ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「群馬直美」の検索結果

「群馬直美」に関連する情報 9件中 1〜9件目

「群馬直美」に関連するグルメ情報

辛み大根

葉っぱを描く葉画家の群馬直美さん、今は下仁田ネギの一生が見れる作品を描いているとのことで、既に出来ている絵を見せてもらった。1つ描くのに9か月かかったという。最初の状態から花が咲いた絵など全部で6作品。群馬直美さんは東京造形大学出身、大学在学中に自分の作風に悩んでいた群馬さんはジョギング中にふと見上げ、新緑の葉っぱの美しさに魅せられて、38年間葉画家として葉っぱの絵を描き続けている。原寸大でリアルに描くのが特徴。


「群馬直美」に関連するグルメ情報

奥多摩ワサビ

葉っぱを描く葉画家の群馬直美さん、今は下仁田ネギの一生が見れる作品を描いているとのことで、既に出来ている絵を見せてもらった。1つ描くのに9か月かかったという。最初の状態から花が咲いた絵など全部で6作品。群馬直美さんは東京造形大学出身、大学在学中に自分の作風に悩んでいた群馬さんはジョギング中にふと見上げ、新緑の葉っぱの美しさに魅せられて、38年間葉画家として葉っぱの絵を描き続けている。原寸大でリアルに描くのが特徴。


東京造形大学

葉っぱを描く葉画家の群馬直美さん、今は下仁田ネギの一生が見れる作品を描いているとのことで、既に出来ている絵を見せてもらった。1つ描くのに9か月かかったという。最初の状態から花が咲いた絵など全部で6作品。群馬直美さんは東京造形大学出身、大学在学中に自分の作風に悩んでいた群馬さんはジョギング中にふと見上げ、新緑の葉っぱの美しさに魅せられて、38年間葉画家として葉っぱの絵を描き続けている。原寸大でリアルに描くのが特徴。


「群馬直美」に関連するグルメ情報

下仁田ネギ

葉っぱを描く葉画家の群馬直美さん、今は下仁田ネギの一生が見れる作品を描いているとのことで、既に出来ている絵を見せてもらった。1つ描くのに9か月かかったという。最初の状態から花が咲いた絵など全部で6作品。群馬直美さんは東京造形大学出身、大学在学中に自分の作風に悩んでいた群馬さんはジョギング中にふと見上げ、新緑の葉っぱの美しさに魅せられて、38年間葉画家として葉っぱの絵を描き続けている。原寸大でリアルに描くのが特徴。


中央線

葉っぱを描く葉画家の群馬直美さん、今は下仁田ネギの一生が見れる作品を描いているとのことで、既に出来ている絵を見せてもらった。1つ描くのに9か月かかったという。最初の状態から花が咲いた絵など全部で6作品。群馬直美さんは東京造形大学出身、大学在学中に自分の作風に悩んでいた群馬さんはジョギング中にふと見上げ、新緑の葉っぱの美しさに魅せられて、38年間葉画家として葉っぱの絵を描き続けている。原寸大でリアルに描くのが特徴。


中央本線

葉っぱを描く葉画家の群馬直美さん、今は下仁田ネギの一生が見れる作品を描いているとのことで、既に出来ている絵を見せてもらった。1つ描くのに9か月かかったという。最初の状態から花が咲いた絵など全部で6作品。群馬直美さんは東京造形大学出身、大学在学中に自分の作風に悩んでいた群馬さんはジョギング中にふと見上げ、新緑の葉っぱの美しさに魅せられて、38年間葉画家として葉っぱの絵を描き続けている。原寸大でリアルに描くのが特徴。


じゅん散歩

立川を走る単線について地元の人に話を聞くと青梅の方まで走っていることがわかった。また話をしてくれた人は石田倉庫アトリエの人だった。石田倉庫アトリエは使わなくなった倉庫を再利用しようとオーナーが貸し出しており知り合いの芸術家に安く提供したところ大好評で今では19人のアーティストがアトリエとして使用しお互いを刺激しあっている。群馬直美が葉を描くようになったのは美大生だった35年前からで葉の1つ1つに個性や美しさがあることに気づいたという。1枚の葉を素直に描いているうちに極めて写実的な作品にたどり着いた。お店などの詳しい情報は「じゅん散歩」で検索。


立川駅 南口

今日の散歩は立川駅 南口。米軍基地が日本に返還された北口側は次々と開発が行われ大きな変貌を遂げたが、それに対し商店街と住宅街が密集する南口は庶民的な町並みを残している。

入船茶屋は宅配とお持ち帰り専門の寿司店で看板商品はうどを使ったうど稲荷ずしだ。立川はうどの名産地で光の入らない地下の室で育てるため地盤の固いタイ川はうどの栽培に適している。高田は「立川名物 うど稲荷ずし」を試食した。

立川を走る単線について地元の人に話を聞くと青梅の方まで走っていることがわかった。また話をしてくれた人は石田倉庫アトリエの人だった。石田倉庫アトリエは使わなくなった倉庫を再利用しようとオーナーが貸し出しており知り合いの芸術家に安く提供したところ大好評で今では19人のアーティストがアトリエとして使用しお互いを刺激しあっている。群馬直美が葉を描くようになったのは美大生だった35年前からで葉の1つ1つに個性や美しさがあることに気づいたという。1枚の葉を素直に描いているうちに極めて写実的な作品にたどり着いた。お店などの詳しい情報は「じゅん散歩」で検索。

立川駅 南口を約2050歩あるいた。また今週歩いた昭和記念公園の映像が流れ高田純次の描いた風景画を紹介した。


レインボー桜

昭和記念公園BEST15の14位に選ばれた公園アーティストの群馬直美さんが一週間かけて描いた、公園の葉っぱを絵で再現したもの。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (9)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (3)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (6)