ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一生命経済研究所」の検索結果

「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館 9件中 1〜9件目

「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

ホテル雅叙園 東京

スタジオトークで、中国が投資した日本の不動産は北海道・星野リゾートトマム、ホテル雅叙園東京などがある。しかし、今年から中国政府は海外投資の規制をしている。今年の上半期は半減しているが、第一生命経済研究所エコノミストの西濱徹は個人投資は抜け穴を見つけて統計に出ない投資していることもあると指摘。後藤康浩は今は中国企業が日本で工場を建ててメイドインジャパンに投資しているとした。


「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

グランドプリンスホテル新高輪

グランドプリンスホテル新高輪では高級シャンパン「ドンペリ」を使った3万円のかき氷「ドン ペリニョンかき氷」を今月から始めた。また、ベニースーパー佐野店などでは缶飲料の売れ行きが好調だが、飲料の出荷とともに、飲料の缶の原材料に使われるアルミニウムの出荷も伸びているという。第一生命経済研究所の永濱氏の試算では、7月の日照時間が平年比で約2割延びたことで、経済効果は1,400億円、GDP成長率に換算すると年間1.2%押し上げた可能性があると試算する。


「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

ヒルトン東京

東京五輪開催で景気上昇が期待されているが安倍首相が来月1日に消費増税の決断することになっているということを説明した。

東京五輪開催が決まり昨日の株価は大幅上昇するなど早くも五輪特需に反応している。東京・江東区にあるモデルルームでは選手村や会場が実地されるということで早くも客が詰めかけていた。7年間で3兆円、15万人以上の雇用が見込まれているという。

観光業界も期待が大きいということでヒルトン東京の小川和子副総支配人は非常にうれしいなどと話していた。2020年の日本へは外国人客が2500万人見込まれているといい小川副総支配人は「おもてなし」がキーワードになると述べた。そして東京・大手町の1等地に開業予定の「星野リゾート」の星野佳路代表は日本旅館を復活させたいなどと話していた。

日本旅行・桑名美保マネージャーは五輪が起爆剤になることは間違いないと期待しており、セコムの安田稔部長は東京五輪が安全安心を打ち出しているためこれまでの経験とかノウハウを活かしてお役に立てるのではと話していた。

東京五輪の期待感について安倍総理は会見でデフレ経済脱出に向け東京五輪開催が起爆剤にしたいと述べている。麻生副総理も五輪によって気分がいいじゃないかと期待しているコメントをしていた。

昨日は消費増税の判断とされている4月から6月のGDP改定値が発表された。成長率が3.8%と前年度のマイナス1.2%より大幅に増えており去年の10月から12月期から連続のプラスで増税に向け整いつつあるという。政治家は記者たちに当然良い条件だと述べており安倍首相が予定通り決断するか注目されている。

消費増税の判断について第一生命経済研究所・永濱利廣氏が解説した。永濱氏は五輪開催が決まったからといって増税しやすくなったと考えるのは危険だと話し、過去のケースではマーケットは五輪開催が決まっても長続きしないのが経験則などと述べた。そして政治家は来月発表の日銀短観で最終判断をする予定だという。


「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

東京プリンスホテル

各社が高額な商品を次々と販売している。マクドナルド渋谷東映プラザ店では、日本マクドナルドの原田CEOが「クォーターパウンダー・ジュエリー」の販売を宣言した。価格は単品で1000円。吉野家はバージョンアップした「牛カルビ丼」と「ねぎ塩ロース豚丼」を発表。値段は「牛丼(並盛)」より200円高くなっている。門脇専務は、「バリューある商品に仕上げている」と話した。一方松屋も、明後日からこれまでで最も高価な「唐揚げ丼」を新発売する。

東京プリンスホテルの「森の中のビアガーデン」では、一人1万円のバーベキューセットを販売している。今年始めたセットで、客の3割が注文するという。東京プリンスホテルの佐藤さんは、「客のプチ贅沢・質重視が背景にあると思う」と話した。あるアンケートでは、81%の人が「プチ贅沢をすることがある」と答えている。

日本橋高島屋では、プチ贅沢志向からギフトで 「ドライプレミアムセット」が人気だという。日本橋高島屋の林さんは、「ワンランク上のものを差し上げたいという気持ちから人気だと思う」と話した。アサヒビールによると、6月11日発売から売上は好調だという。アサヒビールの菅原さんは、「販売好調で売上目標を上方修正している。その目標の7割もすでに到達している」と述べた。第一生命経済研究所の永濱エコノミストは、「景気回復が持続すれば、もっと高額な商品についても売れてくる」と話した。


「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

浅草ビューホテル

井上貴博が見逃せないニュース単語「東京スカイツリー1周年」について解説した。5月22日に1周年を迎える東京スカイツリー、20日には展望台来場者数が634万人を突破、全体としては5000万人を突破した。これは年間来場者数が東京ディズニリゾートは2750万人に対して東京スカイツリーと東京ソラマチ全体で5000万人というもの。しかし墨田区の34商店街にアンケートを取ると客足が落ちたとの答えが73.5%にのぼり、第一生命経済研究所・永濱利廣は二極化が進んでいると分析している。

井上貴博がスカイツリー効果がある例について解説。東武鉄道では営業利益が525億円、そのうちスカイツリー効果は153億円とみられている。そしてJTB西日本では下町ツアーなど前年の2倍以上となり、浅草では松屋浅草の売上が8.5%、日光東照宮の参拝客が180万人増えるなどした。さらに朝日新聞によると綜合警備保障の売上も3.6%増となり、永濱利廣は相乗効果で経済効果が大きくなっていると分析した。

またスカイツリーのライトアップのバリエーションは開発者曰く1600万色以上が可能で永濱利廣はPR活動が上手で今後色々な分野に波及していくと話している。またグルメに関して、「タワー丼」などがあったが1周年記念メニューとして「カプチーノ」や「うなぎ丼」が登場する。さらに台東区浅草1丁目は都内商業地で地価上昇率1位となり、プロポーズする人が増えている(産経新聞)

一方で、井上貴博がスカイツリー効果に疑問点がある例について解説。墨田区の商店街では来客数が開業後に減り、売上も67.6%減ってしまっている。特に生鮮食品店などは閉店するところもある。それらの対策として地元では、まち歩きガイドマップをつくったり、明日からガイドツアーが始まり、おしなり商店街は観光バスに手を振る運動を活動を行なっている。墨田区商店街連合会・その他一般人は手をこまねいて待っていてはダメ、小さいことから始めるのが大事と話している。

また東京スカイツリーでは、1月14日に落雪で周辺住宅の屋根に被害が出た。さらに3〜4月は強風により年間3日休業した。そして竣工式や開業など記念日は大雨となっていて、22日の1周年記念日は午前5時現在で雨ときどき曇りとなっている。永濱利廣は、地元と連携を強化してリピーターを維持することが大切だと話している。


「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

ホテルオークラ東京

第一生命経済研究所の永濱氏は、今年のGWのキーワード近場だけど短い間に贅沢をする”高・近・短”だと説明。またJTB調べでは、旅行費用について支出を増やしたいという人が25.1%もいるという。また豪華客船サン・プリンセス号に乗るプランなど高額なプランも人気となっている。さらにホテルオークラ東京では1泊1室25万円のプランが用意されているとのこと。

今年のGWは前半3連休、後半4連休の分断型になっている。そこでGWに旅行をする人300人にアンケートを取ったところ、前半も後半も国内旅行に行くという人が一番多かった。
旅行者が多い一方で、永濱氏は住宅展示場やモデルルームなども意外な人気スポットとなっていると紹介。消費税増税などに関係して購入を急いでいる人が多いという。プラウドタワー武蔵小杉マンションギャラリーのその他一般人所長は、購入を決断するスピードが早まってきたと話している。

最後に気象予報士のアナウンサー・キャスター・リポーター氏によるGWの天気予報を紹介。後半も行楽日和となる予報だ。


「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

京王プラザホテル

今年のゴールデンウィークは昨年の終わりから進んだ円安の影響で国内旅行をする人が増えている。また、東京台東区の浅草寺雷門や原宿の竹下通りなどの人気観光スポットでは大勢の外国人の姿が見られており、中央区の松坂屋 銀座店でも同じ現象が見られ、新宿の京王プラザホテルなどホテルでは高級プランが注目されている。第一生命経済研究所の嶌峰義清はアベノミクスの効果の円安効果だというが、雇用が増えるかどうかは別問題だとしている。


「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

シャングリラホテル東京

今日の円相場は3年11か月ぶりに1ドル99円台後半まで下落。この円安の影響で外国人観光客の数が急増している。はとバスやシャングリラ・ラホテル東京などでもこれらの影響で客が増えている。国内でも、JTBによるとGWに旅行を計画している人は約2280万人となる。人気観光地は、スカイツリーや東京ディズニーランドなど。福島の旅館「今昔亭」でも例年に比べ早い段階での予約が相次いでいる。

第一生命経済研究所の永濱氏によると、円安は長期的に120円台をつけると予想。輸入に頼っている企業にとってはこの円安は大打撃となってしまう。100円ショップの田口社長は、既に仕入れ値が10%程度値上げしており工夫して対応している。荻原博子氏によると、衣食住全てが値上がりするとコメント。


「第一生命経済研究所」に関連するホテル・温泉旅館「第一生命経済研究所」に関連する観光・地域情報

サクラホステル浅草

昨日の株式市場はほぼ全面高で、東京外国為替市場は1万3192円59千と今年一番の高値となった。これは、2008年のリーマンショック前の水準。株価高騰の影には円安があり、一時1ドル=99円台と3年11か月ぶりの円安水準となった。今、円安により外国人観光客が増えていて、東京・銀座に多くの外国人観光客の姿があった。日本政府観光局によると、2月に日本を訪れた外国人観光客は約73万人で、前年同と比べ33%増加している。東京・台東区のサクラホステル浅草では外国人観光客の増加により満室が増え9割が外国人客と占められている。

円安で海外旅行が高くなるため、好調なのが国内旅行。JTBによるとゴールデンウィークの国内旅行者数は過去最高の2223万人と見込んでいる。日本旅行でもアミューズメント施設を中心とした国内旅行への予約が相次いでいる。東京・葛飾区の有限会社千葉精螺では自動車メーカーからの受注を受けナットなどの金具を製造していて、円安の影響により徐々に受注額が増えている。しかし、今までのリーマンショックがひどすぎたため、回復には時間がかかると千葉社長が語った。

円安により輸入品が値上がりする現象が起きていて、東京・港区のニッシンワールドデリカテッセンでは輸入チーズなどの乳製品の値段が上がっている事を横山支配人が語った。この円安が日本経済にとってプラスなのか、第一生命経済研究所主席エコノミストの永濱利廣さんが「全体でみると今のところはプラスいなっている」などと語った。