ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店 21件中 1〜10件目

「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

一之江に二刀流の店がある。「パスタ イタチャイナ」はパスタの店。人気は「たっぷりチーズ」で842円。トマトベースのソースにエダムなどの3種類のチーズが乗っている。濃厚で麺にモチモチ感がありトマトの酸味とチーズのコクがありまろやかで味に角がなく食べやすい。トマトソースには和風だしを加える。殆どのパスタメニューに和風だしが使われていてスープパスタのようにたっぷりのソースが特徴。麺は細めのパスタで4分茹でサラダ油でコーティングし注文が入ったら1分茹でて1分ソースとなじませたら完成。パスタは約30種類。

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。

 (イタリアン、中華料理、パスタ)

「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

陣内孝則の伝説を同じく福岡出身のパンクブーブー黒瀬が聞き込み調査。最初に向かったのは陣内が出演していたライブハウス。深町健二郎さんはロッカーズの特徴の一つが尖った靴で、ステージに上がってこようとするファンを蹴っていたと話した。糸岐由紀子さんは陣内は当時彼女が3人いた。学園祭でライブをやったときにジャンブしてズボンが破れファンがキャーキャー言っていた。スマイリー原島さんは部屋に一輪のバラがあるときは彼女が来るときだったと話した。

女性問題について陣内孝則は当時は肉欲の野獣だった。また黒瀬はあらたまで本当は焼き飯を食べるはずだったが、陣内が焼き飯が美味いと言ったからお客さんが皆、焼き飯を頼むのでマスターが腱鞘炎になったと話した。

 (定食・食堂)

「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

刀削麺荘 唐家

東京錦糸町にある「刀削麺荘 唐家」、山椒の効いた一番人気の「麻辣刀削麺」など刀削麺の専門店。熱々の麺類なのに提供時間が短いという。早くて美味しいわけは、刀削麺を削る職人の技術が高いわけではない。活用しているのは刀削麺をすばやく削っていくロボット。茹で上がった麺はすぐさまスープに入りお客さんの元に。このロボットは中国にたくさんの兄弟がいるという。中国では腱鞘炎になる刀削麺の職人が続出しており、社会問題となっていた。それを解消しようと刀削麺のロボットが開発された。


「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

手首の痛みと戦いながらも頑張る料理人が山口・岩国市にいるという。山奥に有りながら常に行列ができるらあめん彩龍の店主・森本照文さん。この店の売りはもちろんラーメンだが、一番人気はチャーハン。そのため毎日重い中華鍋を降り続け左手首が腱鞘炎に。一番人気のため止めるわけにはいかないが、注文を減らすため2つの作戦を決行。まずはチャーハンを単品メニューから外し、ラーメンとチャーハンのコンビでしか食べられなくする作戦。しかし、コンビが飛ぶように売れるようになった。そこで次の作戦が、チャーハン以外をすすめる張り紙作戦を決行。だが、全く効果なし。その姿を厨房で見続けるのが高校生の娘・彩香さん。痛いと言いながらも鍋を振り続ける父の姿に「かっこいいなと思います」「尊敬してます」と語る。この言葉を森本さんに伝えると、「ありがたいねぇ、涙が出る」と話した。


「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

天山

続いては、栃木県岩舟町の闇の中を進んだ場所にある「天山」である。店構えが怪しいだけに、客は男性がほとんどである。メニューを見ると本格的な中華料理が並んでおり、ここの店主は元高級中華料理店の料理長を務めていた腕前である。白油鶏や豆鼓蝦仁など料理のレパートリーは1000種類ほどである。四川料理を得意としているため「麻婆豆腐」を作ってもらった。実際に試食すると甘さと辛さのバランスが非常に良い一品であるようだ。女性客が来ないのは立地的な問題であるという。店主は元々中華料理一筋であり、銀座で高級店の料理長を務めたが、のんびりやりたかったことや腱鞘炎をきっかけに、物件を探していた所この建物に出会ったという。妻は元々、手伝わないと思っていたが、後に17年共働きしている。妻の支えによって今は昼間に女性客がやってくるようになった。名物の「大根湯麺」は大根の甘みと鶏のスープの塩気と酸味が効き複雑なハーモニーになり、女性が好きそうな味である。


「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

刀削麺荘唐家

ジャーナリストの周来友さんが、中国で刀削麺ロボットがつくる店を紹介した。ロボットのおかげで腱鞘炎がなおり、店の評判もあがったと店主は話した。1台8万円から。中国全土に広まっているという。一方日本でも、刀削麺ロボを使う店を紹介。ロボットを作っている穿山甲ロボットを紹介。炒めロボなどを紹介。年間8000台を生産している。中国政府のロボット化政策が背景にあるという。開発中の「小雪」は家庭用見守りロボットで約12万円を想定しているという。


「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

東京・亀戸の「亀戸餃子」。2代目店主の石井清さんの指は腱鞘炎でドクターストップがかけられている。それでもまだ向上心があり餃子を焼き続けるのだという。

「亀戸餃子」「ホワイト餃子」「?好 別館」のそれぞれのこだわり比を紹介した。


「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

東京・上野の刀削麺荘 唐家 上野店では麺を削るためのロボットを導入している。腱鞘炎を防ぐほか、人手不足の解消というメリットがあるという。加藤英心店長は、ロボットがいるので自分たちは接客などができると話した。外国人観光客の増加で飲食業は深刻な人手不足になっていて、飲食サービス・宿泊業の新規求人は前年比16.7%増加している。新宿区のリンガーハット 新宿神楽店では導入されたばかりの生ぎょうざの箱詰めロボットが活躍していた。経済産業省はロボット導入実証事業を実施し人手不足解消や生産性向上を支援している。山崎繁樹執行役員は導入費の半分の600万円を補助してもらえると話した。お仕事ロボットが人手不足解消の切り札になりそうだ。

 (ちゃんぽん)

「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

刀削麺荘 唐家 上野店

東京・上野の刀削麺荘 唐家 上野店では麺を削るためのロボットを導入している。腱鞘炎を防ぐほか、人手不足の解消というメリットがあるという。加藤英心店長は、ロボットがいるので自分たちは接客などができると話した。外国人観光客の増加で飲食業は深刻な人手不足になっていて、飲食サービス・宿泊業の新規求人は前年比16.7%増加している。新宿区のリンガーハット 新宿神楽店では導入されたばかりの生ぎょうざの箱詰めロボットが活躍していた。経済産業省はロボット導入実証事業を実施し人手不足解消や生産性向上を支援している。山崎繁樹執行役員は導入費の半分の600万円を補助してもらえると話した。お仕事ロボットが人手不足解消の切り札になりそうだ。


「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

中華料理 天山

こちらの店は「中華料理 天山」。店主の青木さんはかつて銀座の名店で修行していたが、中華鍋を振りすぎて腱鞘炎となり15年前に現在の店を開店させた。現在も怪しげな店を続けているのは、味だけで客を呼べるか試したいためだという。