ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腱鞘炎」の検索結果

「腱鞘炎」に関連する情報 352件中 11〜20件目

「腱鞘炎」に関連するイベント情報

世界選手権

21日から行われる世界選手権、張本智和は石川佳純と混合ダブルスに出場予定だったがエントリーを取り消した。アジア杯で右手薬指が腱鞘炎であることが発表されている。シングルス・男子ダブルスにはエントリーしており、負担を軽くするため出場種目を減らすことになった。代わりに混合ダブルスに出場することになったのは吉村真晴で、前回の世界選手権混合ダブルスで石川佳純と組金メダルを獲得した選手で連覇が期待される。


腱鞘炎

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

ニンニク

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

大葉

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

ホウレンソウ

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

チャーシュー麺

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

ホイコーロー

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。


「腱鞘炎」に関連するレストラン・飲食店

一之江に二刀流の店がある。「パスタ イタチャイナ」はパスタの店。人気は「たっぷりチーズ」で842円。トマトベースのソースにエダムなどの3種類のチーズが乗っている。濃厚で麺にモチモチ感がありトマトの酸味とチーズのコクがありまろやかで味に角がなく食べやすい。トマトソースには和風だしを加える。殆どのパスタメニューに和風だしが使われていてスープパスタのようにたっぷりのソースが特徴。麺は細めのパスタで4分茹でサラダ油でコーティングし注文が入ったら1分茹でて1分ソースとなじませたら完成。パスタは約30種類。

夜には中華料理がある。ホイコーローなど10種類ほどある。パスタより種類が少ない理由は、オープン時にはチャーハンが人気だったが毎日中華鍋を振るううちに腱鞘炎になってしまい腕に負担の掛からないパスタ料理を増やしパスタ中心のメニューになった。ホテルでフランス料理を作っていた堀澤さんは楽しく食事をしてほしいという思いから独立を決心した。イタリアンも中華もあまり作っていなかったがホテル時代のレシピを元に研究し2001年にオープンした。チャーシュー麺はスープがなく麺はパスタ。シンプルなニンニクの香りと味わいの後にごま油のいい香りがしてチャーシューがとろとろに柔らかくパスタと調和している。ホウレンソウと唐辛子とガーリックオイルに和風だしを加えパスタを投入し隠し味としてピストゥを加える。堀澤さんはウチじゃないと食べられないと思いながら作っているなどと話した。

 (イタリアン、中華料理、パスタ)

腱鞘炎

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。


「腱鞘炎」に関連するグルメ情報

茶壺 イブシ ヒサゴ 枝付き

生涯修行と呼ばれる厳しい世界の錫器職人。ある職人の女性に密着。大阪錫器の森下さんは職人見習いとして技術を磨きながら商品開発も担当している。錫は他の金属より加工しやすく、古くから酒や茶の器として愛されてきた。慣れた職人はタンブラーンなら1日に800〜1000個作るといわれ、3年目の菜月さんも500個ほどは作るという。一人前になるためには12年続け伝統工芸士の受験資格をもらう必要がある。錫を溶かすため夏場は暑く、少しでも錫に汗や水が入ると爆発することもあるそう。すずちゃんもこの工芸品作りを体験することに。型に錫を流し込んだあとは研磨作業に入る。ろくろを回しカンナで削るこの作業は技量と体力を問われ、菜月さんもまだ行ったことがなく、取り掛かるまでに10年以上はかかる。その後は柄の付いた金槌でタンブラーをデザインする。これには柄をつけることで、ついてしまう傷が目立たなくなる効果がある。菜月さんは細かな作業が続き腱鞘炎のようになったことがあると苦労を話すが、自分の知識も広がるし飽きないと、工芸品作りに対する思いを語った。