ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「細川昌彦」の検索結果

「細川昌彦」に関連する情報 462件中 1〜10件目

羽田空港

対韓国初会合の内容について、元経済産業省の細川昌彦氏が愛知・春日井市からの中継、韓国国民、世論のことを意識してやることは大事だという。事務レベルの会合と明確にする、韓国国民に無用の反発を招かない、国際社会にアピールという3点をバランスとって行うことが重要。韓国側は「これが前の状態に戻すことなのか、他のアジアの国と会議することも同じ感じなのか」と疑問を投げかけられたとのこと。細川氏は、韓国の担当者は「抗議し撤回を要請」と言わないと帰国できないため可哀想とだとコメント。会合も長く質問され、基本的な知識の欠落が判明、理解してもらうことが今回の大事なポイントだったという。韓国担当者は、今回の措置の内容、許可の基準など、日本としては当然わかっていると思ったことが多々あった。韓国の輸出管理が日本と同じだと思ったらいけないと指摘。韓国は輸出権利の枠組みでは新参者で、25年前から日本が輸出管理を教えてきていて、世界にお膳立てをしてきた歴史がある。ホワイト国として担当者同士の信頼感があったが、新政権でこうも変わるのかと残念だという。12日初のジムレベルの会合が6時間ほど行われ、午後8時頃日本は経産省によるブリーフィングを行い、その後韓国の貿易政策官がソウルで会見。一昨日午前11時ごろ、帰国前の羽田空港で担当者らが取材に応じ、午後5時ごろ急遽経産省が会見で反論した。宮家邦彦は双方の意見が食い違うのは、言うことが決まっていて、韓国もわかっていると指摘した。

先週金曜日に東京・霞が関で輸出に関する説明会が行われた。説明は経済産業省の岩松課長が担当、事実関係の確認を目的とした協議でなく説明であることを双方が合意したと日本は発表。日本側は措置の正当性や経緯を説明。韓国側は措置の撤回をこの時に求めず、WTOへの提訴への言及もなく、次回会合の話はなかったという。しかし韓国産業通商資源省の会見でイ貿易政策官は実務者間での協議であり、日本側の説明は不十分と主張。さらに日本のWTOのルールに反していないという主張に納得していないことを伝えたといい、「世界に悪影響を及ぼす」と遺憾の意を表明、今月24日までに次回の会議を日本に提案したと主張。細川氏は「説明する場にすぎないが、WTO持って行かれたら協議となる」といい、「日本国内で決めて良いことだ」などと解説した。チョン貿易安保課長らも会見と同じ回答をしている。細川氏は「日本は国際社会に理解をしてもらうことが基本、韓国には制度論からの説明が必要」などと意見した。


朝鮮日報

過去4年間で156件韓国から戦略物資が違法輸出。韓国産業通商資源部が制作した戦略物資無許可輸出摘発現況に記載されている。件数は文在寅政権で3倍に増加。第三国を経由して北朝鮮やイランに持ち込まれた可能性がある。韓国政府は、違法輸出の摘発は毎年公開していて、透明性をもって運営されている証拠とした。細川昌彦は「韓国の疑惑があるなら、意見交換を親密にするべき。一般人がある程度イメージの湧く言葉で説明するべき。異様な取引を調べさせてくれない。それが数十回あった。韓国が私達に腑に落ちる説明をすることが大切。」などとコメント。磐村和哉は「組織的に流れている。日本が我々を潰そうとしているという世論を作ろうとしている。」などとコメント。古川勝久は「大事なのは懸念を払拭できるかどうか。」などとコメント。八代英輝は「ザルから水が流れて、その先を把握しているのは意味がない。」などとコメント。


産業通商資源部

過去4年間で156件韓国から戦略物資が違法輸出。韓国産業通商資源部が制作した戦略物資無許可輸出摘発現況に記載されている。件数は文在寅政権で3倍に増加。第三国を経由して北朝鮮やイランに持ち込まれた可能性がある。韓国政府は、違法輸出の摘発は毎年公開していて、透明性をもって運営されている証拠とした。細川昌彦は「韓国の疑惑があるなら、意見交換を親密にするべき。一般人がある程度イメージの湧く言葉で説明するべき。異様な取引を調べさせてくれない。それが数十回あった。韓国が私達に腑に落ちる説明をすることが大切。」などとコメント。磐村和哉は「組織的に流れている。日本が我々を潰そうとしているという世論を作ろうとしている。」などとコメント。古川勝久は「大事なのは懸念を払拭できるかどうか。」などとコメント。八代英輝は「ザルから水が流れて、その先を把握しているのは意味がない。」などとコメント。


日本大使館

細川昌彦は、経済産業省の貿易経済協力局の貿易管理部の部長を2007年からしていた。仕事内容は軍事用途に転用されるおそれのある重要な物資が危険国に流出しないようにチェックする。北朝鮮の密輸摘発もしたと話した。7月1日、輸出3品目の運用見直しが発表され、4日から発動された。5日に日本大使館の前で日本製品の不買を訴える集会が行われた。8日は大統領がこの問題について「前例のない非常自体」だと言った。そして昨日、WTOに意見を表明し、韓国では大統領が30企業のトップらと懇談会を行い、文大統領は「官民非常対応態勢を整える必要がある」などと話した。総理は「韓国が言っていることは信頼できないから措置を打った」と言っており、世耕さんは「協議の対象ではなく、撤回も考えていない」と言い、措置について事務レベルでの説明の場にとどめることにした。


放送大学

安倍総理は先月27日に日本とアメリカの首脳会談を行った。トランプ大統領はイランとの直接交渉に持ち込むため、仲良しの安倍首相に伝書鳩の役割をお願いしたのではないかと放送大学の高橋名誉教授は話している。日本とイランは伝統的に友好関係があり、先月ザリフ外相が来日し、日本との関係は極めて重要だと話していた。また国際社会の反対を押し切ってイラン各合意を離脱しているため、頼れるのは安倍総理だけではないかと見方もある。細川昌彦は、対話の糸口が出来たら御の字だ、単純にアメリカとイランの関係を取り持てばいいだけではないと言った。津川卓史は、イランと実質的に交渉できるのはドイツだが、メルケルが政治的に弱っていてトランプとの関係が良くないと言った。また津川卓史は、大体は財界の人を連れて行くが今回は連れて行ってないため、焦点を絞っているなどと言った。そして細川昌彦は、実権を握っているハメネイ師に会えるだけでも価値があると言った。


大英博物館

イギリス・ロンドンでマンガ展の展示内容が公開された。尾田栄一郎さんの「ONE PIECE」などの現代の人気作品から葛飾北斎の「小幡小平次」、河鍋暁斎の「新富座妖怪引幕」といった江戸時代の作品までおよそ170点が展示された。マンガだけでなく「進撃の巨人」のオブジェやマンガの読み方の解説、コスプレの体験ゾーンなどマンガを普段読まない人も楽しめる仕掛けがある。出版社や作家の協力を得て展覧会の開催に漕ぎ着けた。マンガ展は今月23日から8月26日まで開催。

細川昌彦は「マンガって英語になってるじゃないですか。世界に誇れる日本の文化ですよね。それを大英博物館がやってるのがすごいですよ。インパクト大きいですし中身がマンガの原点の浮世絵ですよね。それから現代のマンガでしょ。本格的に扱ってるしこれを逆輸入すると日本人の再評価ができる」とコメント。


ボーイング737

ワチラロンコン国王は皇太子時代に三度離婚している。自家用ボーイング737を自ら操縦したり、愛犬フーフーに空軍大将の称号も与えたという。父のプミポン前国王は自ら車を運転して全国の農村などを視察した。1992の軍とデモ隊の衝突があったが、この時お互いのリーダーを集めて「争いをやめて頂きたい」と伝え、翌日に衝突は収束した。ワチラロンコン国王は父親に意識していて近付こうとしているとジェトロアジア経済研究所の青木氏と言っている。細川昌彦は、調停役として出てくるのが日本の王室と違うところだと言った。


スカイクルーザー

昭和デパートの象徴とも言える屋上遊園地。1931年(昭和6)に、松屋浅草にできたのが最初だった。ここで、屋上から下への流れを作ることで、ついでに買い物させる「シャワー効果」が起きていたと説明している。それから、松屋赤坂には60人乗りの「スカイクルーザー」も登場した。さらには、日本橋高島屋にはかつて(1950)屋上に動物園があり、ゾウの高子(メス)が人気者だった。すると4年で体重が1500kgになり、飼育を断念。上野動物園に送られることになったという。そして高度経済成長期になると、「後楽園ゆうえんち」など、屋上ではない遊園地も次々にオープンしていた。スペースは狭いが、屋上遊園地には入場料が泣く、ついでに買い物もできるとしてまだまだ作られた。細川昌彦は屋上動物園を振り返り「小動物はたくさんいた」と話していた。一方、近年では屋上ビアガーデンや屋上庭園など、大人向けの施設が増えてきている。ホラン千秋は”昭和レトロ”という言葉を聞いて「今度は”平成レトロ”みたいになっていくのかな」と考えていた。


航空艇

昭和デパートの象徴とも言える屋上遊園地。1931年(昭和6)に、松屋浅草にできたのが最初だった。ここで、屋上から下への流れを作ることで、ついでに買い物させる「シャワー効果」が起きていたと説明している。それから、松屋赤坂には60人乗りの「スカイクルーザー」も登場した。さらには、日本橋高島屋にはかつて(1950)屋上に動物園があり、ゾウの高子(メス)が人気者だった。すると4年で体重が1500kgになり、飼育を断念。上野動物園に送られることになったという。そして高度経済成長期になると、「後楽園ゆうえんち」など、屋上ではない遊園地も次々にオープンしていた。スペースは狭いが、屋上遊園地には入場料が泣く、ついでに買い物もできるとしてまだまだ作られた。細川昌彦は屋上動物園を振り返り「小動物はたくさんいた」と話していた。一方、近年では屋上ビアガーデンや屋上庭園など、大人向けの施設が増えてきている。ホラン千秋は”昭和レトロ”という言葉を聞いて「今度は”平成レトロ”みたいになっていくのかな」と考えていた。


後楽園ゆうえんち

昭和デパートの象徴とも言える屋上遊園地。1931年(昭和6)に、松屋浅草にできたのが最初だった。ここで、屋上から下への流れを作ることで、ついでに買い物させる「シャワー効果」が起きていたと説明している。それから、松屋赤坂には60人乗りの「スカイクルーザー」も登場した。さらには、日本橋高島屋にはかつて(1950)屋上に動物園があり、ゾウの高子(メス)が人気者だった。すると4年で体重が1500kgになり、飼育を断念。上野動物園に送られることになったという。そして高度経済成長期になると、「後楽園ゆうえんち」など、屋上ではない遊園地も次々にオープンしていた。スペースは狭いが、屋上遊園地には入場料が泣く、ついでに買い物もできるとしてまだまだ作られた。細川昌彦は屋上動物園を振り返り「小動物はたくさんいた」と話していた。一方、近年では屋上ビアガーデンや屋上庭園など、大人向けの施設が増えてきている。ホラン千秋は”昭和レトロ”という言葉を聞いて「今度は”平成レトロ”みたいになっていくのかな」と考えていた。