ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一生命経済研究所」の検索結果

「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報 101件中 1〜10件目

「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

パラリンピック

続いて、消費生活評論家の岩田氏が注目したのは6月30日で終了する「キャッシュレス決済のポイント還元」。この制度は、消費増税の対策として去年10月から開始したもので、コンビニや中小の店舗でキャッシュレス決済した場合のみ2%または5%のポイント還元が受けられるものだ。半年後の終了を控え、今から備える術について岩田氏は「トイレットペーパーや洗剤など生活必需品をポイント還元があるうちに購入しておくことが大事」などと話している。さらに、第一生命経済研究所の永濱氏は、9月〜来年3月まで実施予定の「マイナポイント」に注目。マイナンバーカード所有者が最大2万円までキャッシュレス決済などした場合、約5000ポイントがもらえるというもの。永濱氏は、マイナンバーカードの普及率は現在でも2割に満たないといい、早めの発行を呼びかけている。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

東京オリンピック

続いて、消費生活評論家の岩田氏が注目したのは6月30日で終了する「キャッシュレス決済のポイント還元」。この制度は、消費増税の対策として去年10月から開始したもので、コンビニや中小の店舗でキャッシュレス決済した場合のみ2%または5%のポイント還元が受けられるものだ。半年後の終了を控え、今から備える術について岩田氏は「トイレットペーパーや洗剤など生活必需品をポイント還元があるうちに購入しておくことが大事」などと話している。さらに、第一生命経済研究所の永濱氏は、9月〜来年3月まで実施予定の「マイナポイント」に注目。マイナンバーカード所有者が最大2万円までキャッシュレス決済などした場合、約5000ポイントがもらえるというもの。永濱氏は、マイナンバーカードの普及率は現在でも2割に満たないといい、早めの発行を呼びかけている。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

大阪・関西万博

令和の経済について考える。消費税引き上げ、東京オリンピック、団塊世代が75歳以上の後期高齢者に突入、新札発行、大阪関西万博、リニア中央新幹線開通、3人に1人は高齢者になる、シンギュラリティに到達するのではとピックアップした。サコ氏は世界と日本が一緒になっていく時代に感じると話した。第一生命経済研究所の永濱氏は1964年のオリンピック、万博同様に今回もオリンピック後に反動が起き、その後の万博で盛り上がるのではと話した。今後職につかない人も増える、社会保障制度を変える必要があると解説した。少子高齢化とAI化についてトークした。高齢化でも働いていくのもいいのではと話した。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

東京オリンピック

令和の経済について考える。消費税引き上げ、東京オリンピック、団塊世代が75歳以上の後期高齢者に突入、新札発行、大阪関西万博、リニア中央新幹線開通、3人に1人は高齢者になる、シンギュラリティに到達するのではとピックアップした。サコ氏は世界と日本が一緒になっていく時代に感じると話した。第一生命経済研究所の永濱氏は1964年のオリンピック、万博同様に今回もオリンピック後に反動が起き、その後の万博で盛り上がるのではと話した。今後職につかない人も増える、社会保障制度を変える必要があると解説した。少子高齢化とAI化についてトークした。高齢化でも働いていくのもいいのではと話した。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

第86回自由民主党大会

第86回自由民主党大会で、首相は都道府県の6割が自衛隊の新規募集への協力を拒否している悲しい実態があると安倍総理は述べた。石破茂元防衛相はそれに反論。憲法と自衛官募集は無関係だという。毎月勤労統計調査の結果について、菅官房長官が激怒したという報道があった。しかし、激怒はしていないと菅官房長官が国会で述べた。2015年公表の調査結果では、平均賃金が低下。アベノミクスが疑われかねない統計結果だった。2-3年にいちど、事業所サンプルを入れ替えている。2015年6月に厚生労働省に検討会が設置された。3分の1ず入れ替える方法を検討。これにより賃金下げ幅が小さくなる。第一生命経済研究所のエコノミストは、議論が先送りされたという。厚労省は3分の1ずつを導入した。平均賃金は大きく上昇した。小川淳也衆院議員はなんらかの政治的力学が働いたのではないかと意見した。2015年3月に、当時の首相秘書官が厚労省に問題意識を伝えていた。前首相秘書官は、政府に不正をとらせるものではなかったと国会で発言した。

野党が問題視しているのは、「悪夢のような民主党政権」発言、自衛隊と憲法改正、統計不正問題の3つだ。統計については疑わなかったと田中さんがいう。「悪夢のような民主党政権」という発言については自民党政権の失敗が招いたことだという。仲間内の発言だっただろう。自衛隊と憲法改正については安部政権の権限拡大につながるという。政府与党は、一貫性のなかった態度を改める必要がある。民主党政権は悪いところはたくさんあった。悪夢は単なる悪口だ。二大政党制は大切だ。民主党政権が「悪夢」だったのかは疑問だと青木さんがいう。言論の自由は、強者に対して市民がいうことだ。首相としての品性をたもってほしい。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

東京五輪

当時の熱狂をもう一度願うため、大阪市では万博開催決定前夜祭が開催され、バブリーダンスで一世風靡した登美丘高校のダンス部が参加。大阪魅力を表現した「万博ダンス」を披露した。国際博覧会2025年の開催候補地は大阪以外にロシア・エカテリンブルクとアゼルバイジャン・バクーが立候補し、今夜23日にフランス・パリでBIEが総会を開き投票で決定する。大阪が掲げるテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」で人工知能などの技術をアピールしている。第一生命経済研究所の永濱さんは東京五輪が開催された後は経済が停滞することになるがここで大阪万博が開催となると経済の落ち込みが軽微にとどまり、2025年に向けて計器が回復しやすい環境になると思うなど話す。結果発表は日本時間で午前0時以降になる。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

万博開催決定前夜祭

当時の熱狂をもう一度願うため、大阪市では万博開催決定前夜祭が開催され、バブリーダンスで一世風靡した登美丘高校のダンス部が参加。大阪魅力を表現した「万博ダンス」を披露した。国際博覧会2025年の開催候補地は大阪以外にロシア・エカテリンブルクとアゼルバイジャン・バクーが立候補し、今夜23日にフランス・パリでBIEが総会を開き投票で決定する。大阪が掲げるテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」で人工知能などの技術をアピールしている。第一生命経済研究所の永濱さんは東京五輪が開催された後は経済が停滞することになるがここで大阪万博が開催となると経済の落ち込みが軽微にとどまり、2025年に向けて計器が回復しやすい環境になると思うなど話す。結果発表は日本時間で午前0時以降になる。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

国際博覧会2025

「太陽の塔」などが展示された1970年開催の「大阪万博」。大阪万博には来場者6400万人以上が訪れ未来への期待などされた。万博では70以上の国と地域が参加しパビリオンで異文化に触れ大興奮するようすもあった。特にアポロ計画で米が持ち帰った「月の石」には見物客が殺到した。また、万博のテーマは「人類の進歩と調和」で当時の最先端技術として「電気自動車」や「テレビ電話」などが展示された。

当時の熱狂をもう一度願うため、大阪市では万博開催決定前夜祭が開催され、バブリーダンスで一世風靡した登美丘高校のダンス部が参加。大阪魅力を表現した「万博ダンス」を披露した。国際博覧会2025年の開催候補地は大阪以外にロシア・エカテリンブルクとアゼルバイジャン・バクーが立候補し、今夜23日にフランス・パリでBIEが総会を開き投票で決定する。大阪が掲げるテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」で人工知能などの技術をアピールしている。第一生命経済研究所の永濱さんは東京五輪が開催された後は経済が停滞することになるがここで大阪万博が開催となると経済の落ち込みが軽微にとどまり、2025年に向けて計器が回復しやすい環境になると思うなど話す。結果発表は日本時間で午前0時以降になる。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

パラリンピック

築地市場の解体工事は全155棟で行われ、2020年2月末までの予定となっている。ひさしや看板、ガードマンの詰め所などは来週前半までに解体される。来月4日に環状2号線の暫定ルートが開通予定のため、急ピッチでの作業となっている。環状2号線は総延長約14kmの道路で、現在は新橋まで繋がっている。新橋-築地間は現在工事中。豊洲への混雑緩和が目的とされる。完全開通は2年遅れの2022年度の予定。第一生命経済研究所の永濱氏によると「新旧市場の架け橋となる。交通の利便性の高まりから外国人観光客誘致につながる」などとコメント。森永氏は「完全開通すれば戦後最後の再開発が終わる。経済効果は約5000億円になるのでは」などとコメント。暫定ルートは迂回しているため、第2段階として2020年3月までには往復2車線となる予定。最終段階は2022年度に本線トンネル4車線、側道2車線を開通させる予定となっている。4ヶ月後には東京オリンピック・パラリンピックが迫っているため、間に合わせたい考え。解体後の廃棄物は大部分がコンクリート廃材で、約20万トンだという。4分の1は2020年東京五輪の車両基地を建設する際に、敷地の凹凸をならす敷設材として再利用する方針。牧野氏は「これだけの作業に使われるトラックの渋滞なども考え、水上で築地から隅田川を使って運ぶことも検討されている」などとコメント。


「第一生命経済研究所」に関連するイベント情報

東京オリンピック

築地市場の解体工事は全155棟で行われ、2020年2月末までの予定となっている。ひさしや看板、ガードマンの詰め所などは来週前半までに解体される。来月4日に環状2号線の暫定ルートが開通予定のため、急ピッチでの作業となっている。環状2号線は総延長約14kmの道路で、現在は新橋まで繋がっている。新橋-築地間は現在工事中。豊洲への混雑緩和が目的とされる。完全開通は2年遅れの2022年度の予定。第一生命経済研究所の永濱氏によると「新旧市場の架け橋となる。交通の利便性の高まりから外国人観光客誘致につながる」などとコメント。森永氏は「完全開通すれば戦後最後の再開発が終わる。経済効果は約5000億円になるのでは」などとコメント。暫定ルートは迂回しているため、第2段階として2020年3月までには往復2車線となる予定。最終段階は2022年度に本線トンネル4車線、側道2車線を開通させる予定となっている。4ヶ月後には東京オリンピック・パラリンピックが迫っているため、間に合わせたい考え。解体後の廃棄物は大部分がコンクリート廃材で、約20万トンだという。4分の1は2020年東京五輪の車両基地を建設する際に、敷地の凹凸をならす敷設材として再利用する方針。牧野氏は「これだけの作業に使われるトラックの渋滞なども考え、水上で築地から隅田川を使って運ぶことも検討されている」などとコメント。