ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連するグルメ情報 39件中 1〜10件目

「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

ニンニク

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

大葉

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

ホウレンソウ

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

チャーシュー麺

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

ホイコーロー

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

茶壺 イブシ ヒサゴ 枝付き

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

酒器セット かたらい

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

麻辣刀削麺

東京錦糸町にある「刀削麺荘 唐家」、山椒の効いた一番人気の「麻辣刀削麺」など刀削麺の専門店。熱々の麺類なのに提供時間が短いという。早くて美味しいわけは、刀削麺を削る職人の技術が高いわけではない。活用しているのは刀削麺をすばやく削っていくロボット。茹で上がった麺はすぐさまスープに入りお客さんの元に。このロボットは中国にたくさんの兄弟がいるという。中国では腱鞘炎になる刀削麺の職人が続出しており、社会問題となっていた。それを解消しようと刀削麺のロボットが開発された。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

東京湾スズキのマリニエール

飛行機の乗り口は左になっているのは昔の船の位置に由来しているという羽鳥の豆知識が披露されたあと、田中が注文した「東京湾スズキのマリニエール」が届く。田中は美味しくいただき、4200円と予想。正解は4800円と惜しい誤差だった。田中は子どもを抱っこしすぎて腱鞘炎になったなどのエピソードを語った。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

南高梅

紀州・南高梅の里でご飯調査。「渡部さんですよね?」と声をかけられた渡部陽一さん。声をかけてきた男性は今、梅の枝を剪定していたと話した。本当は花が咲くまでに終わらせなければいけない剪定作業だが、少し遅れていると説明した。ここは見てもらうための梅林ではなく、南高梅を収穫するたの畑だという。みなべ町で栽培される梅の木はおよそ65万本で、そのほとんどが南高梅。梅の実の収穫は6月からで、梅干しに使用するのは完熟梅。昔は剪定ばさみで作業を行っていたが、腱鞘炎になってしまうため、最近で圧縮空気で動く剪定ばさみを使って剪定作業を行う。男性はこの地で10代以上続く梅農家の片山さん。みなべ梅林に所有する約3000坪の敷地で300本ほどの南高梅を栽培している。近くで営んでいるお店に案内していただいた。

約束の時間まで、折角なのでさらに塩分の高い南高梅を求めてご飯調査。閉まっているお店を覗いていると外から男性が現れた。糸川さんは茶屋を営んでいるというが、今期の営業はもう終わったと話した。糸川さんは南高梅を栽培する梅農家。梅の花が咲く時期だけ、自家製梅干しの販売やおでんラーメンなどを扱う茶屋を開いているという。作業中の糸川さんに「あなたのご飯見せて下さい」と交渉。糸川さんは奥さんに交渉を行ってくれた。なんと奥さんがおにぎりにしてお昼ご飯を持ってきてくれることになった。

糸川さんのお宅もこの山の途中にあるという。間もなく90歳になるおばあちゃんも駆けつけてくれた。アジの塩焼き入りの愛情いっぱいの梅おにぎりを見せていただいた。塩分20%の梅干しをひとつ食べさせてもらい、渡部陽一は「酸っぱい!美味しい!酸っぱさとしっかり梅の甘みも出ている」等と話した。これからは梅を作る本番の作業に入るといい、これから花が咲いて花びらの中に小さな赤ちゃんの梅の実ができているのでそこへ肥料を与えるという。