ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「羽田空港」の検索結果

「羽田空港」に関連する情報 66633件中 1〜10件目

羽田空港

今日から大規模接種センターで全国18歳から64歳の接種が開始する。接種には接種券が必要になっている。管理の問題で接種記録が登録できず、接種履歴を厳格に把握するため必要。医療機関で個別接種では、接種券を回収できなければ医療機関が費用を請求できない恐れもある。一部大学では接種券がなくても接種を受けることが可能になっている。接種券が配布されていない学生の予診票を学内で保管、接種後に届く接種券を学生らが大学に提出、後から接種記録システムに入力するシステムになっている。一方で、手間や提出漏れが懸念されている。


「羽田空港」に関連するイベント情報

1990年に不動産会社から始まった木下グループ。その2020年度の年商は約1280億円。コロナ禍にも関わらず100億円以上も売り上げを伸ばしていた。その理由の一つが多岐に渡る事業展開。建築、不動産、介護、医療、エンタメなど30事業を幅広く行い、営業自粛が続き落ち込んだ映画館事業をステイホームでニーズが高まった住宅事業が補うという結果に。木下グループの事業の中で先週紹介したのは新型コロナPCR検査センター。新橋店を皮切りに続々と開設し、今年4月には羽田空港にもできた。利用者は述べ250万人以上になった。今夜は事業の中でも異色なスポーツ事業を紹介。卓球選手のユニフォームやスケートリングでも見かけるが、現在木下グループでは7つの競技を支援。フィギュアスケートでは宮原知子選手を始め卓球選手やサーフィン、スケートボードの選手などでも有名選手が活躍している。最近ではスポーツの未来に向けた新しいチャレンジも行われている。そもそも木下グループがスポーツ事業に取り組んでいるのか?木下グループの和田野さんはソチオリンピックでフィギュアスケートの団体戦が正式に決まったが、スケート連盟の人にカップル競技に力を入れたいという話をもらい、連盟では十分な強化費をさけないので会社としてサポートすることを決めたという。その目的は営利目的でやっている事業ではなく、心に響いて生活に潤いを与えることができるのはスポールや芸術文化なので物心両面の豊かさを人々に提供するという面においてスポーツ支援は必要不可欠だという。


「羽田空港」に関連するイベント情報

東京五輪

1990年に不動産会社から始まった木下グループ。その2020年度の年商は約1280億円。コロナ禍にも関わらず100億円以上も売り上げを伸ばしていた。その理由の一つが多岐に渡る事業展開。建築、不動産、介護、医療、エンタメなど30事業を幅広く行い、営業自粛が続き落ち込んだ映画館事業をステイホームでニーズが高まった住宅事業が補うという結果に。木下グループの事業の中で先週紹介したのは新型コロナPCR検査センター。新橋店を皮切りに続々と開設し、今年4月には羽田空港にもできた。利用者は述べ250万人以上になった。今夜は事業の中でも異色なスポーツ事業を紹介。卓球選手のユニフォームやスケートリングでも見かけるが、現在木下グループでは7つの競技を支援。フィギュアスケートでは宮原知子選手を始め卓球選手やサーフィン、スケートボードの選手などでも有名選手が活躍している。最近ではスポーツの未来に向けた新しいチャレンジも行われている。そもそも木下グループがスポーツ事業に取り組んでいるのか?木下グループの和田野さんはソチオリンピックでフィギュアスケートの団体戦が正式に決まったが、スケート連盟の人にカップル競技に力を入れたいという話をもらい、連盟では十分な強化費をさけないので会社としてサポートすることを決めたという。その目的は営利目的でやっている事業ではなく、心に響いて生活に潤いを与えることができるのはスポールや芸術文化なので物心両面の豊かさを人々に提供するという面においてスポーツ支援は必要不可欠だという。


「羽田空港」に関連するイベント情報

スターズ・オン・アイス

1990年に不動産会社から始まった木下グループ。その2020年度の年商は約1280億円。コロナ禍にも関わらず100億円以上も売り上げを伸ばしていた。その理由の一つが多岐に渡る事業展開。建築、不動産、介護、医療、エンタメなど30事業を幅広く行い、営業自粛が続き落ち込んだ映画館事業をステイホームでニーズが高まった住宅事業が補うという結果に。木下グループの事業の中で先週紹介したのは新型コロナPCR検査センター。新橋店を皮切りに続々と開設し、今年4月には羽田空港にもできた。利用者は述べ250万人以上になった。今夜は事業の中でも異色なスポーツ事業を紹介。卓球選手のユニフォームやスケートリングでも見かけるが、現在木下グループでは7つの競技を支援。フィギュアスケートでは宮原知子選手を始め卓球選手やサーフィン、スケートボードの選手などでも有名選手が活躍している。最近ではスポーツの未来に向けた新しいチャレンジも行われている。そもそも木下グループがスポーツ事業に取り組んでいるのか?木下グループの和田野さんはソチオリンピックでフィギュアスケートの団体戦が正式に決まったが、スケート連盟の人にカップル競技に力を入れたいという話をもらい、連盟では十分な強化費をさけないので会社としてサポートすることを決めたという。その目的は営利目的でやっている事業ではなく、心に響いて生活に潤いを与えることができるのはスポールや芸術文化なので物心両面の豊かさを人々に提供するという面においてスポーツ支援は必要不可欠だという。


新型コロナPCR検査センター新橋

1990年に不動産会社から始まった木下グループ。その2020年度の年商は約1280億円。コロナ禍にも関わらず100億円以上も売り上げを伸ばしていた。その理由の一つが多岐に渡る事業展開。建築、不動産、介護、医療、エンタメなど30事業を幅広く行い、営業自粛が続き落ち込んだ映画館事業をステイホームでニーズが高まった住宅事業が補うという結果に。木下グループの事業の中で先週紹介したのは新型コロナPCR検査センター。新橋店を皮切りに続々と開設し、今年4月には羽田空港にもできた。利用者は述べ250万人以上になった。今夜は事業の中でも異色なスポーツ事業を紹介。卓球選手のユニフォームやスケートリングでも見かけるが、現在木下グループでは7つの競技を支援。フィギュアスケートでは宮原知子選手を始め卓球選手やサーフィン、スケートボードの選手などでも有名選手が活躍している。最近ではスポーツの未来に向けた新しいチャレンジも行われている。そもそも木下グループがスポーツ事業に取り組んでいるのか?木下グループの和田野さんはソチオリンピックでフィギュアスケートの団体戦が正式に決まったが、スケート連盟の人にカップル競技に力を入れたいという話をもらい、連盟では十分な強化費をさけないので会社としてサポートすることを決めたという。その目的は営利目的でやっている事業ではなく、心に響いて生活に潤いを与えることができるのはスポールや芸術文化なので物心両面の豊かさを人々に提供するという面においてスポーツ支援は必要不可欠だという。


新型コロナPCR検査センター羽田空港第1ターミナル店

1990年に不動産会社から始まった木下グループ。その2020年度の年商は約1280億円。コロナ禍にも関わらず100億円以上も売り上げを伸ばしていた。その理由の一つが多岐に渡る事業展開。建築、不動産、介護、医療、エンタメなど30事業を幅広く行い、営業自粛が続き落ち込んだ映画館事業をステイホームでニーズが高まった住宅事業が補うという結果に。木下グループの事業の中で先週紹介したのは新型コロナPCR検査センター。新橋店を皮切りに続々と開設し、今年4月には羽田空港にもできた。利用者は述べ250万人以上になった。今夜は事業の中でも異色なスポーツ事業を紹介。卓球選手のユニフォームやスケートリングでも見かけるが、現在木下グループでは7つの競技を支援。フィギュアスケートでは宮原知子選手を始め卓球選手やサーフィン、スケートボードの選手などでも有名選手が活躍している。最近ではスポーツの未来に向けた新しいチャレンジも行われている。そもそも木下グループがスポーツ事業に取り組んでいるのか?木下グループの和田野さんはソチオリンピックでフィギュアスケートの団体戦が正式に決まったが、スケート連盟の人にカップル競技に力を入れたいという話をもらい、連盟では十分な強化費をさけないので会社としてサポートすることを決めたという。その目的は営利目的でやっている事業ではなく、心に響いて生活に潤いを与えることができるのはスポールや芸術文化なので物心両面の豊かさを人々に提供するという面においてスポーツ支援は必要不可欠だという。


木下グループ

1990年に不動産会社から始まった木下グループ。その2020年度の年商は約1280億円。コロナ禍にも関わらず100億円以上も売り上げを伸ばしていた。その理由の一つが多岐に渡る事業展開。建築、不動産、介護、医療、エンタメなど30事業を幅広く行い、営業自粛が続き落ち込んだ映画館事業をステイホームでニーズが高まった住宅事業が補うという結果に。木下グループの事業の中で先週紹介したのは新型コロナPCR検査センター。新橋店を皮切りに続々と開設し、今年4月には羽田空港にもできた。利用者は述べ250万人以上になった。今夜は事業の中でも異色なスポーツ事業を紹介。卓球選手のユニフォームやスケートリングでも見かけるが、現在木下グループでは7つの競技を支援。フィギュアスケートでは宮原知子選手を始め卓球選手やサーフィン、スケートボードの選手などでも有名選手が活躍している。最近ではスポーツの未来に向けた新しいチャレンジも行われている。そもそも木下グループがスポーツ事業に取り組んでいるのか?木下グループの和田野さんはソチオリンピックでフィギュアスケートの団体戦が正式に決まったが、スケート連盟の人にカップル競技に力を入れたいという話をもらい、連盟では十分な強化費をさけないので会社としてサポートすることを決めたという。その目的は営利目的でやっている事業ではなく、心に響いて生活に潤いを与えることができるのはスポールや芸術文化なので物心両面の豊かさを人々に提供するという面においてスポーツ支援は必要不可欠だという。

木下グループでは去年4月に京都にある学校を開校した。木下スケートアカデミーは国際大会で活躍できるフィギュアスケーターの育成を目的とした機関。このままではロシアには勝てないという話を聞いて開校したというが小学4年生から大学生までの18人が練習をしている。その中には日本女子初の4回転トウループを成功させた島田麻央選手も所属している。その練習についてアカデミーのゼネラルマネージャーの濱田美栄さんは人によりけりだが、3〜4時間は氷上の練習でオフはバレエなどのトレーニングをしているという。スタッフの中にはそのバレエやヨガなどの先生もいるという。河辺愛菜選手はこの環境について自分の課題が表現力がない部分だったが、バレエや練習の最初の基礎などをして前よりは良くなっていると答えた。

和田野さんはスポーツ部署を担当している人は二人と答えたが、スポーツ事業は営利目的ではないというが、利益をあげるのも企業の一つ。和田野さんはこの点について代表が熱い思いを持っていると答え、自分の担当としてイメージアップをはかったり、他の事業会社との営業がしやすくなるなどの考えているというが基本はただ応援したいという気持ちでいっぱいだという。さらに今年も新展開があったという。


羽田空港

昨日の東京の新たな感染者は337人。先週と比べ32人減ったが減少幅は鈍化している。こうした中、オリンピックに向け準備は最終段階に突入。東京オリパラの国内観客の受け入れ態勢について、菅総理は萩生田文科相らと会談。着々と準備が進む中、酒なしの時短営業を強いられている飲食店は、不満の声をあげていた。昨日朝にはIOCのコーツ調整委員長が来日。群馬県太田市では事前合宿中のオーストラリア女子ソフトボール代表が練習試合の様子を公開した。


羽田空港

昨夜、東京五輪・パラリンピックの選手向けのプレーブックの最新版が公表された。ルールを違反した人への制裁金や国外退去など、重い処分が明記された。コロナ対策では、水際対策・国内での行動管理を行うことなどが盛り込まれた。きのう来日したコーツ委員長は、3日間ホテルでの隔離生活の後、11日間行動を規制される。政府は、国内観客を最大1万人まで認める案を検討している。都民ファーストの会は、東京都議選の公約を発表し、無観客での東京大会開催を訴えた。


羽田空港

羽田空港の中継映像を背景に気象情報を伝えた。関東は天気の急変に注意が必要。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。