ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「腹痛」の検索結果

「腹痛」に関連する情報 3219件中 1〜10件目

ボルゾイ

「仕事で外を回っていた時、とても酷い飼われ方をしたボルゾイを見かけた。何とか助けてあげたい!」と、おとといSNSに動画が投稿された。良くみると、目の周りはただれており、体毛も手入れがされていない。2頭のいる犬舎はボロボロで周りにはゴミやフンが散乱している。臭いを消すのに周りに漂白剤を撒いているという。とくダネ!は飼い主夫婦に取材を行った。飼い主の男性は「臭いを抑えるために漂白剤をまいていたのは確かだから」とコメントした。飼い主の女性は、面倒をみられなかった理由は?という質問に対して「理由はただ単に、自分がサボっていただけ」とコメントした。

「ボルゾイ」はロシア原産の狩猟犬。長い脚が特徴で落ち着いた優雅な性格だということ。運動量が豊富で、よく動き回る。漂白剤が撒かれた犬小屋で飼われていたという。専門家による虐待疑惑の映像分析では、呼吸が早いように見え、呼吸器に問題が起っている可能性があるという。毛が脱色しているように見え、慢性的に触れている可能性があるということ。漂白剤を舐めてしまった場合は、嘔吐・腹痛を起こす可能性がある。SNSに動画が投稿されたのは先週の金曜日、動画を見た人から保健所、警察に問い合わせがあった。昨日現場調査を行ったが飼い主は「管理が悪かった」「面倒を見られなかったというより見なかった」などとしている。保健所の見解は、犬の状態から「虐待とは考えづらい」としている。去年の1年半前にも保健所に電話で情報提供がされたが、現地調査の際にふん・尿・漂白剤のボトルがあったが、1週間後状況が改善されており、10年前にも近隣住民から匂いに関する苦情があった。出演者らは「飼い主のみなさんが、家族の一員であるとの志を持って飼育に挑んでいただきたい」などと話した。月に一回のシャンプーと毎日のブラッシングが必要だという。ストレスを与えないのが大事だという。ボルゾイはストレスを感じると吠えたり、かみついたりするなどの習性があるという。室内であれば30平方メートルのスペースが必要で、外で買うなら柵を整備し、一時間の散歩を1日二回する必要がある。出演者らは「安易に動物を飼うのはいけない」などとコメントした。


腹痛

名医のセカンドオピニオン「実際の症例」長引く腰痛。竹村先生が暴き出した吉田さんを苦しめた本当の病の正体は大腸憩室炎による腰痛。大腸憩室炎は腸の壁の一部が膨らみ便などが詰まって炎症が起きる病。放って置くと命に関わる危険もある。主な症状は腹痛だが吉田さんは腸腰筋の上を通る大腸で発生し腰痛として痛みを感じていた。竹村先生が気づいたきっかけは冷房が効いているのに汗をかいていたことなど。吉田さんは竹村先生に感謝していると口にした。


大腸憩室炎

名医のセカンドオピニオン「実際の症例」長引く腰痛。竹村先生が暴き出した吉田さんを苦しめた本当の病の正体は大腸憩室炎による腰痛。大腸憩室炎は腸の壁の一部が膨らみ便などが詰まって炎症が起きる病。放って置くと命に関わる危険もある。主な症状は腹痛だが吉田さんは腸腰筋の上を通る大腸で発生し腰痛として痛みを感じていた。竹村先生が気づいたきっかけは冷房が効いているのに汗をかいていたことなど。吉田さんは竹村先生に感謝していると口にした。


腰痛

名医のセカンドオピニオン「実際の症例」長引く腰痛。竹村先生が暴き出した吉田さんを苦しめた本当の病の正体は大腸憩室炎による腰痛。大腸憩室炎は腸の壁の一部が膨らみ便などが詰まって炎症が起きる病。放って置くと命に関わる危険もある。主な症状は腹痛だが吉田さんは腸腰筋の上を通る大腸で発生し腰痛として痛みを感じていた。竹村先生が気づいたきっかけは冷房が効いているのに汗をかいていたことなど。吉田さんは竹村先生に感謝していると口にした。


SFTS

今月宮崎県で男性2人が死亡した。2人は6月下旬に発熱、腹痛、下痢を訴え医療機関を受信し7月にSFTSと診断されていた。発症前2人とも農作業をしており身体にはダニに噛まれた痕があったという。SFTSは熱が出て血小板が減る病気で非常に致死率が高いと説明された。フタトゲチマダニの中の一部がSFTSのウィルスを持っており、噛まれると発症する可能性があるという。感染すると15%の致死率であると語られた。発症数がマダニに噛まれた人の数から考えれば少なく思えると述べられ、軽く発症した人はさらにいるのだと思われると答えられた。また高齢者に感染者が多く年令とともに免疫が下がるためだと述べられた。マダニは吸血前は3ミリほどだが旧家東京後には1センチほどになり、潰すと血だけ出るなどと語られた。まだマダニは森林、草むら、公園などにいて一番問題なのは子供が遊びに行く草むらだと解説された。マダニは頭が良くやってくるのを待っているという。

都市部でも草むらに居てもおかしくはないかと質問され居てもおかしくない、今年5月東京でも感染が確認されたなどと語られた。本来は九州など西で多かったが最近石川県などでも確認されているという。SFTSウイルスの潜伏期間は6日から2週間で噛まれた瞬間は痛みや痒みがないためすぐには気が付かないと解説された。マダニは吸血中に素人が取ると吸血口などが残ってしまい危ないため皮膚科で取ってもらうようにと伝えられた。2013年に国が感染症に指定し、6年間で患者は434人、うち66人が死亡しており現在も特効薬がないという。臨床研究をしている薬はあるとのこと。また野良猫から感染して10日後に死亡したとみられる例もあるという。厚生労働省は屋内で飼っている猫にはリスクはないが屋外で体調不良のペットに接触する場合には注意が必要としている。


フタトゲチマダニ

今月宮崎県で男性2人が死亡した。2人は6月下旬に発熱、腹痛、下痢を訴え医療機関を受信し7月にSFTSと診断されていた。発症前2人とも農作業をしており身体にはダニに噛まれた痕があったという。SFTSは熱が出て血小板が減る病気で非常に致死率が高いと説明された。フタトゲチマダニの中の一部がSFTSのウィルスを持っており、噛まれると発症する可能性があるという。感染すると15%の致死率であると語られた。発症数がマダニに噛まれた人の数から考えれば少なく思えると述べられ、軽く発症した人はさらにいるのだと思われると答えられた。また高齢者に感染者が多く年令とともに免疫が下がるためだと述べられた。マダニは吸血前は3ミリほどだが旧家東京後には1センチほどになり、潰すと血だけ出るなどと語られた。まだマダニは森林、草むら、公園などにいて一番問題なのは子供が遊びに行く草むらだと解説された。マダニは頭が良くやってくるのを待っているという。


SFTS

夏のレジャーで身近に潜む脅威がマダニだという。マダニが媒介する感染症SFTSに感染し今月宮崎県の男性二人が死亡した。2人とも先月下旬に発熱、腹痛、下痢などの症状が出たため医療機関を受診、今月に入りSFTSと診断されていた。2人は発症前に農作業などを行っていてダニの噛み跡があったという。宮崎県内では去年は12人が感染し4人が死亡している。国内では過去6年間で434人が感染し66人が死亡した。2年前にはSFTSに感染したと見られる野良猫に噛まれ50代女性が死亡した例もある。


夏のレジャーで身近に潜む脅威がマダニだという。マダニが媒介する感染症SFTSに感染し今月宮崎県の男性二人が死亡した。2人とも先月下旬に発熱、腹痛、下痢などの症状が出たため医療機関を受診、今月に入りSFTSと診断されていた。2人は発症前に農作業などを行っていてダニの噛み跡があったという。宮崎県内では去年は12人が感染し4人が死亡している。国内では過去6年間で434人が感染し66人が死亡した。2年前にはSFTSに感染したと見られる野良猫に噛まれ50代女性が死亡した例もある。


マダニ

夏のレジャーで身近に潜む脅威がマダニだという。マダニが媒介する感染症SFTSに感染し今月宮崎県の男性二人が死亡した。2人とも先月下旬に発熱、腹痛、下痢などの症状が出たため医療機関を受診、今月に入りSFTSと診断されていた。2人は発症前に農作業などを行っていてダニの噛み跡があったという。宮崎県内では去年は12人が感染し4人が死亡している。国内では過去6年間で434人が感染し66人が死亡した。2年前にはSFTSに感染したと見られる野良猫に噛まれ50代女性が死亡した例もある。


アナフィラキシーショック

台所の戸棚にお好み焼き粉をのせた皿を2週間置いておくと粉が動き1か月だとダニが繁殖してしまう。それを食べると健康を損なうのがパンケーキシンドローム。このダニはコナヒョウダニといい、体長約0.4ミリのダニは輪ゴムやクリップでとめたすき間から混入し食品の中で繁殖する。小麦粉、ホットケーキミックス、粉ミルク、たこ焼き粉など俗に「粉もの」と呼ばれる粉末状の食品はダニの住み家になる。粉製品に混入したダニを食べることで起きる急性アレルギー症状をコナヒョウダニという。食後約1時間で腹痛、じんましん、顔面紅潮、呼吸困難といった症状になり、アナフィラキシーショックを発症することもある。激しいアレルギー反応を起こして死に至ることもある。2009年1月、吐き気や下痢、じんましんなどの症状で26歳の女性が聖路加国際病院(東京)の救急センターで治療を受けた。原因は開封してから半年間で常温保存した「お好み焼き粉」を加熱調理して食べたからだった。女性が使った「お好み焼き粉」を調査したところ、1グラム当たり約1万3000匹のダニを検出した。ダニが最も増えやすいのは7月の高温多湿となる梅雨の時期。ダニの繁殖する条件は湿度60〜80%温度22〜28℃、エサが十分にある、潜って卵を産める場所がある事。たとえ火を通してもダニの死骸やフンがアレルギー源になる。パンケーキシンドロームを防ぐ対策は小分けにして密封しダニが入らない密封状態にし早めに使い切る事、使用直前に冷蔵庫から出し終わったらすぐに冷蔵庫へ保管しダニが入らないようにする事。ただしすでにダニが入っている粉は冷蔵庫でもダメ。ダニは冷蔵庫に入れても死なない。冬眠状態になって増えないだけなので常温に戻すと動き出す。