ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連する映画・DVD 32件中 1〜10件目

「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

森下菜月さん

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

赤胴鈴之助

三浦友和、松重豊、大杉漣が、北野武監督の映画に出演したときのエピソードを語った。北野映画の撮影本番は1発撮りで、役者に演出の指示はほとんどなかったという。北野武が、漫才でもやり直しするのは嫌いだから、1発撮りしていると語った。北野武が「その男、凶暴につき」で映画監督デビューしたときに、撮影スタッフに舐められないために、赤胴鈴之助のコスプレをして現場に行ったエピソードを語った。白竜が「その男、凶暴につき」の銃撃シーンで、腱鞘炎になったエピソードを語った。


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

その男、凶暴につき

ビートたけしは、「その男、凶暴につき」で映画監督デビューし、タオルミナ国際映画祭カリッディ金賞などを受賞している。

三浦友和、松重豊、大杉漣が、北野武監督の映画に出演したときのエピソードを語った。北野映画の撮影本番は1発撮りで、役者に演出の指示はほとんどなかったという。北野武が、漫才でもやり直しするのは嫌いだから、1発撮りしていると語った。北野武が「その男、凶暴につき」で映画監督デビューしたときに、撮影スタッフに舐められないために、赤胴鈴之助のコスプレをして現場に行ったエピソードを語った。白竜が「その男、凶暴につき」の銃撃シーンで、腱鞘炎になったエピソードを語った。


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

アウトレイジ

ビートたけしは、「その男、凶暴につき」で映画監督デビューし、タオルミナ国際映画祭カリッディ金賞などを受賞している。

三浦友和、松重豊、大杉漣が、北野武監督の映画に出演したときのエピソードを語った。北野映画の撮影本番は1発撮りで、役者に演出の指示はほとんどなかったという。北野武が、漫才でもやり直しするのは嫌いだから、1発撮りしていると語った。北野武が「その男、凶暴につき」で映画監督デビューしたときに、撮影スタッフに舐められないために、赤胴鈴之助のコスプレをして現場に行ったエピソードを語った。白竜が「その男、凶暴につき」の銃撃シーンで、腱鞘炎になったエピソードを語った。


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

アウトレイジ 最終章

ビートたけしは、「その男、凶暴につき」で映画監督デビューし、タオルミナ国際映画祭カリッディ金賞などを受賞している。

三浦友和、松重豊、大杉漣が、北野武監督の映画に出演したときのエピソードを語った。北野映画の撮影本番は1発撮りで、役者に演出の指示はほとんどなかったという。北野武が、漫才でもやり直しするのは嫌いだから、1発撮りしていると語った。北野武が「その男、凶暴につき」で映画監督デビューしたときに、撮影スタッフに舐められないために、赤胴鈴之助のコスプレをして現場に行ったエピソードを語った。白竜が「その男、凶暴につき」の銃撃シーンで、腱鞘炎になったエピソードを語った。


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

中尾彬が、アウトレイジビヨンドで射殺されるシーンを撮影した時のエピソードをスタジオトーク。

西田敏行が、アウトレイジビヨンドに出演する時に、松村邦洋に北野武監督のモノマネをしてもらったエピソードをトークした。ピエール瀧が、新井浩文から北野武監督は撮影現場では怖いと聞かされたエピソードを語った。

三浦友和、松重豊、大杉漣が、北野武監督の映画に出演したときのエピソードを語った。北野映画の撮影本番は1発撮りで、役者に演出の指示はほとんどなかったという。北野武が、漫才でもやり直しするのは嫌いだから、1発撮りしていると語った。北野武が「その男、凶暴につき」で映画監督デビューしたときに、撮影スタッフに舐められないために、赤胴鈴之助のコスプレをして現場に行ったエピソードを語った。白竜が「その男、凶暴につき」の銃撃シーンで、腱鞘炎になったエピソードを語った。

 (劇場公開日 2012年10月6日)
「アウトレイジ ビヨンド」

映画.com

(C)2012「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

みやぞんはサンシャイン池崎について、「声が大きいですね」と評し、3人の中で人気が落ちる芸人にアキラ100%を挙げた。ピアニストのように手を酷使して腱鞘炎になり、ネタ中にお盆を落として失態を演じてしまうと考えている。

「裸の王様[SSBX-2614][DVD]」

価格.com


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

山崎繁樹執行役員

東京・上野の刀削麺荘 唐家 上野店では麺を削るためのロボットを導入している。腱鞘炎を防ぐほか、人手不足の解消というメリットがあるという。加藤英心店長は、ロボットがいるので自分たちは接客などができると話した。外国人観光客の増加で飲食業は深刻な人手不足になっていて、飲食サービス・宿泊業の新規求人は前年比16.7%増加している。新宿区のリンガーハット 新宿神楽店では導入されたばかりの生ぎょうざの箱詰めロボットが活躍していた。経済産業省はロボット導入実証事業を実施し人手不足解消や生産性向上を支援している。山崎繁樹執行役員は導入費の半分の600万円を補助してもらえると話した。お仕事ロボットが人手不足解消の切り札になりそうだ。


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

入江ゆき

腱鞘炎を発症してから一週間後に登坂は未だに痛みが引かずに試合に出場するか迷っていた。さらに試合前の登坂には普段の体重54kgから試合の48kgに減量しなくてはならなく食事もあまり取れなかった。6月になると登坂は大会を目前にし、体つきも明らかに変わるほどに締まりきっていた。迎えた6月21日に代々木体育館で開催した全日本選抜選手権に出場した登坂は順調に決勝まで勝ち進み長年のライバルである入江ゆきと対戦して見事に勝利をものにし世界選手権出場を決めた。


「腱鞘炎」に関連する映画・DVD

マザー

片岡愛之助が主演する映画「マザー」は楳図かずおと亡き母との親子関係がホラーで描かれ、片岡が若き日の楳図かずおを演じている。楳図かずおは1995年以降は腱鞘炎のため漫画制作は遠ざかっているが、衰えない創作意欲から今作で映画監督を初めて務めている。片岡は監督の台本は真っ白で、脳内でしっかりと出来上がっているのだと感じたという。そんな楳図が創作を追求し続ける原動力は新しいものを見るため、知るため、作るため。