ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一生命経済研究所」の検索結果

「第一生命経済研究所」に関連する情報 3132件中 51〜60件目

第一生命経済研究所

株の見通しは第一生命経済研究所・藤代さん。予想レンジを23,050〜23.250えんとし、「米中通商交渉が難航しているという報道が相次ぎ、アメリカ株は下落。日本株も輸出関連株に利益確定売りが出やすいものの下値は固い」とみている。


第一生命経済研究所

第一生命経済研究所・藤代さんは予想レンジを23,050〜23,250円とし、「ここへ来て米中の通商交渉の不透明感がまた強まってきているので、これまで買われてきた輸出関連銘柄の売りが出やすいと思う。一方で昨日までの続落を踏まえると、下値ではある程度の買いが期待できるので堅調な展開を予想している」とコメントした。また注目ポイントに「前年比マジック」と挙げ、「一般的に市場関係者は企業収益やマクロ環境を分析する際に、前の年との比較で伸び率を見ます。ただ前年比での分析は弱点があり、比較対象となる1年前の実績が極端に強かったり弱かったりすると、足元の状況にあまり変化がないにも関わらず前年比の数字が大幅に変動する。株式市場との連動が高い工作機械を見ると、足元で40%近くマイナス。これは2018年10月の水準が非常に強かったことが影響している。足元の受注額は今1,000万円弱。これははっきり言って低調なんですが、仮にこのまま受注額が横ばいで上向かなくても無効数ヶ月は比較対象となる前年の実績が急速に切り下がっていくので、逆に前年比の数値は急激に改善していく。これが前年比マジック。いわゆる『見せかけの改善』なんですが、人々の景況感によって改善するっていうのはよくあるし、また実際の受注額が少しでも上向くと前年比が非常に強くなる」などと解説した。


第一生命経済研究所

株の見通しについて第一生命経済研究所の藤代宏一さんは22,850〜23,150円とし、「FRB・パウエル議長の会見を受けてアメリカ株が上昇したことや、ドル円がおおむね横ばいで推移していることから日本株はきのうの下落を取り戻すような動き」と見ている。


日銀

第一生命経済研究所の藤城さんの日経平均予想レンジは22,850円〜23,150円で、「FOMCで利下げ打ち止めの示唆という材料があがりましたが、アメリカは株価が上昇して為替も横ばいですので、本日の日経平均はきのうの下落を持ち直すと思う」と解説した。きょうの注目ポイントに「ISM製造業の逆襲」とあげ、「明日にかけて日銀会合、雇用統計と重要イベントが多いんですが、ISM製造業景況指数はサプライズを起こす可能性があると思う。10月1日に発表された9月のISMは47.8と驚くほど弱く、日本とアメリカの株価を大きく下押ししたのが記憶に新しい。反対に今月は大幅に改善してポジティブサプライズになる可能性があると思う」などと解説した。


第一生命経済研究所

第一生命経済研究所の藤城さんの日経平均予想レンジは22,850円〜23,150円で、「FOMCで利下げ打ち止めの示唆という材料があがりましたが、アメリカは株価が上昇して為替も横ばいですので、本日の日経平均はきのうの下落を持ち直すと思う」と解説した。きょうの注目ポイントに「ISM製造業の逆襲」とあげ、「明日にかけて日銀会合、雇用統計と重要イベントが多いんですが、ISM製造業景況指数はサプライズを起こす可能性があると思う。10月1日に発表された9月のISMは47.8と驚くほど弱く、日本とアメリカの株価を大きく下押ししたのが記憶に新しい。反対に今月は大幅に改善してポジティブサプライズになる可能性があると思う」などと解説した。


第一生命経済研究所

イギリスで、EUからの離脱をめぐって総選挙が行われることになった。深層NEWSに出演した4人の専門家は、この総選挙を経て、イギリスのEU離脱が実際に行われる確率が高まったとの見方を示した。欧州三井物産の平石ゼネラル・マネジャーは、また、合意なき離脱となる可能性はきわめて低いとの見方を示した。


第一生命経済研究所

トランプ氏のネット戦略について和キャピタルの村松一之さんは「経歴もあるし、カジノやプロレスなど皆の心を掴むような戦略は得意分野中の得意分野」などと述べた。第一生命経済研究所の田中理さんは「情報としてもバイアスかかってる。ブレクジットのシナリオ狂うのはソーシャルメディア見るからかも知れない」などと述べた。


和キャピタル

トランプ氏のネット戦略について和キャピタルの村松一之さんは「経歴もあるし、カジノやプロレスなど皆の心を掴むような戦略は得意分野中の得意分野」などと述べた。第一生命経済研究所の田中理さんは「情報としてもバイアスかかってる。ブレクジットのシナリオ狂うのはソーシャルメディア見るからかも知れない」などと述べた。


フェイスブック

共和党のリーダーであるトランプ氏もネット広告合戦で民主党候補達に大攻勢を仕掛けている。トランプ氏のネット広告活動を主にフェイスブック上で行われ、自身の支持者向けのメッセージが強い広告が目立つと指摘、フェイスブックのアルゴリズムがユーザーに感情的な反応を引き起こすコンテンツを優先的に表示するように設計されており、それがトランプ氏の政治手法に合っていると分析している。トランプ陣営は有権者に具体的な行動を起こすように呼びかける広告や特定の層に向けた広告の試案をいくつも作るなど、広告の技術・開発において民主党に比べはるかに洗練されていると記事は伝えている。(ニューヨーク・タイムズ)

トランプ氏のネット戦略について和キャピタルの村松一之さんは「経歴もあるし、カジノやプロレスなど皆の心を掴むような戦略は得意分野中の得意分野」などと述べた。第一生命経済研究所の田中理さんは「情報としてもバイアスかかってる。ブレクジットのシナリオ狂うのはソーシャルメディア見るからかも知れない」などと述べた。


ツイッター

ニューヨクから中継。トランプ大統領は17日、来年6月のG7を(主要7カ国首脳会議)をフロリダ州マイアミにある自身の親族が経営するゴルフリゾート施設「トランプ・ナショナル・ドラル」で開催すると発表したが、19日に発表を取り下げるとツイッターに投稿した。トランプ政権は、施設は部屋数・空港からの近さなどの条件に基づき複数の候補を検討した中で最適だったと説明、トランプ氏自身が金銭的な利益を得ることはないと主張した。しかし民主党などがG7を開催することで施設の実質的な宣伝になることや経済効果などから利益相反に当たると批判が続出。トランプ大統領は批判に対し「頭がおかしい」と非難しつつも新たな開催地を探すとしている。(ニューヨークタイムズ)

トランプ氏のネット戦略について和キャピタルの村松一之さんは「経歴もあるし、カジノやプロレスなど皆の心を掴むような戦略は得意分野中の得意分野」などと述べた。第一生命経済研究所の田中理さんは「情報としてもバイアスかかってる。ブレクジットのシナリオ狂うのはソーシャルメディア見るからかも知れない」などと述べた。