ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一生命経済研究所」の検索結果

「第一生命経済研究所」に関連する情報 3128件中 11〜20件目

第一生命経済研究所

昨日午後5時過ぎ大塚家具の社長らが会見を開きヤマダ電機と提携することを発表した。ヤマダ電機は大塚家具の第三者割当増資を引き受け取得金額約40億円で子会社化する方針。専門家はヤマダ電機はカジュアル路線を貫くための最良のパートナーと判断したと分析。っぽうヤマダ電機は高級志向の顧客を取り込めるというメリットがあるという。大塚家具創業者の父は今回の子会社化について「残念」と話している。久美子社長は引き続き続投する意欲を語り山田会長は「チャンスを与える」と話した。


第一生命経済研究所

専門家は2019年はコンビニ業界が大きく変わった年だと振り返る。コンビニの24時間問題が背景にあり、人手不足が進んでいるため、厳しい労働環境を見直さざるを得なくなるような年だったと指摘。元日にコンビニが休みだったらと町で調査すると賛成意見もあるが、困るという反対意見も出ていた。スーパーなどでは年始の連休も広がりつつある。近い将来元日の姿ががらりと変わるかもしれない。


第一生命経済研究所

国家公務員の冬のボーナスが2年連続で減少。支給額は管理職を除く行政職員で平均68万7700円、職員の平均年齢が0.5歳下がったことなどが影響した。民間のシンクタンクは去年よりも減少すると予想、平均の支給額は約38万としている。政府は「緩やかに回復している」との判断を維持。しかし街からは貯蓄するとの声が多く聞かれた。

世界と比べると日本の賃金は異常とも言える状況。OECDの調査によると日本の実質賃金は1997年の水準と比べ10%ほど低下。対照的にアメリカなど欧米などでは上昇傾向にある。給料が思うようにあがらないと消費者はお金を使わない、結果物価は低迷。企業の売上も伸びない。売上が伸びなければ企業は給料をあげることも出来ず負の循環が続く。「ダイソー原宿店」で買い物するのが目立つのは外国人観光客、ダイソーは世界各国に店舗があるものの日本で100円の商品がフィリピンでは190円、タイでは210円と日本よりも高い。ダイソーだけでなく、東京ディズニーランドの1日券もカリフォルニアやパリなどと比べるとお得な値段。外国人旅行者にとって日本は安くてお得な国という面がある。しかし、上がらない賃金と安い物価の負の循環は日本経済にとって好ましいことではない。専門家は「海外との経済力の格差が今以上に広がってしまうリスクがある」と指摘した。


第一生命経済研究所

サブスクについて会員制の定額サービスで新語・流行語大賞にノミネートされたと説明された。このサブスクで一番人気だったサービスが昨日発表されたという。「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」の初のグランプリにはトラーナの「トイサブ!」という月額3674円でプロが選んだ子供用知育玩具の貸し出しサービスが選ばれた。大きくなると小さい時に買ったオモチャを使わなくなるが新しく買わずに済み、場所を取らないのがいいところだと利用者の山本さんは語った。第一生命経済研究所の永濱氏は「サブスクリプションのサービスが広がってきているので最近はより生活に密着するサービスが増えてきている」と述べた。実際に使用している松本夫婦は結婚などがまとまってやってきたがソファやテーブルなど全部買えば32万円のところ月額1万2000円と初期費用が抑えられたという。また子どもが生まれた時に家具を考えた際にもサブスクであれば替えやすいと語った。


トイサブ!

サブスクについて会員制の定額サービスで新語・流行語大賞にノミネートされたと説明された。このサブスクで一番人気だったサービスが昨日発表されたという。「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」の初のグランプリにはトラーナの「トイサブ!」という月額3674円でプロが選んだ子供用知育玩具の貸し出しサービスが選ばれた。大きくなると小さい時に買ったオモチャを使わなくなるが新しく買わずに済み、場所を取らないのがいいところだと利用者の山本さんは語った。第一生命経済研究所の永濱氏は「サブスクリプションのサービスが広がってきているので最近はより生活に密着するサービスが増えてきている」と述べた。実際に使用している松本夫婦は結婚などがまとまってやってきたがソファやテーブルなど全部買えば32万円のところ月額1万2000円と初期費用が抑えられたという。また子どもが生まれた時に家具を考えた際にもサブスクであれば替えやすいと語った。


トラーナ

サブスクについて会員制の定額サービスで新語・流行語大賞にノミネートされたと説明された。このサブスクで一番人気だったサービスが昨日発表されたという。「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」の初のグランプリにはトラーナの「トイサブ!」という月額3674円でプロが選んだ子供用知育玩具の貸し出しサービスが選ばれた。大きくなると小さい時に買ったオモチャを使わなくなるが新しく買わずに済み、場所を取らないのがいいところだと利用者の山本さんは語った。第一生命経済研究所の永濱氏は「サブスクリプションのサービスが広がってきているので最近はより生活に密着するサービスが増えてきている」と述べた。実際に使用している松本夫婦は結婚などがまとまってやってきたがソファやテーブルなど全部買えば32万円のところ月額1万2000円と初期費用が抑えられたという。また子どもが生まれた時に家具を考えた際にもサブスクであれば替えやすいと語った。


日本サブスクリプションビジネス大賞2019

サブスクについて会員制の定額サービスで新語・流行語大賞にノミネートされたと説明された。このサブスクで一番人気だったサービスが昨日発表されたという。「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」の初のグランプリにはトラーナの「トイサブ!」という月額3674円でプロが選んだ子供用知育玩具の貸し出しサービスが選ばれた。大きくなると小さい時に買ったオモチャを使わなくなるが新しく買わずに済み、場所を取らないのがいいところだと利用者の山本さんは語った。第一生命経済研究所の永濱氏は「サブスクリプションのサービスが広がってきているので最近はより生活に密着するサービスが増えてきている」と述べた。実際に使用している松本夫婦は結婚などがまとまってやってきたがソファやテーブルなど全部買えば32万円のところ月額1万2000円と初期費用が抑えられたという。また子どもが生まれた時に家具を考えた際にもサブスクであれば替えやすいと語った。


第一生命経済研究所

三菱東京UFJ銀行が一定期間取引がない休眠口座から手数料を取るという案を検討している。三菱東京UFJ銀行が検討しているのは、来年秋以降新規に開設され、2年間取引がない口座に対し年間1200円程度の手数料をとると言う案。手数料をとる理由について専門家は「休眠口座でも維持管理手数料が年間2000〜3000円かかるため、休眠口座をなくすとコスト削減に繋がる」と指摘。すでに開設済みの口座については手数料の検討はしていないという。三井住友銀行とみずほ銀行は休眠口座からの手数料はとっていないし検討もしていないという。りそな銀行は既に開設済みの口座から条件付きで手数料をとっているという。対象は2004年4月1日以降に新規開設した口座で2年以上取引が一度もないもの。口座をもっていることを再認識してもらうための対策として通知から3か月以内に再利用や解約がない場合、年間1320円の手数料を徴収している。金融庁のデータによると10年間取引されないままの休眠口座は金融機関全体で約779万口。預金額は毎年約700億円にのぼるという。休眠預金等活用法により今年から社会的な課題の解決に休眠預金が活用されるようになるという。


第一生命経済研究所

第一生命経済研究所の藤代宏一は、今週の日経平均予想レンジを23100円〜23600円と予想。


第一生命経済研究所

第一生命経済研究所の藤代宏一さんは、今週1周間の予想レンジを12,100円〜12,600円と予想。注目ポイントは「アナリスト予想を予想する」とし、日々の株式市場をみていて、アナリストが業績株価などを引き上げると、実際の株価が上昇するのはよくある。これはあくまでアナリストの予想にすぎないが、実際の投資では重要となってくる。そこで注目するのは、「リビジョンインデックス」という指標で、アナリストの業績予想を示したもので、現在はこれは上向きで、これが9月以降の株価の一因といえる。アナリスト予想が上向きなことについて、アナリスト予想改善を裏付けるマクロ指標(製造業PMI、新規受注・在庫バランス)に一致するとし、アナリストの予想はこのタイミングで上向く。最近はIT関連を中心に、在庫が減りつつあるなか、アメリカと中国はもちなおしの兆しがでている。先行きは輸出に助けられる形で受注在庫が好転し、アナリストの業績見通しの情報修正も続く可能性がある。と、なると、日本株は年末に向けて、基本的には製造業を中心に堅調と思われる。IT関連以外のセクターでは、自動車等の業績が弱いところが目立つ。24000の到達はこれら業種の回復が条件になるなど解説した。