ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連するイベント情報 26件中 1〜10件目

「腱鞘炎」に関連するイベント情報

世界選手権

ハンガリーで行われている卓球の世界選手権。今回が最後の世界選手権の個人戦と明言する水谷隼は、新調したサングラスをつけ、男子シングルス1回戦に登場した。「最後の1球まで悔いなく。」と語っていた。冷静なプレーで第1ゲームを奪う。カウンターのほか、体をひねる強打などで相手を圧倒し、1回戦は快勝となった。速報。日本時間午前4時すぎに終わった2回戦でも水谷選手が勝利し、3回戦進出を決めた。

張本智和が卓球の世界選手権の男子シングルス2回戦に出場した。大会直前、右手薬指の腱鞘炎を発症していたが、何の心配もいらなかった。第1ゲームでは強烈なスマッシュを放った。第2ゲームを奪い、第3ゲームでは相手の粘りを振り切った。試合時間はわずか26分。ストレート勝ちで3回戦進出を決めた。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

2017年世界選手権

21日から行われる世界選手権、張本智和は石川佳純と混合ダブルスに出場予定だったがエントリーを取り消した。アジア杯で右手薬指が腱鞘炎であることが発表されている。シングルス・男子ダブルスにはエントリーしており、負担を軽くするため出場種目を減らすことになった。代わりに混合ダブルスに出場することになったのは吉村真晴で、前回の世界選手権混合ダブルスで石川佳純と組金メダルを獲得した選手で連覇が期待される。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

アジア杯

21日から行われる世界選手権、張本智和は石川佳純と混合ダブルスに出場予定だったがエントリーを取り消した。アジア杯で右手薬指が腱鞘炎であることが発表されている。シングルス・男子ダブルスにはエントリーしており、負担を軽くするため出場種目を減らすことになった。代わりに混合ダブルスに出場することになったのは吉村真晴で、前回の世界選手権混合ダブルスで石川佳純と組金メダルを獲得した選手で連覇が期待される。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

世界選手権

21日から行われる世界選手権、張本智和は石川佳純と混合ダブルスに出場予定だったがエントリーを取り消した。アジア杯で右手薬指が腱鞘炎であることが発表されている。シングルス・男子ダブルスにはエントリーしており、負担を軽くするため出場種目を減らすことになった。代わりに混合ダブルスに出場することになったのは吉村真晴で、前回の世界選手権混合ダブルスで石川佳純と組金メダルを獲得した選手で連覇が期待される。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

全国電卓競技大会

全国電卓競技大会は82校が出場する地方予選を勝ち抜いた9校に中国の商業高校を加えた計10校が全国1位を争う。競技は掛け算など5種目が含まれる160問の計算を40分で解くというもの。上位3人の成績が最も高かったチームが優勝となる。実際の見取り算の問題用紙が紹介された。中にはマイナスも出てくる。出演者らは「本当に1番すごいのは部員らが普通の電卓で計算をしていること」などと話した。愛知商業高校珠算部は今年団体競技で初優勝を果たした。団体戦のメンバーの1人は珠算部に入ったきっかけについて「運動部に入るつもりだったが電卓を叩いてみたら『これだ!』と感じた」と話している。

練習の基本は電卓のボタンを見ることなく決められた指で1から10までの数を順に足す計算を行い、正確性を磨くこと。次はスピードを磨くことが課題となる。愛知商業の珠算部のキャプテン仲嶋は秒間5.2回の打鍵を行うが、日本のトップレベルは秒間7回の打鍵をすることも。スピードを上げるにはとにかく叩くことが大事で、愛知商業珠算部は平日には2時間、土曜は4時間電卓に向き合うことも。メンタルトレーニングや筋トレなどは行っていないとのこと。また、速さにはソフトタッチが大事になってくるため、腱鞘炎になることは無いという。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

トロント国際映画祭

8年間線維筋痛症と闘うシンガーソングライターの如月まぁやさんは、常にすごく痛い状態と話し、高校一年生の頃手首に発症したという。当初は腱鞘炎と診断された。線維筋痛症は診断が難しいことが特徴だという。西岡久寿樹理事長は症状として腫れや変形がないので画像診断でとらえるのは難しいと話した。如月まぁやさんは発症から一年後に診断されたという。現在も月一回通院しながら毎日25種類以上の薬を服用し痛みを和らげる治療を続けている。音楽は心の支えとなっているという。レディー・ガガは「必ず復帰する」と宣言している。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

世界選手権

腱鞘炎を発症してから一週間後に登坂は未だに痛みが引かずに試合に出場するか迷っていた。さらに試合前の登坂には普段の体重54kgから試合の48kgに減量しなくてはならなく食事もあまり取れなかった。6月になると登坂は大会を目前にし、体つきも明らかに変わるほどに締まりきっていた。迎えた6月21日に代々木体育館で開催した全日本選抜選手権に出場した登坂は順調に決勝まで勝ち進み長年のライバルである入江ゆきと対戦して見事に勝利をものにし世界選手権出場を決めた。

8月、世界選手権の一ヶ月前になると登坂は再びスランプに陥っていた。吉田が手助けしアドバイスするも登坂は修正できずにいた。さらに古傷も痛み始めており再発を恐れていた登坂を、富山県高岡市で離れて暮らす修さんたち両親は登坂のオーバーワークを気にかけていた。8月30日から新潟県十日町市で行われた全日本合宿で登坂は体調を取り戻しつつ有り、安心してて22歳の誕生日を迎え仲間たちに祝福された。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

全日本選抜選手権

腱鞘炎を発症してから一週間後に登坂は未だに痛みが引かずに試合に出場するか迷っていた。さらに試合前の登坂には普段の体重54kgから試合の48kgに減量しなくてはならなく食事もあまり取れなかった。6月になると登坂は大会を目前にし、体つきも明らかに変わるほどに締まりきっていた。迎えた6月21日に代々木体育館で開催した全日本選抜選手権に出場した登坂は順調に決勝まで勝ち進み長年のライバルである入江ゆきと対戦して見事に勝利をものにし世界選手権出場を決めた。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

東京五輪

スタジオに花火鑑賞士の石井孝子さんが登場、石井さんは年に60回機材を持って花火を撮影するため腱鞘炎になっており手首に包帯を巻いていた。今週末は全国121会場で行われる予定で中でも東京湾大華火祭は見る場所が東京五輪選手村建設予定地のため見納めになる可能性がある。


「腱鞘炎」に関連するイベント情報

東京湾大華火祭

スタジオに花火鑑賞士の石井孝子さんが登場、石井さんは年に60回機材を持って花火を撮影するため腱鞘炎になっており手首に包帯を巻いていた。今週末は全国121会場で行われる予定で中でも東京湾大華火祭は見る場所が東京五輪選手村建設予定地のため見納めになる可能性がある。