持を金などで掴んで思想を広めていると指摘している。


第一生命経済研究所

西濱徹さんは、反政府デモ激化によるAPEC首脳会議中止などの中南米の混乱について触れ、「SNSの普及で情報がすぐに伝達する流れによって中南米版アラブの春になるのではないかとの見方も出ている」などと述べた。”双子の赤字”抱える中南米の経済成長率は右肩下がりでインフレ率は上がり続け、人々の生活が苦しくなって来ている。財政赤字を縮小する為に公共料金を上げたことでエクアドルやチリで反政府デモが起こった。国民の不満に火をつける格好になった。通貨安進む中南米は輸入物価を通じたインフレへの波及が懸念される。ある種、左派勢力の結集がリスク要因になる可能性を考えなければならない。外貨準備は潤沢にあるので過度に悲観する必要性は低いと捉えている。反米色が強まる可能性に注意…などとの見方を述べた。


第一生命経済研究所

ブラックフライデー アマゾンも日本で初開催。渋谷FATBURGER、チーズバーガーが半額。Gapフラッグシップ銀座、最大50%オフ、先着100名で店内セーターがどれも100円。アメリカで11月に行われる大型セール「ブラックフライデー」、売り上げが黒字になることなどから呼ばれる。日本では11月は例年消費が落ち込む、イベントで販促セールをしやすくなる。アマゾンも参入、黒にまつわる商品がセールに。アマゾン出店の精肉店福寿館はいばら本店、黒毛和牛をセール対象に。増税の反動でネット売り上げがおちたため期待を寄せる。3年前から大規模セールを行うイオン、半額商品を去年の1.5倍に。年末にかけて過度な値下げ競争に繋がる恐れも指摘。小売業者には戦略が求められている。


第一生命経済研究所

一昨日午後6時韓国大統領府がGSOMIAの凍結を発表したが、日本側韓国側で主張が食い違っている。日本は韓国側が折れた、としている。韓国は日本が輸出管理問題の協議に応じている間、GSOMIAの終了を延期すると発表している。日韓それぞれが自国の立場で解釈している模様。凍結の裏にはGSOMIAファイターの極秘訪米があったという。キム・ヒョンジョン氏は18日から訪米。外交・安保担当者らと面会し、日本の輸出管理問題への協力を要請した。そこで米からの圧力を受けたのではないかと考えられている。アメリカ上院ではGSOMIA破棄を見直す決議案を満場一致で採択したことが、追い打ちをかけたと磐村氏は語った。ムン・ジェインの岩盤支持層は78%がGSOMIA破棄を支持している。そのため、破棄凍結での懸念として「岩盤支持層の離脱」があるとされる。一方、破棄していた場合は韓国経済に打撃が入ったのではと予想されている。韓国の現在の一番の関心は経済問題であり、4月に行われる総選挙でも経済問題が争点となると磐村氏は予測する。


第一生命経済研究所

西野麻央さんは妊娠中体重が79キロまで増加し筋トレを始めた。現在はは47キロまで減量。西野さんは自宅で筋トレをしており腹筋・太ももなどを毎日20分鍛えている。筋トレは日本経済にも良い影響があるといい長濱氏は「社会保障の負担も減らせる可能性がある」などと話した。長濱氏も週に1〜2回筋トレをしている。


第一生命経済研究所

濱田吉也さんは前職場でのストレスが原因で体重は122キロに。筋トレに励んだ結果50キロの減量に成功。現在は施工管理技士セミナーの講師をしており、筋トレで仕事もスキルアップした。現在の会社では仕事の空き時間にジムに行くことも出来る。濱田は「体が変化していくことが自信が出てくる」等と話した。Twitterで経過も公表している。筋トレで前向きになる男性は多く第一生命経済研究所の長濱氏は中高年が筋トレにハマる理由を「うまくいかないことが増える中、筋トレは確実に成果が出る」などと分析。