ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第一生命経済研究所」の検索結果

「第一生命経済研究所」に関連する情報 3128件中 61〜70件目

第一生命経済研究所

第一生命経済研究所・藤代宏一氏の予想レンジは22300円から22650円。日経平均はきのうまで4日続伸。注目ポイントは半導体不況の終わりと説明。在庫調整の進展でIT需要が回復すると予想した。


第一生命経済研究所

各家庭の経済負担額の試算では、50代の負担が5.4万円と、一番増えるという。田崎さんは軽減税率について「最初は4,000億円くらいで、生鮮食料品だけというアイデアだったが、公明党の要請により、1兆円になった」と話し、永濱さんは「税率が安いテイクアウトが増えるため、ゴミが増えるので環境問題に悪い」と話した。また、負担軽減策として、軽減税率を財務省が行い、ポイント還元を経済産業省が行い、プレミアム付き商品券は内閣府が行っており、永濱さんは「バラバラにせずに、給付付き税額控除などの方が望ましい」と話す。山田さんらは「増税後の手当が複雑すぎて困る」「知ってる人が得をして、知らない人が損をするのは違和感がある」などと話した。ポイント還元は来年の6月で終わるため、7月に悪影響を先送りしているだけとも考えられる。日本ではキャッシュレス決済が2割にもいなく、韓国では9割を超え、イギリスも高い割合になっている中で、日本も割合をあげようとする政策をしている。


第一生命経済研究所

政府のポイント還元制度は消費者がキャッシュレスで支払うと還元を受けられるというもので一般の中小店では5%、大手系列フランチャイズ店では2%の還元を受けられる。PayPayではポイント還元制度の開始から2か月間追加で5%を還元するという。


第一生命経済研究所

企業側はサブスクリプションだと継続的な契約で安定した収入が得られる。参入者が増え競争が激化するため付加価値やサービス向上が必要。


第一生命経済研究所

5日後から消費税が増税される。店からは増税とはいえ簡単には価格を上げられないとの声があがっているという。そしてこのタイミングで閉店するところもあるという。大手でもサイゼリヤなどは価格据え置きを発表している。据え置きする理由について、老後2000万円問題以降消費者が節約志向になり、キャッシュレスのポイント還元もあるがサイゼリヤはキャッシュレスできないため、価格を上げると太刀打ちできないと考えたのではないかと永濱氏は指摘。すき家は消費者の混乱を避けるために同一価格になるという対応をとっている。この対応をとるために店内飲食価格を実質値下げすることになるのだという。


第一生命経済研究所

プレミアム付商品券広報のために採用されたキャラクターの名前は”確にゃん”。由来は確認とネコをかけ合わせたもの。広報動画はTVCMや内閣府HPで見ることが出来る。ポスターなどは自治体に配布され、病院などさまざまな施設に貼られている。税金の使いみちについて専門家は「経費は抑えるべき」などと話した。確にゃんのCMは2019年7月から流れている。


第一生命経済研究所

フォーエバー21が今月末に国内の全店舗を閉店する事を昨日、発表した。オンラインストアも閉鎖するという。フォーエバー21がは価格の安さ等で人気を博した。ザラ等の日本国内のファストファッションの競争激化やインターネット販売の台頭等が撤退の理由だ。


第一生命経済研究所

スタジオでは、増税前に購入するものの見極めを解説している。増税前の個人消費の推移について、理由は老後資金2000万円問題にあるとしている。10月以降の1年で個人消費が約1兆7000億円落ち込むとみられる。今回の増税で日本はデフレになると専門家は説明している。


第一生命経済研究所

増税に伴うポイント還元制度について。キャッシュレス決済では国の原資から最大5%のポイントが還ってくるため、消費者に寄っては増税前よりお得なケースもある。国の思惑は消費の落ち込みを抑えることと、キャッシュレス決済の普及だとされるが、この制度には来年6月終了という期間が設けられている。ポイント還元終了後について、第一生命経済研究所の永濱氏は「消費落ち込みなど経済への悪影響が懸念される」とし、スタジオの森信氏は実質的に5%負担増となってしまい、消費への影響を考えると何らかの形で還元を続けねばならないという。政府は来年7月以降にはマイナンバーカードとキャッシュレス決済を連動させて、ポイント付与する政策などを検討している。森信氏は結局の所、政府が推進する政策の資金になっていると指摘した。


第一生命経済研究所

石油減産の日本へ影響について第一生命経済研究所所長によると、ガソリンは早ければ今日にも値段が上昇するという。燃油サーチャージ、電気・ガス料金は12月から上昇するとみられる。小倉は「アメリカとイランの関係はどんどん悪くなっている。サウジアラビアもやられたままで黙って見ていられないのでは」などとコメントした。