ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連する本・コミック・雑誌 4件中 1〜4件目

「腱鞘炎」に関連する本・コミック・雑誌

漂流教室

片岡愛之助が主演する映画「マザー」は楳図かずおと亡き母との親子関係がホラーで描かれ、片岡が若き日の楳図かずおを演じている。楳図かずおは1995年以降は腱鞘炎のため漫画制作は遠ざかっているが、衰えない創作意欲から今作で映画監督を初めて務めている。片岡は監督の台本は真っ白で、脳内でしっかりと出来上がっているのだと感じたという。そんな楳図が創作を追求し続ける原動力は新しいものを見るため、知るため、作るため。


「腱鞘炎」に関連する本・コミック・雑誌

片岡愛之助が主演する映画「マザー」は楳図かずおと亡き母との親子関係がホラーで描かれ、片岡が若き日の楳図かずおを演じている。楳図かずおは1995年以降は腱鞘炎のため漫画制作は遠ざかっているが、衰えない創作意欲から今作で映画監督を初めて務めている。片岡は監督の台本は真っ白で、脳内でしっかりと出来上がっているのだと感じたという。そんな楳図が創作を追求し続ける原動力は新しいものを見るため、知るため、作るため。

「まことちゃん」

Amazon.co.jp


「腱鞘炎」に関連する本・コミック・雑誌

お笑いタレントの劇団ひとりさんが初めて監督を務めた映画「青天の霹靂」。劇団ひとり監督と主演の大泉洋さんに映画のこだわりを聞いた。劇団ひとりさんは2006年に小説家デビューし処女作「陰日向に咲く」は100万部を超えるベストセラーとなった。そして今回2作目の小説を自ら映画化。劇団ひとりさんはメガホンを取った理由について「映画は北野武さんが好きで、いずれやってみたいなという気持ちはありました」と述べた。その武さんから「周りが協力してくてるならやった方がいい」とアドバイスされたという。一方大泉洋さんはカットを割らずに約2分間マジックをやるシーンについて「24テイク目でOKが出たけど、もっと上手にできるかもしれないとさらに挑戦して結果86テイクやった」と話し、腱鞘炎になりながらも役者としてのこだわりを見せたという。

「陰日向に咲く」

Amazon.co.jp


「腱鞘炎」に関連する本・コミック・雑誌

GREEN BLOOD

タレントと柿崎正澄との対談。柿崎は漫画「GREEN BLOOD」を描くにあたって、馬の絵の練習をしたと話した。さらに柿崎は、漫画家の職業病・腱鞘炎にかかっていると話した。