ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「胆のうがん」の検索結果

「胆のうがん」に関連する情報 642件中 1〜10件目

がん

飯塚悟志さんは以前、2018年はどん底まで悪くなる八方塞がりの厄年だと発覚した。しかし収録時の12月時点で、悪いことはなく来ているとのこと。尿路結石は問題なかったが、3年前の検査では胆のうに7つポリープが見つかっていた。当時は経過観察となりそのままにしていたという。その結果、胆のうのポリープは増加していた。推定10個以上ありそうだが、良性ならたくさんできることはよくあるという。大きさが10ミリを超えると悪性の可能性があり、飯塚さんの元々の大きさは一番大きくて7ミリ。胆のうがんは他のがんに比べ生存率が下がる怖い病気。今回も大きさは7ミリと変わらず経過観察となった。


ポリープ

飯塚悟志さんは以前、2018年はどん底まで悪くなる八方塞がりの厄年だと発覚した。しかし収録時の12月時点で、悪いことはなく来ているとのこと。尿路結石は問題なかったが、3年前の検査では胆のうに7つポリープが見つかっていた。当時は経過観察となりそのままにしていたという。その結果、胆のうのポリープは増加していた。推定10個以上ありそうだが、良性ならたくさんできることはよくあるという。大きさが10ミリを超えると悪性の可能性があり、飯塚さんの元々の大きさは一番大きくて7ミリ。胆のうがんは他のがんに比べ生存率が下がる怖い病気。今回も大きさは7ミリと変わらず経過観察となった。


肝血管腫

最初の検査は世界三大激痛の1つ、尿路結石。世界三大激痛の残り2つは心筋梗塞と群発頭痛。尿に含まれる成分が結晶化するのが尿路結石で、この医師が尿管につまると激痛が起こる。尿路結石の患者数は30代から一気に増えている。一般に男性が多いと言われているが、春奈さんも3年前に経験。急に横っ腹がうずくまるほど痛くなり、盲腸かと思って救急車を呼んだが乗る前にトイレに行ったら痛みが消え石が出たという。尿路結石は肥満・運動不足の人がなりやすい。尿路結石の検査は腹部超音波検査で行なう。この検査では尿路結石以外にも胆石を見つけることができ、管に詰まれば胆のう炎を引き起こしたり胆のうがんを誘発することも。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝はひどくなると肝臓がんになることもあり、注意が必要。まずは箕輪はるかさんが検査する。結石は白く光る物があったり、黒い影が映ったりする。はるかさんには尿路結石はなかったが、肝臓に血管腫の疑いがあった。血管腫とは血管が絡み合ってできた腫瘍だが、おそらく良性の腫瘍とのこと。肝臓がんの場合は中がモザイク状に見えたりフチが黒く映ったりするそう。しかし血栓腫が大きくなったり痛みだしたりするようなら手術の可能性もあるため、経過観察となった。


肝臓がん

最初の検査は世界三大激痛の1つ、尿路結石。世界三大激痛の残り2つは心筋梗塞と群発頭痛。尿に含まれる成分が結晶化するのが尿路結石で、この医師が尿管につまると激痛が起こる。尿路結石の患者数は30代から一気に増えている。一般に男性が多いと言われているが、春奈さんも3年前に経験。急に横っ腹がうずくまるほど痛くなり、盲腸かと思って救急車を呼んだが乗る前にトイレに行ったら痛みが消え石が出たという。尿路結石は肥満・運動不足の人がなりやすい。尿路結石の検査は腹部超音波検査で行なう。この検査では尿路結石以外にも胆石を見つけることができ、管に詰まれば胆のう炎を引き起こしたり胆のうがんを誘発することも。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝はひどくなると肝臓がんになることもあり、注意が必要。まずは箕輪はるかさんが検査する。結石は白く光る物があったり、黒い影が映ったりする。はるかさんには尿路結石はなかったが、肝臓に血管腫の疑いがあった。血管腫とは血管が絡み合ってできた腫瘍だが、おそらく良性の腫瘍とのこと。肝臓がんの場合は中がモザイク状に見えたりフチが黒く映ったりするそう。しかし血栓腫が大きくなったり痛みだしたりするようなら手術の可能性もあるため、経過観察となった。


脂肪肝

最初の検査は世界三大激痛の1つ、尿路結石。世界三大激痛の残り2つは心筋梗塞と群発頭痛。尿に含まれる成分が結晶化するのが尿路結石で、この医師が尿管につまると激痛が起こる。尿路結石の患者数は30代から一気に増えている。一般に男性が多いと言われているが、春奈さんも3年前に経験。急に横っ腹がうずくまるほど痛くなり、盲腸かと思って救急車を呼んだが乗る前にトイレに行ったら痛みが消え石が出たという。尿路結石は肥満・運動不足の人がなりやすい。尿路結石の検査は腹部超音波検査で行なう。この検査では尿路結石以外にも胆石を見つけることができ、管に詰まれば胆のう炎を引き起こしたり胆のうがんを誘発することも。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝はひどくなると肝臓がんになることもあり、注意が必要。まずは箕輪はるかさんが検査する。結石は白く光る物があったり、黒い影が映ったりする。はるかさんには尿路結石はなかったが、肝臓に血管腫の疑いがあった。血管腫とは血管が絡み合ってできた腫瘍だが、おそらく良性の腫瘍とのこと。肝臓がんの場合は中がモザイク状に見えたりフチが黒く映ったりするそう。しかし血栓腫が大きくなったり痛みだしたりするようなら手術の可能性もあるため、経過観察となった。


胆のうがん

最初の検査は世界三大激痛の1つ、尿路結石。世界三大激痛の残り2つは心筋梗塞と群発頭痛。尿に含まれる成分が結晶化するのが尿路結石で、この医師が尿管につまると激痛が起こる。尿路結石の患者数は30代から一気に増えている。一般に男性が多いと言われているが、春奈さんも3年前に経験。急に横っ腹がうずくまるほど痛くなり、盲腸かと思って救急車を呼んだが乗る前にトイレに行ったら痛みが消え石が出たという。尿路結石は肥満・運動不足の人がなりやすい。尿路結石の検査は腹部超音波検査で行なう。この検査では尿路結石以外にも胆石を見つけることができ、管に詰まれば胆のう炎を引き起こしたり胆のうがんを誘発することも。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝はひどくなると肝臓がんになることもあり、注意が必要。まずは箕輪はるかさんが検査する。結石は白く光る物があったり、黒い影が映ったりする。はるかさんには尿路結石はなかったが、肝臓に血管腫の疑いがあった。血管腫とは血管が絡み合ってできた腫瘍だが、おそらく良性の腫瘍とのこと。肝臓がんの場合は中がモザイク状に見えたりフチが黒く映ったりするそう。しかし血栓腫が大きくなったり痛みだしたりするようなら手術の可能性もあるため、経過観察となった。

飯塚悟志さんは以前、2018年はどん底まで悪くなる八方塞がりの厄年だと発覚した。しかし収録時の12月時点で、悪いことはなく来ているとのこと。尿路結石は問題なかったが、3年前の検査では胆のうに7つポリープが見つかっていた。当時は経過観察となりそのままにしていたという。その結果、胆のうのポリープは増加していた。推定10個以上ありそうだが、良性ならたくさんできることはよくあるという。大きさが10ミリを超えると悪性の可能性があり、飯塚さんの元々の大きさは一番大きくて7ミリ。胆のうがんは他のがんに比べ生存率が下がる怖い病気。今回も大きさは7ミリと変わらず経過観察となった。


急性胆のう炎

最初の検査は世界三大激痛の1つ、尿路結石。世界三大激痛の残り2つは心筋梗塞と群発頭痛。尿に含まれる成分が結晶化するのが尿路結石で、この医師が尿管につまると激痛が起こる。尿路結石の患者数は30代から一気に増えている。一般に男性が多いと言われているが、春奈さんも3年前に経験。急に横っ腹がうずくまるほど痛くなり、盲腸かと思って救急車を呼んだが乗る前にトイレに行ったら痛みが消え石が出たという。尿路結石は肥満・運動不足の人がなりやすい。尿路結石の検査は腹部超音波検査で行なう。この検査では尿路結石以外にも胆石を見つけることができ、管に詰まれば胆のう炎を引き起こしたり胆のうがんを誘発することも。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝はひどくなると肝臓がんになることもあり、注意が必要。まずは箕輪はるかさんが検査する。結石は白く光る物があったり、黒い影が映ったりする。はるかさんには尿路結石はなかったが、肝臓に血管腫の疑いがあった。血管腫とは血管が絡み合ってできた腫瘍だが、おそらく良性の腫瘍とのこと。肝臓がんの場合は中がモザイク状に見えたりフチが黒く映ったりするそう。しかし血栓腫が大きくなったり痛みだしたりするようなら手術の可能性もあるため、経過観察となった。


胆石

最初の検査は世界三大激痛の1つ、尿路結石。世界三大激痛の残り2つは心筋梗塞と群発頭痛。尿に含まれる成分が結晶化するのが尿路結石で、この医師が尿管につまると激痛が起こる。尿路結石の患者数は30代から一気に増えている。一般に男性が多いと言われているが、春奈さんも3年前に経験。急に横っ腹がうずくまるほど痛くなり、盲腸かと思って救急車を呼んだが乗る前にトイレに行ったら痛みが消え石が出たという。尿路結石は肥満・運動不足の人がなりやすい。尿路結石の検査は腹部超音波検査で行なう。この検査では尿路結石以外にも胆石を見つけることができ、管に詰まれば胆のう炎を引き起こしたり胆のうがんを誘発することも。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝はひどくなると肝臓がんになることもあり、注意が必要。まずは箕輪はるかさんが検査する。結石は白く光る物があったり、黒い影が映ったりする。はるかさんには尿路結石はなかったが、肝臓に血管腫の疑いがあった。血管腫とは血管が絡み合ってできた腫瘍だが、おそらく良性の腫瘍とのこと。肝臓がんの場合は中がモザイク状に見えたりフチが黒く映ったりするそう。しかし血栓腫が大きくなったり痛みだしたりするようなら手術の可能性もあるため、経過観察となった。


盲腸

最初の検査は世界三大激痛の1つ、尿路結石。世界三大激痛の残り2つは心筋梗塞と群発頭痛。尿に含まれる成分が結晶化するのが尿路結石で、この医師が尿管につまると激痛が起こる。尿路結石の患者数は30代から一気に増えている。一般に男性が多いと言われているが、春奈さんも3年前に経験。急に横っ腹がうずくまるほど痛くなり、盲腸かと思って救急車を呼んだが乗る前にトイレに行ったら痛みが消え石が出たという。尿路結石は肥満・運動不足の人がなりやすい。尿路結石の検査は腹部超音波検査で行なう。この検査では尿路結石以外にも胆石を見つけることができ、管に詰まれば胆のう炎を引き起こしたり胆のうがんを誘発することも。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝はひどくなると肝臓がんになることもあり、注意が必要。まずは箕輪はるかさんが検査する。結石は白く光る物があったり、黒い影が映ったりする。はるかさんには尿路結石はなかったが、肝臓に血管腫の疑いがあった。血管腫とは血管が絡み合ってできた腫瘍だが、おそらく良性の腫瘍とのこと。肝臓がんの場合は中がモザイク状に見えたりフチが黒く映ったりするそう。しかし血栓腫が大きくなったり痛みだしたりするようなら手術の可能性もあるため、経過観察となった。


群発頭痛

最初の検査は世界三大激痛の1つ、尿路結石。世界三大激痛の残り2つは心筋梗塞と群発頭痛。尿に含まれる成分が結晶化するのが尿路結石で、この医師が尿管につまると激痛が起こる。尿路結石の患者数は30代から一気に増えている。一般に男性が多いと言われているが、春奈さんも3年前に経験。急に横っ腹がうずくまるほど痛くなり、盲腸かと思って救急車を呼んだが乗る前にトイレに行ったら痛みが消え石が出たという。尿路結石は肥満・運動不足の人がなりやすい。尿路結石の検査は腹部超音波検査で行なう。この検査では尿路結石以外にも胆石を見つけることができ、管に詰まれば胆のう炎を引き起こしたり胆のうがんを誘発することも。肝臓に脂肪がたまる脂肪肝はひどくなると肝臓がんになることもあり、注意が必要。まずは箕輪はるかさんが検査する。結石は白く光る物があったり、黒い影が映ったりする。はるかさんには尿路結石はなかったが、肝臓に血管腫の疑いがあった。血管腫とは血管が絡み合ってできた腫瘍だが、おそらく良性の腫瘍とのこと。肝臓がんの場合は中がモザイク状に見えたりフチが黒く映ったりするそう。しかし血栓腫が大きくなったり痛みだしたりするようなら手術の可能性もあるため、経過観察となった。