ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「紫檀木画槽琵琶」の検索結果

「紫檀木画槽琵琶」に関連する情報 7件中 1〜7件目

奈良国立博物館

67回目となる「正倉院展」では63点の宝物が公開されている。 紅牙撥鏤尺は赤く染めた象牙に花や鳥を彫刻している。彫石横笛は聖武天皇の遺品とされている横笛である。聖武天皇が亡くなったとき光明皇后が天皇愛用の品を東大寺に納めたのが正倉院宝物の始まり。紫檀木画槽琵琶の文様を工芸作家の三浦さんに復元してもらった。「伎楽面 力士」は今回初めて公開された。琥珀魚形や山水花虫背円鏡などを紹介した。正倉院展は11月9日まで。


正倉院正倉

67回目となる「正倉院展」では63点の宝物が公開されている。 紅牙撥鏤尺は赤く染めた象牙に花や鳥を彫刻している。彫石横笛は聖武天皇の遺品とされている横笛である。聖武天皇が亡くなったとき光明皇后が天皇愛用の品を東大寺に納めたのが正倉院宝物の始まり。紫檀木画槽琵琶の文様を工芸作家の三浦さんに復元してもらった。「伎楽面 力士」は今回初めて公開された。琥珀魚形や山水花虫背円鏡などを紹介した。正倉院展は11月9日まで。


「紫檀木画槽琵琶」に関連するイベント情報

正倉院展

67回目となる「正倉院展」では63点の宝物が公開されている。 紅牙撥鏤尺は赤く染めた象牙に花や鳥を彫刻している。彫石横笛は聖武天皇の遺品とされている横笛である。聖武天皇が亡くなったとき光明皇后が天皇愛用の品を東大寺に納めたのが正倉院宝物の始まり。紫檀木画槽琵琶の文様を工芸作家の三浦さんに復元してもらった。「伎楽面 力士」は今回初めて公開された。琥珀魚形や山水花虫背円鏡などを紹介した。正倉院展は11月9日まで。


奈良国立博物館

奈良国立博物館で正倉院展が行われ、約千人の大行列ができた。紫檀木画槽琵琶など、注目の展示物を紹介。奈良国立博物館から中継で、湯山賢一館長が、正倉院展の見どころを話した。


「紫檀木画槽琵琶」に関連するイベント情報

正倉院展

奈良国立博物館で正倉院展が行われ、約千人の大行列ができた。紫檀木画槽琵琶など、注目の展示物を紹介。奈良国立博物館から中継で、湯山賢一館長が、正倉院展の見どころを話した。


紫檀木画槽琵琶

奈良正倉院で守り伝えられてきた宝物が年に1度だけ公開される正倉院展。67回目の今年は、63点の宝物が公開される。正倉院の宝物は、奈良時代に亡くなった聖武天皇の遺品を、光明皇后が奉納したのが始まりだ。今回注目を集めるのは彫石尺八などの「楽器」だ。中でも最も注目を集めるのは、「紫檀木画槽琵琶」。


正倉院

奈良正倉院で守り伝えられてきた宝物が年に1度だけ公開される正倉院展。67回目の今年は、63点の宝物が公開される。正倉院の宝物は、奈良時代に亡くなった聖武天皇の遺品を、光明皇后が奉納したのが始まりだ。今回注目を集めるのは彫石尺八などの「楽器」だ。中でも最も注目を集めるのは、「紫檀木画槽琵琶」。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (7)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (2)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (5)