ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「紅葉山御養蚕所」の検索結果

「紅葉山御養蚕所」に関連する情報 146件中 1〜10件目

皇居・紅葉山御養蚕所

雅子さまは皇后になり初の単独の公務、全国赤十字大会に出席した。雅子さまの活動は、「皇后さま単独の公務」「皇后さま単独の活動(公務以外)」「天皇皇后両陛下の公務」の3つ。「皇后さま単独の公務」は全国赤十字大会への出席など。フローレンス・ナイチンゲール記章授与式にも今年出席する。歴代皇后の伝統の活動は養蚕などで、皇居の中に蚕を育てる施設がある。蚕の糸は国賓への贈り物になる。御初召にも使われる。雅子さまは蚕が好きだという。「天皇皇后両陛下の公務」は国賓のもてなしなど。今年は全国植樹祭や全国豊かな海づくり大会、国民体育大会、国民文化祭などがある。雅子さまの体調は上向いているという。今後は海外への取り組みなども増えるとみられる。トランプ大統領を迎えるのは来週の月曜日。


紅葉山御養蚕所

全国赤十字大会後、雅子さまが車を待っている間に他の女性皇族の方々とお話をする微笑ましい場面があったという。今後は、フローレンス・ナイチンゲール記章授与式や皇居での養蚕などがある。悠仁さまのおくるみは皇居で育てた蚕「小石丸」の糸から作られている。


「紅葉山御養蚕所」に関連するイベント情報

「みどりの愛護」のつどい

去年5月では壇上で名誉総裁の上皇后さまが皇后さまの手を取り次の名誉総裁として紹介した。皇后さまは上皇后さまに紅葉山御養蚕所を案内してもらい養蚕について教えてもらったなどと話した。一昨日皇居にある水田で即位後初めて稲の田植えを天皇陛下がした。「みどりの愛護」のつどいでは天皇陛下から秋篠宮ご夫妻が引き継いだ。女性皇族に変化が見られた。令和時代の新たな皇室像とは。


皇居

去年5月では壇上で名誉総裁の上皇后さまが皇后さまの手を取り次の名誉総裁として紹介した。皇后さまは上皇后さまに紅葉山御養蚕所を案内してもらい養蚕について教えてもらったなどと話した。一昨日皇居にある水田で即位後初めて稲の田植えを天皇陛下がした。「みどりの愛護」のつどいでは天皇陛下から秋篠宮ご夫妻が引き継いだ。女性皇族に変化が見られた。令和時代の新たな皇室像とは。


紅葉山御養蚕所

去年5月では壇上で名誉総裁の上皇后さまが皇后さまの手を取り次の名誉総裁として紹介した。皇后さまは上皇后さまに紅葉山御養蚕所を案内してもらい養蚕について教えてもらったなどと話した。一昨日皇居にある水田で即位後初めて稲の田植えを天皇陛下がした。「みどりの愛護」のつどいでは天皇陛下から秋篠宮ご夫妻が引き継いだ。女性皇族に変化が見られた。令和時代の新たな皇室像とは。


「紅葉山御養蚕所」に関連するイベント情報

全国赤十字大会

今日午前11時前に窓を開け沿道にいる人々に皇后は手を振っていた。今日は都内で開かれた全国赤十字大会に出席し白と紺の2色使いのスーツなどで出席した。皇后は日本赤十字社の名誉総裁に就任しており初の単独公務となる。その場には名誉副総裁の紀子さまなど女性皇族方の姿があった。皇后は赤十字活動に功績のあった個人などに有功章を授与していた。大会終了後には笑顔で関係者と談笑している場面もあった。平成元年に上皇后さまは日本赤十字社の名誉総裁に就任した。皇后さまが名誉副総裁に就任し上皇后さまと大会に出席するようになった。

去年5月では壇上で名誉総裁の上皇后さまが皇后さまの手を取り次の名誉総裁として紹介した。皇后さまは上皇后さまに紅葉山御養蚕所を案内してもらい養蚕について教えてもらったなどと話した。一昨日皇居にある水田で即位後初めて稲の田植えを天皇陛下がした。「みどりの愛護」のつどいでは天皇陛下から秋篠宮ご夫妻が引き継いだ。女性皇族に変化が見られた。令和時代の新たな皇室像とは。


紅葉山御養蚕所

今日のお悩みは「皇居周辺を散歩したい!どうする?」。今日の達人は塩田典子さん。塩田さんは「東京出身なので旅に出るのが好きで」などと話した。皇居は東京千代田区、広さは115万平方メートル。東京ドーム約25個分の広さ。天皇皇后両陛下のご住居である御所をはじめ、宮殿、宮内庁の庁舎がある。江戸城天守閣があったところは、皇居東御苑となっている。皇居東御苑は一般の方も無料で入れる公園となっている。鹿屋アスリート食堂は鹿屋体育大学と鹿屋市からなる連携プロジェクトで、鹿屋体育大学監修のスポーツ栄養学に基づいたメニューを提供している。薬丸さんは「両親が鹿屋市出身なんです」などと述べた。


紅葉山御養蚕所

美智子さまから雅子さまへ受け継がれていくものもある。去年5月13日、雅子さまは美智子さまから大事な皇室の伝統を受け継がれるための第一歩を踏み出した。向かったのは100年ほど前に建てられた紅葉山御養蚕所で、ここで毎年春〜初夏にかけて美智子さまは蚕を育てている。日本の養蚕の始まりは明治4年で、生糸は当時の日本の重要な輸出品目。昭憲皇太后が養蚕業奨励のため、皇后の公務として始められた。育てられているのは純国産種の小石丸。美しく繊細な生糸だが、他の品種に比べて眉が小さく手間がかかることから養蚕農家でも育てなくなった所もあり、宮内庁でも一時飼育を中止する意見が出ていたが、美智子さまの決断で養蚕が続けられている。

日本赤十字社の名誉総裁は時の皇后が務めてきた。年1度の全国赤十字大会に臨席、フローレンス・ナイチンゲール記章を授ける、ボランティア活動や関係施設の視察などが主な活動。また、文化継承などのため養蚕業を行い、取れた糸は文化財の復元や海外賓客への贈り物などに使われる。皇室ジャーナリストは、「良いお手本の美智子様に教えてもらえるので心配ない。昔は獣医になりたいと思っていたくらいだからうまくできると思う」とコメントしている。また、2010年の園遊会では透明なビニール傘を使用、降りた瞬間から全身を見てもらいたいとの思いがあるという。


小石丸

美智子さまから雅子さまへ受け継がれていくものもある。去年5月13日、雅子さまは美智子さまから大事な皇室の伝統を受け継がれるための第一歩を踏み出した。向かったのは100年ほど前に建てられた紅葉山御養蚕所で、ここで毎年春〜初夏にかけて美智子さまは蚕を育てている。日本の養蚕の始まりは明治4年で、生糸は当時の日本の重要な輸出品目。昭憲皇太后が養蚕業奨励のため、皇后の公務として始められた。育てられているのは純国産種の小石丸。美しく繊細な生糸だが、他の品種に比べて眉が小さく手間がかかることから養蚕農家でも育てなくなった所もあり、宮内庁でも一時飼育を中止する意見が出ていたが、美智子さまの決断で養蚕が続けられている。


政府インターネットテレビ

美智子さまから雅子さまへ受け継がれていくものもある。去年5月13日、雅子さまは美智子さまから大事な皇室の伝統を受け継がれるための第一歩を踏み出した。向かったのは100年ほど前に建てられた紅葉山御養蚕所で、ここで毎年春〜初夏にかけて美智子さまは蚕を育てている。日本の養蚕の始まりは明治4年で、生糸は当時の日本の重要な輸出品目。昭憲皇太后が養蚕業奨励のため、皇后の公務として始められた。育てられているのは純国産種の小石丸。美しく繊細な生糸だが、他の品種に比べて眉が小さく手間がかかることから養蚕農家でも育てなくなった所もあり、宮内庁でも一時飼育を中止する意見が出ていたが、美智子さまの決断で養蚕が続けられている。