ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「聖ウルスラ学院英智 高等学校」の検索結果

「聖ウルスラ学院英智 高等学校」に関連する情報 38件中 1〜10件目

聖ウルスラ学院英智高等学校

明浄学院高等学校の生徒らの普門館で演奏したいという夢を叶える。本番当日。400人の部員が舞台へ。この日初めて会った4校の部員たちが「宝島」を演奏した。


聖ウルスラ学院英智高等学校

日本全国学生たちの夢の中で不思議な現象が。400人以上の学生たちが普門館で演奏したいという同じ夢を口にした。普門館は1970年に建設されたイベントホール。1972年から吹奏楽の全国大会を行う場所となり吹奏楽部員あこがれの地となった。全国の舞台に立てるのは29校。東日本大震災を機に耐震基準を改められ普門館の天井に崩落の危険性があると判断され、2012年以降使用中止となった。今回夢を語った4つの学校の生徒達は普門館で演奏するため吹奏楽の名門校に入部した。同規模のホールは立て直せないことが判明し普門館は解体が決まった。学生たちの思いを普門館に伝えると、夢が実現することになった。

観客を入れず厳重な安全確保を条件に舞台の使用を承諾してくれた。本番は取り壊し工事の直前。4つの高校400人が最後の演奏を行う。演奏するのは宝島。


聖ウルスラ学院英智高等学校

バドミントン女子ダブルスでは、タカマツペアが陳清晨・賈一凡ペアとの決勝に臨んだ。団体では中国を破っての金メダルに貢献した2人だったが、試合は一進一退の攻防となり、53回ものラリーが行われていた。2人は学校の先輩・後輩ペアで世界ランクも1位となっていたが、2人のチームメイトや監督とともに観戦を行なうと、監督はリオで目標を達成したことで燃え尽き症候群になっていたと振り返っていて、去年の全日本総合選手権大会では後輩のフクヒロペアに敗戦するなど結果が出せなくなっていて、高橋選手は引退も考えていた。しかし、松友選手から先輩以外と東京オリンピックは考えられないと言われたことで目標を見出すことが出来たのだった。


聖ウルスラ学院英智高等学校

バドミントンの高橋礼華選手と松友美佐紀選手が都内で行われたイベントに登場した。これは宮城県漁連直営のお店「大漁や」のオープンイベントで、みやぎ絆大使に任命しているタカマツペアが特別ゲストとなった。松友選手は久しぶりだとカキを頬張り「最高です」とコメントした。


聖ウルスラ学院英智高等学校

松友ペアが母校のある仙台に凱旋した。金メダルを獲得した高松ペアは帰国後とてもハードな日々を過ごしていた。そんな二人の最近の悩みは、メダルがとても重いので、ずっとかけていると肩がこってしまうとのこと。


聖ウルスラ学院英智高等学校

タカマツペアの生みの親で高校時代の恩師だった田所光男監督は暑い中での練習だと選手たちがだらけ、引き締めを図るために主将だった高橋礼華を呼んで一喝していたと明かした。そういう時に限って松友はお手洗い、水飲みに行っているなどその場にいなかったことが多く、松友本人は全くの偶然だが何らかの察知をしていたのではと語った。取材中、監督のもとには松友から連絡があり、監督はよく電話がかかってきて、世間話をすると明かした。


聖ウルスラ学院英智高等学校

リオデジャネイロオリンピック女子ダブルスに出場した高橋礼華選手と松友美佐紀選手が金メダルを獲得した。2人は聖ウルスラ学院英智高等学校に進学し、余った2人でダブルスが誕生したという。


「聖ウルスラ学院英智 高等学校」に関連するイベント情報

リオデジャネイロパラリンピック

リオデジャネイロオリンピック女子ダブルスに出場した高橋礼華選手と松友美佐紀選手が金メダルを獲得した。2人は聖ウルスラ学院英智高等学校に進学し、余った2人でダブルスが誕生したという。


「聖ウルスラ学院英智 高等学校」に関連するイベント情報

リオデジャネイロオリンピック

リオデジャネイロオリンピック女子ダブルスに出場した高橋礼華選手と松友美佐紀選手が金メダルを獲得した。2人は聖ウルスラ学院英智高等学校に進学し、余った2人でダブルスが誕生したという。


「聖ウルスラ学院英智 高等学校」に関連するイベント情報

リオ五輪

バドミントンダブルスは北京五輪ベスト8の潮田玲子・小椋久美子ペア、ロンドン五輪銀メダルの藤井瑞希・垣岩令佳ペアが人気実力を兼ね備えたペアであった。タカマツペアが通っていた聖ウルスラ学院英智高等学校の田所監督は最初にペアを作るときに2人が余っていてたまたま組まされたペアだったと話す。2人は高校卒業後同じ実業団に入り、共にシングルスでやりたい気持ちだったがお互いの弱点を補うダブルスの道に進んだという。

最終第3ゲームでは終盤3点差をつけられ絶体絶命のピンチを迎えるが、連続ポイントで同点に追いつき逆にマッチポイントを迎えた。そのまま勝利し日本バドミントン史上初の金メダルを手にした。インタビューでは互いに尊敬しているという言葉を口にし感謝していると話した。

バドミントン女子ダブルス金メダル獲得を受けてのスタジオトーク。逆転勝利について安藤さんはピンチの状態でも大丈夫だと思って見ていたという。試合の解説は廣瀬栄理子さんを紹介した。

スコアを振り返る。第1ゲームの勝負のポイントとなったのは予測不能な風の影響で、入るはずのショットがアウトになってしまっていたという。第2ゲームは6点目を取った時に攻撃の速さを取り戻したことで自分たちのペースに持ち込めたという。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (38)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (15)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (23)