ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連するグルメ情報 34件中 1〜10件目

「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

茶壺 イブシ ヒサゴ 枝付き

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

酒器セット かたらい

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

麻辣刀削麺

東京錦糸町にある「刀削麺荘 唐家」、山椒の効いた一番人気の「麻辣刀削麺」など刀削麺の専門店。熱々の麺類なのに提供時間が短いという。早くて美味しいわけは、刀削麺を削る職人の技術が高いわけではない。活用しているのは刀削麺をすばやく削っていくロボット。茹で上がった麺はすぐさまスープに入りお客さんの元に。このロボットは中国にたくさんの兄弟がいるという。中国では腱鞘炎になる刀削麺の職人が続出しており、社会問題となっていた。それを解消しようと刀削麺のロボットが開発された。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

東京湾スズキのマリニエール

飛行機の乗り口は左になっているのは昔の船の位置に由来しているという羽鳥の豆知識が披露されたあと、田中が注文した「東京湾スズキのマリニエール」が届く。田中は美味しくいただき、4200円と予想。正解は4800円と惜しい誤差だった。田中は子どもを抱っこしすぎて腱鞘炎になったなどのエピソードを語った。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

南高梅

紀州・南高梅の里でご飯調査。「渡部さんですよね?」と声をかけられた渡部陽一さん。声をかけてきた男性は今、梅の枝を剪定していたと話した。本当は花が咲くまでに終わらせなければいけない剪定作業だが、少し遅れていると説明した。ここは見てもらうための梅林ではなく、南高梅を収穫するたの畑だという。みなべ町で栽培される梅の木はおよそ65万本で、そのほとんどが南高梅。梅の実の収穫は6月からで、梅干しに使用するのは完熟梅。昔は剪定ばさみで作業を行っていたが、腱鞘炎になってしまうため、最近で圧縮空気で動く剪定ばさみを使って剪定作業を行う。男性はこの地で10代以上続く梅農家の片山さん。みなべ梅林に所有する約3000坪の敷地で300本ほどの南高梅を栽培している。近くで営んでいるお店に案内していただいた。

約束の時間まで、折角なのでさらに塩分の高い南高梅を求めてご飯調査。閉まっているお店を覗いていると外から男性が現れた。糸川さんは茶屋を営んでいるというが、今期の営業はもう終わったと話した。糸川さんは南高梅を栽培する梅農家。梅の花が咲く時期だけ、自家製梅干しの販売やおでんラーメンなどを扱う茶屋を開いているという。作業中の糸川さんに「あなたのご飯見せて下さい」と交渉。糸川さんは奥さんに交渉を行ってくれた。なんと奥さんがおにぎりにしてお昼ご飯を持ってきてくれることになった。

糸川さんのお宅もこの山の途中にあるという。間もなく90歳になるおばあちゃんも駆けつけてくれた。アジの塩焼き入りの愛情いっぱいの梅おにぎりを見せていただいた。塩分20%の梅干しをひとつ食べさせてもらい、渡部陽一は「酸っぱい!美味しい!酸っぱさとしっかり梅の甘みも出ている」等と話した。これからは梅を作る本番の作業に入るといい、これから花が咲いて花びらの中に小さな赤ちゃんの梅の実ができているのでそこへ肥料を与えるという。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

ラーメン

手首の痛みと戦いながらも頑張る料理人が山口・岩国市にいるという。山奥に有りながら常に行列ができるらあめん彩龍の店主・森本照文さん。この店の売りはもちろんラーメンだが、一番人気はチャーハン。そのため毎日重い中華鍋を降り続け左手首が腱鞘炎に。一番人気のため止めるわけにはいかないが、注文を減らすため2つの作戦を決行。まずはチャーハンを単品メニューから外し、ラーメンとチャーハンのコンビでしか食べられなくする作戦。しかし、コンビが飛ぶように売れるようになった。そこで次の作戦が、チャーハン以外をすすめる張り紙作戦を決行。だが、全く効果なし。その姿を厨房で見続けるのが高校生の娘・彩香さん。痛いと言いながらも鍋を振り続ける父の姿に「かっこいいなと思います」「尊敬してます」と語る。この言葉を森本さんに伝えると、「ありがたいねぇ、涙が出る」と話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

マグロ

航海27日目は暴風雨となった。左手中指の腱鞘炎を患っていた静恵一さんは、それを周りに隠しながら作業を続けていた。この日は11匹の巨大マグロが釣れた。

航海29日目は穏やかな日となり、マグロも順調に釣れた。航海31日目にはついに目標の42トンを達成。合計248匹、1日平均169kgのマグロが釣れた。マグロ釣りの過酷さを知った静恵一は、「日本の皆さんマグロを大切に食べてください」と呼びかけた。

関根勤はVTRを振り返り「今度からは味をかみしめながらマグロを食べたいと思う。390kgのマグロはすごかった」と話した。

関根勤ら一行が、日本一おいしいマグロが食べられると評判の静岡市清水区にある「末廣鮨」を訪ねた。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

大根

続いては、栃木県岩舟町の闇の中を進んだ場所にある「天山」である。店構えが怪しいだけに、客は男性がほとんどである。メニューを見ると本格的な中華料理が並んでおり、ここの店主は元高級中華料理店の料理長を務めていた腕前である。白油鶏や豆鼓蝦仁など料理のレパートリーは1000種類ほどである。四川料理を得意としているため「麻婆豆腐」を作ってもらった。実際に試食すると甘さと辛さのバランスが非常に良い一品であるようだ。女性客が来ないのは立地的な問題であるという。店主は元々中華料理一筋であり、銀座で高級店の料理長を務めたが、のんびりやりたかったことや腱鞘炎をきっかけに、物件を探していた所この建物に出会ったという。妻は元々、手伝わないと思っていたが、後に17年共働きしている。妻の支えによって今は昼間に女性客がやってくるようになった。名物の「大根湯麺」は大根の甘みと鶏のスープの塩気と酸味が効き複雑なハーモニーになり、女性が好きそうな味である。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

大根湯麺

続いては、栃木県岩舟町の闇の中を進んだ場所にある「天山」である。店構えが怪しいだけに、客は男性がほとんどである。メニューを見ると本格的な中華料理が並んでおり、ここの店主は元高級中華料理店の料理長を務めていた腕前である。白油鶏や豆鼓蝦仁など料理のレパートリーは1000種類ほどである。四川料理を得意としているため「麻婆豆腐」を作ってもらった。実際に試食すると甘さと辛さのバランスが非常に良い一品であるようだ。女性客が来ないのは立地的な問題であるという。店主は元々中華料理一筋であり、銀座で高級店の料理長を務めたが、のんびりやりたかったことや腱鞘炎をきっかけに、物件を探していた所この建物に出会ったという。妻は元々、手伝わないと思っていたが、後に17年共働きしている。妻の支えによって今は昼間に女性客がやってくるようになった。名物の「大根湯麺」は大根の甘みと鶏のスープの塩気と酸味が効き複雑なハーモニーになり、女性が好きそうな味である。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

白油鶏

続いては、栃木県岩舟町の闇の中を進んだ場所にある「天山」である。店構えが怪しいだけに、客は男性がほとんどである。メニューを見ると本格的な中華料理が並んでおり、ここの店主は元高級中華料理店の料理長を務めていた腕前である。白油鶏や豆鼓蝦仁など料理のレパートリーは1000種類ほどである。四川料理を得意としているため「麻婆豆腐」を作ってもらった。実際に試食すると甘さと辛さのバランスが非常に良い一品であるようだ。女性客が来ないのは立地的な問題であるという。店主は元々中華料理一筋であり、銀座で高級店の料理長を務めたが、のんびりやりたかったことや腱鞘炎をきっかけに、物件を探していた所この建物に出会ったという。妻は元々、手伝わないと思っていたが、後に17年共働きしている。妻の支えによって今は昼間に女性客がやってくるようになった。名物の「大根湯麺」は大根の甘みと鶏のスープの塩気と酸味が効き複雑なハーモニーになり、女性が好きそうな味である。