ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連するその他の情報 209件中 1〜10件目

腱鞘炎

張本智和が卓球の世界選手権の男子シングルス2回戦に出場した。大会直前、右手薬指の腱鞘炎を発症していたが、何の心配もいらなかった。第1ゲームでは強烈なスマッシュを放った。第2ゲームを奪い、第3ゲームでは相手の粘りを振り切った。試合時間はわずか26分。ストレート勝ちで3回戦進出を決めた。


腱鞘炎

張本選手の活躍の話題。14歳61日でワールドツアー優勝、14歳6ヶ月で全日本選手権優勝、15歳6ヶ月でグランドファイナル優勝となっている。世界選手権でメダルを獲得すれば大会史上最年少でのメダリストとなる。3回戦は今日行われる。


腱鞘炎

世界選手権日本代表が昨日羽田空港から合宿地のドイツへ向け出発した。今年は5種目行われるが、中でも世界ランキング上位2人が、東京オリンピック代表に内定する男女シングルスの選手にとっては特に重要な一戦。伊藤美誠は楽しみで仕方がないとコメント。男子の注目は張本智和。先日アジアカップで痛めた右手薬指の状態が心配されるが、日本男子40年ぶりのメダル獲得が期待される。2種目に出場しどちらでも金メダル目指すとコメント。水谷隼は代表争い3番手。一秒でも長くコートに立っていたいとコメントした。


腱鞘炎

張本智和ら卓球の日本代表メンバーが、21日から始まる世界選手権に向けて出発した。張本は痛めた右手薬指について「まだ大きな痛みは出ていない。試合が始まるまで分からない」と話した。


腱鞘炎

卓球世界選手権を前に公開練習が行われた。メダル獲得に強い意欲を見せる張本だが、先週右手薬指の腱鞘炎と診断されており懸念が残る。一方、ボールが見えないという水谷隼はサングラスを着用。平成で自分の名を残せたので、令和でも多少は残せるように頑張りたい、とコメントした。


腱鞘炎

和歌山・みなべ町。梅林へ入った渡部は、梅農家の男性・片山清範さんと出会った。男性は枝の剪定(無駄な枝を落とす)をしていたところだった。みなべ町で栽培されているおよそ65万本の梅はほとんど南高梅。6月上旬に実の収穫が行われる。片山さんは10代以上続く梅農家で、300本の梅を栽培している。「片山農園」という店もやっていて、梅干しの他にも「うめジャム」などの加工品も扱っている。南高梅の梅干しは塩分15〜20%で漬けられており、片山さんは塩だけで食べるのだという。塩味のきいた梅干しを食べた渡部は「極上です!」とコメント。そこで、「あなたのご飯見せてください」と交渉すると、昼は食べてしまったということなので、なんとか夜に見せてもらうことになった。


けんしょう炎

21日から行われる世界選手権、張本智和は石川佳純と混合ダブルスに出場予定だったがエントリーを取り消した。アジア杯で右手薬指が腱鞘炎であることが発表されている。シングルス・男子ダブルスにはエントリーしており、負担を軽くするため出場種目を減らすことになった。代わりに混合ダブルスに出場することになったのは吉村真晴で、前回の世界選手権混合ダブルスで石川佳純と組金メダルを獲得した選手で連覇が期待される。


腱鞘炎

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


腱鞘炎

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。


大阪錫器

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。