ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「糖尿病」の検索結果

「糖尿病」に関連する情報 8718件中 1〜10件目

総合高津中央病院

動脈硬化の予防で大事なのは、食生活。LDLコレステロールを低下させるには、青魚や大豆などの不飽和脂肪酸の摂取が良い。糖尿病については、野菜から食べることで糖の吸収を抑えるという効果がある。そして大切なのは適度な運動。LDLコレステロール・血糖値・高血圧の改善につながる。


高血圧

動脈硬化の予防で大事なのは、食生活。LDLコレステロールを低下させるには、青魚や大豆などの不飽和脂肪酸の摂取が良い。糖尿病については、野菜から食べることで糖の吸収を抑えるという効果がある。そして大切なのは適度な運動。LDLコレステロール・血糖値・高血圧の改善につながる。


動脈硬化

動脈硬化の予防で大事なのは、食生活。LDLコレステロールを低下させるには、青魚や大豆などの不飽和脂肪酸の摂取が良い。糖尿病については、野菜から食べることで糖の吸収を抑えるという効果がある。そして大切なのは適度な運動。LDLコレステロール・血糖値・高血圧の改善につながる。

閉塞性動脈硬化症を患い、手術を予定している男性。治療法には内服薬などの”保存的治療”や、手術を要する”血行再建治療”があるが、男性は手術を行うことになった。カテーテルを左腕の動脈から入れ、詰まっている左脚の動脈まで挿入していく。局部麻酔で行うため、患者の意識はある。バルーンという器具を使い、カテーテル内から血管を押し広げてから、ステントという金属製の筒を装着し、血管を広げたままにする。ここまで30分で、詰まっていた血管が開通した。すると手術を終えた医師は患者に「今から歩ける?」と問いかけた。


総合高津中央病院

動脈硬化の原因で重要な4つとして、「LDLコレステロール」「糖尿病」「高血圧」「タバコ」を上げた。だが医師は「一番大きい因子は加齢」と解説。また、注意したい現象には、「左右の足の温度が違うこと」「片方の足指の毛が抜けるというものがある。


高血圧

動脈硬化を発症した別の男性。その症状は、脚の冷えから始まった。靴下を履くなど対処をしていたが、次第に足の裏の感覚が鈍くなってきたという。医師の診断は「糖尿病」だった。その血糖値は”意識がなくなることがある”ほどの危険な値。というのも、男性はこの頃、大好きなケーキをご飯のおかずに食べる食生活だったから。食生活を見直し、投薬治療により、現在は血糖値が下がっているという。医師によれば、血糖値が上がっていくと活性酸素が血管の内部に傷をつけてしまい、コレステロールが溜まりやすくなってしまう。男性の足先の冷えや感覚の鈍化は、ヒザ下の動脈硬化が原因だった。冷え性という言葉もあるように、足先の冷えが動脈硬化だと気付けないケースは多く、あまつさえ無症状で発症する恐れもある。場合によっては足の壊死にもつながっていく。そこで医師が勧めるのが、動脈の詰まり具合を調べるABI検査と、血管の硬さを調べるPWV検査。試しに中村昌也が検査したところ、どちらも正常値だった。動脈硬化の原因となるものの理由は他にも、高血圧・タバコがあるが、医師は「発症する人は複数の因子を持っている人が多い」と話している。

動脈硬化の原因で重要な4つとして、「LDLコレステロール」「糖尿病」「高血圧」「タバコ」を上げた。だが医師は「一番大きい因子は加齢」と解説。また、注意したい現象には、「左右の足の温度が違うこと」「片方の足指の毛が抜けるというものがある。


「糖尿病」に関連するグルメ情報

ケーキ

動脈硬化を発症した別の男性。その症状は、脚の冷えから始まった。靴下を履くなど対処をしていたが、次第に足の裏の感覚が鈍くなってきたという。医師の診断は「糖尿病」だった。その血糖値は”意識がなくなることがある”ほどの危険な値。というのも、男性はこの頃、大好きなケーキをご飯のおかずに食べる食生活だったから。食生活を見直し、投薬治療により、現在は血糖値が下がっているという。医師によれば、血糖値が上がっていくと活性酸素が血管の内部に傷をつけてしまい、コレステロールが溜まりやすくなってしまう。男性の足先の冷えや感覚の鈍化は、ヒザ下の動脈硬化が原因だった。冷え性という言葉もあるように、足先の冷えが動脈硬化だと気付けないケースは多く、あまつさえ無症状で発症する恐れもある。場合によっては足の壊死にもつながっていく。そこで医師が勧めるのが、動脈の詰まり具合を調べるABI検査と、血管の硬さを調べるPWV検査。試しに中村昌也が検査したところ、どちらも正常値だった。動脈硬化の原因となるものの理由は他にも、高血圧・タバコがあるが、医師は「発症する人は複数の因子を持っている人が多い」と話している。


糖尿病

動脈硬化を発症した別の男性。その症状は、脚の冷えから始まった。靴下を履くなど対処をしていたが、次第に足の裏の感覚が鈍くなってきたという。医師の診断は「糖尿病」だった。その血糖値は”意識がなくなることがある”ほどの危険な値。というのも、男性はこの頃、大好きなケーキをご飯のおかずに食べる食生活だったから。食生活を見直し、投薬治療により、現在は血糖値が下がっているという。医師によれば、血糖値が上がっていくと活性酸素が血管の内部に傷をつけてしまい、コレステロールが溜まりやすくなってしまう。男性の足先の冷えや感覚の鈍化は、ヒザ下の動脈硬化が原因だった。冷え性という言葉もあるように、足先の冷えが動脈硬化だと気付けないケースは多く、あまつさえ無症状で発症する恐れもある。場合によっては足の壊死にもつながっていく。そこで医師が勧めるのが、動脈の詰まり具合を調べるABI検査と、血管の硬さを調べるPWV検査。試しに中村昌也が検査したところ、どちらも正常値だった。動脈硬化の原因となるものの理由は他にも、高血圧・タバコがあるが、医師は「発症する人は複数の因子を持っている人が多い」と話している。


動脈硬化

動脈硬化を発症した別の男性。その症状は、脚の冷えから始まった。靴下を履くなど対処をしていたが、次第に足の裏の感覚が鈍くなってきたという。医師の診断は「糖尿病」だった。その血糖値は”意識がなくなることがある”ほどの危険な値。というのも、男性はこの頃、大好きなケーキをご飯のおかずに食べる食生活だったから。食生活を見直し、投薬治療により、現在は血糖値が下がっているという。医師によれば、血糖値が上がっていくと活性酸素が血管の内部に傷をつけてしまい、コレステロールが溜まりやすくなってしまう。男性の足先の冷えや感覚の鈍化は、ヒザ下の動脈硬化が原因だった。冷え性という言葉もあるように、足先の冷えが動脈硬化だと気付けないケースは多く、あまつさえ無症状で発症する恐れもある。場合によっては足の壊死にもつながっていく。そこで医師が勧めるのが、動脈の詰まり具合を調べるABI検査と、血管の硬さを調べるPWV検査。試しに中村昌也が検査したところ、どちらも正常値だった。動脈硬化の原因となるものの理由は他にも、高血圧・タバコがあるが、医師は「発症する人は複数の因子を持っている人が多い」と話している。

動脈硬化の原因で重要な4つとして、「LDLコレステロール」「糖尿病」「高血圧」「タバコ」を上げた。だが医師は「一番大きい因子は加齢」と解説。また、注意したい現象には、「左右の足の温度が違うこと」「片方の足指の毛が抜けるというものがある。

動脈硬化の予防法を紹介


妊娠糖尿病

2日に1度のペースでやせ筋エクササイズを行っているやしろ優。32歳になり、そろそろ子どもがほしいという。しかしこの企画での健康確認のためクリニックに行った時、肥満と妊娠は相性が悪いこと、BMIが高いと助産院や産婦人科を断られることがあるなど、太っていることの出産リスクについて聞かされていた。やしろは出産に向けて、しっかり痩せて万全の態勢を整えることを決意した。


カルシウム

名古屋市の給食費が値上げされる方針になった件についてのトーク。2009年度と今年度之給食の例が出され、材料費の高騰によりとんかつがコロッケに変わるなどしたと説明された。また栄養素についても献立を工夫する中で栄養基準を満たすように努力してきたが鉄分、食物繊維、カルシウムの基準が割と高いため苦労しているという。「この点はどうですか、栄養素の部分は」「うーん僕はもう少し食べてもらいたいなと思いますけどね。当然鉄分、食物繊維、カルシウムっていうところは子供の時に大事な栄養素ですからもうちょっと陵とか食材をたくさん使っていただきたいんですが、お金がかかるというところもあると思うので」などと語られた。今回値上げという判断となり、政令指定都市で比べると一番高いのは新潟市、名古屋は最下位だったが600円上がる方針だという。アンケートによるとデザートの回数について増やして欲しいと80%の子供が回答しており、保護者の中では値上げについてやむを得ないという人が70%いたのに対し、しないで欲しいという人も30%いたという。今年度の給食は糖尿病食のようであるなどと述べられ、高騰と言うが給料は10年前からそこまで上がっておらず食材も大きく高騰しているイメージはないなどと語られた。また栄養素だけでなく給食の時間が楽しみになるような感じがあっても良く、味覚の発達もあるため栄養があって美味しいものを食べられれば良いなどと語られた。また3800円は安すぎる、名古屋市がこれまで抑えてきたの努力は大変だったなどと述べられた。また名古屋市はふるさと献立も取り入れていてみそおでんなどもたまに出していたという。