ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「紅まさり」の検索結果

「紅まさり」に関連する情報 12件中 1〜10件目

「紅まさり」に関連するグルメ情報

紅まさり

作り手側も様々な工夫をしており、茨城・行方市の「JAなめがた」では専用の大型倉庫を整備し、秋に収穫したさつまいもの長期・大量保存をしている。年間を通して味の良いさつまいもが流通している。約10年で売り上げは倍以上になっている。おなじみの光景の焼きいも移動販売も変わってきており、スポーツカーを改造して焼きいもの移動販売をする店も出てきている。おなじみの呼び声はなく、これまでの焼きいも販売のイメージが変わってきている。使うのは茨城県産の紅はるかで、ねっとり系のさつまいもである。焼きいもは進化を続けている。


「紅まさり」に関連するグルメ情報

紅まさり

作っているのは甘くなめらかな舌触りが特徴の新しい品種・シルクスイート。農園で作っている焼き芋を食べた長瀬は「口の中で溶けていく」とコメント。城島は「この柔らかさ助かるわ」とコメント。その秘密は肥料として使っている化石サンゴ。化石サンゴのミネラルはサプリメントのようなものだという。


「紅まさり」に関連するグルメ情報

紅まさり

今ひとつの食材に徹底的にこだわった専門店が注目されている。茨城県のなめがたファーマーズヴィレッジは焼き芋専門店で熟成干し芋や芋蜜など珍しいものに出会える。今回は福井と兵庫からこの秋絶対食べたいおいしい専門店を2つご紹介。


「紅まさり」に関連するグルメ情報

紅まさり

なめがた市のさつまいもは第56回農林水産祭の天皇杯を受賞しており、今の時期は紅優甘の状態で食べることができる。これから農家のさつまいもレシピや、堀流のおかずにできるさつまいもレシピを紹介していく。


「紅まさり」に関連するグルメ情報

紅まさり

まずは茨城県行方市にある焼き芋専門店からの逸品でお店を訪ねるとたどり着いたのは小学校で支配人の男性に話を聞くと焼き芋がまるごと楽しめるテーマパークだという。男性は焼き芋の魅力を体感してもらうために廃校になった小学校を焼き芋のテーマパークにしたという。その中には芋掘り体験ができるサツマイモ畑やバーベーキュー場など大人も子どもも楽しめる作りになっている。施設内には焼き芋の専門店もありショップコーナーには日本各地のサツマイモが並んでいる。 中でも人気なのが干し芋バーで食べられるオリジナルの干し芋で焼き芋を干して作られている。しかし、所さんが求めているのはホクホクの焼き芋が食べたいと言っていて、支配人の男性はここオリジナルのホクホク焼き芋を用意すると話した。


「紅まさり」に関連するグルメ情報

紅まさり

青果店をしていた小林和子さんは、5年前に麹町へ来てえぬけいふーどをオープン。昔からの付き合いで珍しいさつまいもも安定して仕入れられる。オススメを聞いた高田は、五郎島金時を試食しサインをプレゼントした。


「紅まさり」に関連するグルメ情報

紅まさり

紅優甘という品種だと農家の方が説明をする。1日4、500箱収穫するという。茨城の美味しいサツマイモの秘密は赤土だから。また、傾斜があり水はけがいいのも理由だ。茨城のサツマイモ生産量は鹿児島についで2位。サツマイモは寝かしておくとデンプンが糖分に変わりあまくなる。


「紅まさり」に関連するグルメ情報

紅まさり

地元めしフェスクオーゼイin日比谷が開催。30万人以上が来場。人気メニューを聴きこむ。蝦夷あわび焼や、飲めるハンバーグ、生メロン ソフトクリームを紹介。中でも200人に聞いた人気メニューランキングを発表。3位はこぼれいくら小丼、2位はひしおそば、1位はサーロインステーキ丼だった。


「紅まさり」に関連するグルメ情報

春こがね

日本種苗新聞の2013年上半期トップニュースは「イモ界に新風!新品種のさつまいもの苗売上好調!」。群馬県伊勢崎市のカネコ種苗ではシルクスイートというとても甘いさつまいもを開発。普通のさつまいもの糖度が6.9なのに対し、シルクスイートは8.8も糖度がある。今年4月に苗を発売するやいなや大ヒットとなり、3月には3倍の予約が入っていたという。苗の売上は20万本で合格と家荒れているが、シルクスイートは40万本売上げ完売となった。開発した榎本さんはシルクスイートは春こがねと紅まさりを掛けあわせて作ったという。今年の秋には食卓に並ぶだろう。


日本種苗新聞

日本種苗新聞の2013年上半期トップニュースは「イモ界に新風!新品種のさつまいもの苗売上好調!」。群馬県伊勢崎市のカネコ種苗ではシルクスイートというとても甘いさつまいもを開発。普通のさつまいもの糖度が6.9なのに対し、シルクスイートは8.8も糖度がある。今年4月に苗を発売するやいなや大ヒットとなり、3月には3倍の予約が入っていたという。苗の売上は20万本で合格と家荒れているが、シルクスイートは40万本売上げ完売となった。開発した榎本さんはシルクスイートは春こがねと紅まさりを掛けあわせて作ったという。今年の秋には食卓に並ぶだろう。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (12)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (10)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (2)