ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「第68西野丸」の検索結果

「第68西野丸」に関連する情報 53件中 1〜10件目

第68西野丸

第68西野丸は1月26日出港の2月1日帰港予定でベニズワイガニ漁を行っていたが、ロシアの排他的経済水域に入ったとして1月30日にロシアの国境警備隊に拿捕された。今月1日に解放され約1ヶ月ぶりに日本に帰港した。西野丸側はロシア側に担保金を支払ったという。専門家によると「担保金は保釈してもらうための罰金」などと話す。一方で島根県かにかご漁業組合の事務局長は担保金は違法操業を認めるものではないとしている。西野丸側はロシアの国内手続きに基づき、当局と争う考えを示した。


第68西野丸

先月30日に日本海でロシア国境警備隊に拿捕された島根県のカニ漁船「第68西野丸」が解放され約1ヶ月ぶりに日本に昨日戻ってきた。乗組員10人全員が健康とのこと。ロシア当局は違法に漁をした損害賠償・罰金として船側に約6600万円以上を科したという。島根県かにかご漁業組合は乗組員解放のため納付に応じたが、今後ロシア側と争う方針とのこと。


境港

先月30日に日本海でロシア国境警備隊に拿捕された島根県のカニ漁船「第68西野丸」が解放され約1ヶ月ぶりに日本に昨日戻ってきた。乗組員10人全員が健康とのこと。ロシア当局は違法に漁をした損害賠償・罰金として船側に約6600万円以上を科したという。島根県かにかご漁業組合は乗組員解放のため納付に応じたが、今後ロシア側と争う方針とのこと。


第68西野丸

違法操業したとしてロシアに連行されていた第68西野丸の乗組員10人が境港市に戻った。漁業組合は違法操業に当たらないと主張し、ロシアの国内手続きに基づきロシア当局と争う。


第68西野丸

今月1月下旬にロシア国境警備隊に拿捕されたカニ漁船が鳥取・境港市に1ヶ月ぶりに戻ってきた。ロシアは「排他的経済水域で違法に漁をしていた」などと主張している。漁業側は真っ向から反論した。漁業側は今後ロシアの国内手続きに基づいて争う構え。


第68西野丸

ロシアで拿捕から1ヵ月が経ち、鳥取県境港市の西野丸が開放され帰国した。担当の弁護士は「違法操業していたという認識はない」などと話している。


第六十八西野丸

おととい、島根県のカニかご漁船・第68西野丸は拘束されていた乗組員10人と共に解放されけさ鳥取県・堺港に寄港した。乗組員は全員健康に問題はないという。西野丸は1月末ロシアの排他的経済水域で違法操業をした疑いで拿捕されていたが、担当弁護士は排他的経済水域で漁の事実はなく今後法的に争っていくとしている。


境港

おととい、島根県のカニかご漁船・第68西野丸は拘束されていた乗組員10人と共に解放されけさ鳥取県・堺港に寄港した。乗組員は全員健康に問題はないという。西野丸は1月末ロシアの排他的経済水域で違法操業をした疑いで拿捕されていたが、担当弁護士は排他的経済水域で漁の事実はなく今後法的に争っていくとしている。


第68西野丸

日本海で漁をしていて、ロシアの国境警備隊に連行された島根のカニかご漁船の第68西野丸が、約1ヶ月ぶりに鳥取県の境港市に戻ってきた。第68西野丸は1月末にロシアの排他的経済水域で違法に漁をしていたとしてロシア国境警備隊によってナホトカに連行された。日本人の乗組員10人が拘束されていたが開放され、おとといナホトカを出港して帰路についた。島根県かにかご漁業組合はロシアが主張する違法操業にはあたらないという考えを示した。


第68西野丸

かにかご漁船「第68西野丸」は午前6時過ぎ、鳥取県境港に着岸し乗組員10人が約1ヵ月ぶりに降り立った。第68西野丸は今年1月、日本海で操業中に違法操業の疑いでロシアの警備当局に連行された。西野丸はロシア側に保証金を払い開放されたが、かにかご組合は、ロシアと事実関係を争う姿勢をみせている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (53)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (6)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (47)