ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「米田やすみ」の検索結果

「米田やすみ」に関連する情報 92件中 1〜10件目

サンランドリー

客が取りに来ない大量の衣類がクリーニング店を悩ませている。長年放置されている服の中にはバブルの遺産もあった。新宿区の「サンランドリー」の廊下には長期間客が取りに来ない大量の衣類が並んでいた。10年以上前に預けられたという女性用のスーツ・スカートは昔流行っていた派手さが感じられ、また肩パッドの入った服も預けられている。店側に残された手がかりは電話番号だけだが、現在使われていないのことで連絡手段がなくなっている。去年の調査ではおよそ9割の店で客が数ヶ月以上取りに来ない衣類があるとの結果で、最も多い放置品は3〜5年前のもの。およそ6%のクリーニング店では25年以上預かっているものもある。創業80年の店舗にも30年分の衣類が所狭しとおいてあり、スペース確保だけでも経営的にダメージとなっている。米田やすみが見つけた高級毛皮の服は20年以上前に中年女性が預けに来たもの。


「米田やすみ」に関連するレストラン・飲食店

未来食堂

900円の定食が無料で食べられる食堂を取材した。黒字経営の理由には女店主の秘策があった。店の入口に貼られた「ただめし券」を客が取り、それを渡して金を払わずに飲食を済ませていた。客はお金が足りない日などがあるとありがたいシステムだと話す。千代田区にある「未来食堂」では「50分働くと1食無料になる」まかないの仕組みをしている。この手伝いで手に入れたただめし券は自分で使ってもいいし、誰でも使えるように入口のボードに貼ってもいい。食堂のメニューは900円の日替わり定食のみで今日はけんちん汁など。食べた米田やすみは具がたくさん入っていて美味しいなどとコメントした。

午後1時過ぎ、ただめし券を利用した男性は、次に来た時にはまかない体験をしてみたいと話す。食堂にはただめし券がもらえる食堂の手伝いを希望する人も訪れる。この日厨房で手伝いをしていたのは3人で、2人は無料で定食を食べるために働いていた一方で積田寛美は貰ったただめし券を「誰か」のために入り口に貼っていた。積田は去年教員の仕事を退職しており、限られた世界で行き詰まることもあったと話す。ただめし券の表には貼った人がメッセージを残すことができ、一方で裏面には券を使って食べた人が返事を書く。積田は自分の書いた券の裏に感想を見つけると温かくなる、お金以上のものだと話す。ただめし券の利用者は300人を超え、その中には外国人の姿があった。上海から来たというソニアは外国人向けのインターネットサイトでこの食堂の存在を知った。この店は金銭的に苦しい外国人らの駆け込み寺にもなりつつある。

まかないシステムは店主の小林せかいが発案したもので、そこには経営者としてのある考えがあった。人件費を定食の原価で考えると働き手は1時間300円ほどで手伝ってくれるためメリットだと小林は語る。小林は元エンジニアで、どうすれば黒字経営しつつ困った人々に食事を提供できるかを考え、この仕組にたどり着いた。


「米田やすみ」に関連するイベント情報

真夜中の”ピクニック船”

真夜中の”ピクニック船”は午前0時10分に日の出埠頭を出航し東京湾を周回、徹夜で戻ってくる。女性の8割が女性で2人組が多いという。またほとんどの女性は船内に入らずデッキで夜を明かすという。午前1時、ギターの生演奏がスタートしお酒を飲んでいた男性は「酔い方が普段と違う」と話した。午前2時、米田やすみリポーターは乗船前に配布された赤い袋に入った夜食を食べた。午前2時半に横須賀市の沖合で天体観測がスタートした。この日は流星群が観測された。午前3時半からは親しい人と船上を過ごす特別なひとときだ。

午前4時半からモーニングヨガがスタート、米田リポーターも体験した。「ヨガがやりたい」と話していた女性客は寝過ごしてしまっていた。そして午前5時からの朝食タイム。日の出埠頭には午前6時10分に到着した。参加者からは「特別な思い出になった」との声が聞かれた。


日の出埠頭

午前0時過ぎ、日の出埠頭に集まった多くの人の目当ては「シンフォニーモデルナ」が年一度に行う「真夜中のピクニック船」。レストランの場所にテントが張られたり、天体観測などのイベントが盛り沢山だ。夜中に出航ることでいつもとは違う層の客が来るとの発想で始まったという。夜の時間の有効活用以上にレジャー業界では”非日常の体験が出来る”と夜がトレンドとなっている。

真夜中の”ピクニック船”は午前0時10分に日の出埠頭を出航し東京湾を周回、徹夜で戻ってくる。女性の8割が女性で2人組が多いという。またほとんどの女性は船内に入らずデッキで夜を明かすという。午前1時、ギターの生演奏がスタートしお酒を飲んでいた男性は「酔い方が普段と違う」と話した。午前2時、米田やすみリポーターは乗船前に配布された赤い袋に入った夜食を食べた。午前2時半に横須賀市の沖合で天体観測がスタートした。この日は流星群が観測された。午前3時半からは親しい人と船上を過ごす特別なひとときだ。

午前4時半からモーニングヨガがスタート、米田リポーターも体験した。「ヨガがやりたい」と話していた女性客は寝過ごしてしまっていた。そして午前5時からの朝食タイム。日の出埠頭には午前6時10分に到着した。参加者からは「特別な思い出になった」との声が聞かれた。


「米田やすみ」に関連するグルメ情報

鶏王らーめん

東京都千代田区にある「鶏王けいすけ」が紹介された。「鶏王けいすけ」にはどんぶりの大半を占める大きさの鶏肉が入ったラーメン「鶏王らーめん」がある。米田やすみは鶏王らーめんを食べて味を絶賛した。


「米田やすみ」に関連するレストラン・飲食店

東京都千代田区にある「鶏王けいすけ」が紹介された。「鶏王けいすけ」にはどんぶりの大半を占める大きさの鶏肉が入ったラーメン「鶏王らーめん」がある。米田やすみは鶏王らーめんを食べて味を絶賛した。

 (ラーメン、つけ麺)

「米田やすみ」に関連するグルメ情報

いしり

東京都江東区にある「兼吉」が紹介された。「兼吉」ではラーメンに飽きないよう組み合わせが1万種類以上のメニューがあるという。そこで米田やすみは自己流の「胡麻辛・みそ 半熟味玉」を注文した。


「米田やすみ」に関連するレストラン・飲食店

東京都江東区にある「兼吉」が紹介された。「兼吉」ではラーメンに飽きないよう組み合わせが1万種類以上のメニューがあるという。そこで米田やすみは自己流の「胡麻辛・みそ 半熟味玉」を注文した。

 (ラーメン、つけ麺)

「米田やすみ」に関連するグルメ情報

胡麻辛・みそ 半熟味玉

東京都江東区にある「兼吉」が紹介された。「兼吉」ではラーメンに飽きないよう組み合わせが1万種類以上のメニューがあるという。そこで米田やすみは自己流の「胡麻辛・みそ 半熟味玉」を注文した。


ホテルニューグランド

神奈川・横浜にあるホテルニューグランドでは1泊2食でクルージング付きの格安プランが存在。

ホテルニューグランド1階にあるバー「シーガーディアンII」。サザンオールスターの歌にも出てくる横浜で人気のバー。一番人気のカクテルは「YOKOHAMA」。

マリーンルージュはフレンチのコースを食べながら120分のナイトクルージングが楽しめる。

ホテルニューグランドのルームサービス。今回、米田やすみリポーターが選んだメニューはアメリカンブレックファースト。名物のオムレツはここでしか味わえない究極の食感。実食した米田リポーターは「このトロフワな感じは家では真似できない」とコメント。


検索結果の絞り込み