ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「肋骨骨折」の検索結果

「肋骨骨折」に関連する情報 170件中 1〜10件目

肋骨骨折

女優の岸恵子さんについてのトーク。大久保さんは「岸さんは見た目が若い。」等とコメントした。岸さんの今後の目標は物語を書き続ける事だという。岸さんは新品の服が嫌でヨレヨレの服が好きだという。


花粉症

厚生労働省によると先月の21日から27日までの一週間で全国推計患者数は222.6万人に達し、1999年調査開始以来最多を更新。ウェザーニューズ社によると花粉が平年より早く6年ぶりの大量飛散、関東では昨年に比べ7倍になるところも。その影響かマスク姿の人が多く見られた。インフルエンザと花粉症の併発を経験した事のある人は二度としたくないと話していた。

インフル花粉症とはインフルエンザと花粉症が同時発症するか、連続して発症する状態で、大谷医師は注意喚起をしている。インフルエンザは47全都道府県で警報が出ており、先月21日から27日までの一週間患者数は約222万人に達し、1999年調査開始以来過去最低となり、学級閉鎖をした小中学生は9000にせまっている。花粉の開始時期は平年並みかやや早い予想で、去年が記録的な猛暑だった事で6年ぶりの東日本を中心に大量飛散となる。

50代の女性は鼻水が止まらず微熱があると言う症状から、花粉症を疑ってクリニックへ。念のために検査したらインフルエンザで、クリニックに来る前に無自覚にせきやくしゃみでウイルスを撒き散らし感染を拡大していた。花粉症やインフルエンザは症状が似ており、「花粉症が長い人は花粉症のケア方法は決まっている為、症状に疑いを持たない」と若新は話す。また、せん毛と呼ばれる喉にある器官が外からの異物を排除する働きを持っているが、インフルエンザに掛かるとせん毛の働きが機能しなくなり、花粉が入ってきやすくなるため花粉症になると言う。太田は「寒暖差により免疫力や抵抗力が落ち、花粉の大量発生など、悪い要因が複合的に重なっているのも今年の要因」と指摘。「いつもの状態とは違う」と言うのが重要となる。また、花粉症併発をした後、咳喘息となり、肋骨を打撲する程の咳を連続。最悪の場合、肋骨骨折にも繋がると言い、合併症などが重なり長引く可能性も。


インフルエンザ

厚生労働省によると先月の21日から27日までの一週間で全国推計患者数は222.6万人に達し、1999年調査開始以来最多を更新。ウェザーニューズ社によると花粉が平年より早く6年ぶりの大量飛散、関東では昨年に比べ7倍になるところも。その影響かマスク姿の人が多く見られた。インフルエンザと花粉症の併発を経験した事のある人は二度としたくないと話していた。

インフル花粉症とはインフルエンザと花粉症が同時発症するか、連続して発症する状態で、大谷医師は注意喚起をしている。インフルエンザは47全都道府県で警報が出ており、先月21日から27日までの一週間患者数は約222万人に達し、1999年調査開始以来過去最低となり、学級閉鎖をした小中学生は9000にせまっている。花粉の開始時期は平年並みかやや早い予想で、去年が記録的な猛暑だった事で6年ぶりの東日本を中心に大量飛散となる。

50代の女性は鼻水が止まらず微熱があると言う症状から、花粉症を疑ってクリニックへ。念のために検査したらインフルエンザで、クリニックに来る前に無自覚にせきやくしゃみでウイルスを撒き散らし感染を拡大していた。花粉症やインフルエンザは症状が似ており、「花粉症が長い人は花粉症のケア方法は決まっている為、症状に疑いを持たない」と若新は話す。また、せん毛と呼ばれる喉にある器官が外からの異物を排除する働きを持っているが、インフルエンザに掛かるとせん毛の働きが機能しなくなり、花粉が入ってきやすくなるため花粉症になると言う。太田は「寒暖差により免疫力や抵抗力が落ち、花粉の大量発生など、悪い要因が複合的に重なっているのも今年の要因」と指摘。「いつもの状態とは違う」と言うのが重要となる。また、花粉症併発をした後、咳喘息となり、肋骨を打撲する程の咳を連続。最悪の場合、肋骨骨折にも繋がると言い、合併症などが重なり長引く可能性も。


同仁会

一昨年、岐阜・高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で入所者が相次いで死傷した問題で、当時91歳の女性に肋骨を骨折させるなど全治2ヶ月の重傷を負わせたとして昨日、元職員の男が傷害容疑で逮捕された。施設では7月31日から8月16日までの間に3人が死亡、2人が怪我をしていた。5人全員の介護に関わっていた容疑者は施設側の求めで退職、現在は再就職し去年から名古屋に住んでいた。死傷について施設を運営する医療法人の理事長は原因不明としていたが、警察は肋骨骨折は介護でできる怪我ではないとし、事件性があると判断。防犯カメラ映像の解析などから容疑者逮捕に踏み切った。被害女性は事件の約2ヶ月後に老衰で死亡。警察は容疑者の認否を明らかにせず、他の入所者の死亡の経緯についても調べている。


介護老人保健施設「それいゆ」

一昨年、岐阜・高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で入所者が相次いで死傷した問題で、当時91歳の女性に肋骨を骨折させるなど全治2ヶ月の重傷を負わせたとして昨日、元職員の男が傷害容疑で逮捕された。施設では7月31日から8月16日までの間に3人が死亡、2人が怪我をしていた。5人全員の介護に関わっていた容疑者は施設側の求めで退職、現在は再就職し去年から名古屋に住んでいた。死傷について施設を運営する医療法人の理事長は原因不明としていたが、警察は肋骨骨折は介護でできる怪我ではないとし、事件性があると判断。防犯カメラ映像の解析などから容疑者逮捕に踏み切った。被害女性は事件の約2ヶ月後に老衰で死亡。警察は容疑者の認否を明らかにせず、他の入所者の死亡の経緯についても調べている。


肋骨骨折

東京北区で都営バスが歩道に乗り上げ6人が重軽傷を負った。事故発生は午前9時20分頃「豊島三丁目」バス停付近で起きた。事故を起こしたのは王子駅前発の豊島五丁目団地行きバス。約30kmで走行していたバスは三丁目辺りで対向車線にはみ出し車道に乗り上げ電柱などをなぎ倒した。またこの事故でバス停近くにいた女性が肋骨を折るなどの重傷を負った。また当時乗客が8人ほどいてこの内4人と運転手が軽傷を負った。また事故の原因を詳しく調べる方針である。


肋骨骨折

昨日夕方、愛媛県新居浜市でトラックと乗用車が衝突し、トラックに乗っていた1人が死亡、1人が意識不明の重体となっている。普通乗用車を運転していた58歳女性は重傷。警察は事故原因を調べている。


肋骨骨折

東京荒川区で女性が乗用車にはねられる事故があり女性はその後死亡した。現場に向かったパトカーも単独事故を起こして警察官2人が怪我をした。午後3時過ぎ路上に倒れていた女性が乗用車にひかれ病院で死亡が確認された。警視庁は運転していた男を現行犯逮捕。またこの事故のため現場に駆けつけたパトカーが歩道に乗り上げた後マンションの壁にぶつかった。この事故で運転士ていた男性巡査部長が肋骨骨折、巡査が頭に怪我をした。事故当時雨で路面が濡れていたためスリップしたものと見られる。


朝日新聞

青森・つがる市の事故について、トークでは運転手が飲酒を認めて危険運転を認めていないのはおかしい、反省がないとしか思えないなどと話した。一緒に酒を飲み、事故当時に飲酒運転の車に同乗したとして逮捕された33歳の男は、今月1日に新聞の取材に運転手が酒を飲んだところは見ていないなどと答えており、隠ぺい工作ではと指摘されている(朝日新聞)。ほかに32歳の男が肋骨骨折などの重傷で入院しており、警察は退院を待って事情を聞く方針。運転手の男は会社の飲み会では代行車を使っていたというが、別の取材では異なる面がみられたという。


光がまぶしい

エリザベス女王は白内障手術を受けた。白内障は水晶体が白く濁る病気で、原因は加齢がほとんど。症状は白くぼやけたりかすんだり、光が眩しいなど。女王は手術後も休まず公務を続けている。橋本さんは「白内障は老化現象で誰でもなるため、今はなるべく早く手術したほうがいいという説もある。エリザベス女王は非常に元気だから、手術しても堪えないのだろう」などとコメントした。97歳のフィリップ殿下は人工股関節置換手術をした。手術から数日で松葉杖なしで生活していたが、お風呂場で転倒してしまい、肋骨骨折した。しかしヘンリー王子の結婚式のために階段の上り下りをするなどリハビリの努力をし、結婚式当日は堂々と歩く姿を見せた。王室関係者によると、殿下は意志の固い方で、何があっても結婚式に出席し、歩行補助器などを一切使わないというお気持ちだったという。医師のキャロル・クーパー氏は、「肋骨骨折はかなりの痛みを伴い、呼吸のたびに痛みを感じる。それでもやらなくてはならないことをやり遂げる殿下には脱帽」とコメントし、殿下のことを「アイアン・デューク(鉄の公爵)」と呼びたいとしている。末延さんは「エリザベス女王やフィリップ殿下もそうだが、元気な子どもたちを見ても、イギリスは明るいし強い」と話した。


検索結果の絞り込み