ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「良性発作性頭位めまい症」の検索結果

「良性発作性頭位めまい症」に関連する情報 248件中 1〜10件目

良性発作性頭位めまい症

ある日、今までよりも激しいめまいが起きたため大学の脳外科医を受診すると良性発作性頭位めまい症だと診断された。耳の中の耳石器から剥がれ落ちた耳石が三半規管に入り込みめまいを起こす病気だった。だがこの病気は再発を繰り返す人が多い。

カンニング竹山は12月のある日、朝起きると激しいめまいが起きた。しかも吐き気まで出て経験した事のない重い症状が出た。仕事をキャンセルし急いで病院へ行った。この日は点滴を受け回復したがいつめまいに襲われるか分からない。しかもどっきりも多いのでめまいがどっきりが来るのが怖くてカメラを探し回った。めまいの専門病院を受診し薬を貰った。それから頭位めまい症とうまく付き合っている。2018年11月13日、仕事から帰宅すると「ザ!世界仰天ニュース」でブレイク前の薄幸さんが頭位めまい症である事を告白していた。見たこともない女芸人が病気の代表者のように語るのを見た竹山は3ヶ月後、仰天ニュースに出演し大激怒した。

良性発作性頭位めまい症についてカンニング竹山は「めまいが来たときだけ薬を飲んだり病院へ行く。原因はストレスとか疲れ」と話した。松陰寺太勇は「激しく頭を振ると視界に白い稲妻が走ってバチンってなる」と話した。


良性発作性頭位めまい症

家事中の様子をみると、シンクに持たれながら洗い物をしていた。しかし次の瞬間、ふらつき座り込んでしまった。お姑さんは「迷惑かけているなっていうのを気にしているけど、家族だし気にしなくていいよっていってるけど、気持ちの中でそれも負担になっている」などと話した。今回改善方法を教えてくれる名医は奈良県立医科大学めまいセンターの北原糺先生。美智さんは夫に付き添われ検査をするために奈良県立医科大学めまいセンターを訪れた。検査の結果、めまいの原因はリンパ液の異常だと判明した。改善方法は水分を1日1.5リットルとり、おしっこや汗を良く流すことだった。80%がこの方法で改善する可能性が高いという。より水分の代謝をよくするために汗ばむくらい身体を動かしたほうがいいと指導された。体重1kgアタリ35ミリリットルの水分が目安だという。水分であればお茶やコーヒーでも可能。改善初日、コーヒーや炭酸水などで水分を摂取しトイレにも通いしっかり水分代謝を行った。午後3時45分、美智さんは夫と一緒にウオーキングをした。しかし数分後、めまいで止まってしまった。初日は合計1850ミリリットルの水分を摂取。トイレは15回。2日目は1900ミリリットルの水分を摂取。3日目、1600ミリリットルの水分を摂取。その後も日々しっかり水分を取り続けできる範囲で運動をした。6日目、美智さんはシンクに持たれずに台所仕事をしていた。さらにウォーキングではなく走れるようになっていた。1ヵ月後、病院で検査をすると以前は歩行検査で1mしか歩けなかったが。今回は介助なしで歩ききることができた。再び美智さんのもとを訪ね話をきくと「だいぶめまいはきにならないくらいにはなった」などと話した。お姑さんは「笑顔も増えたし、今までできなかったことができるようになってきた」などと話した。


良性発作性頭位めまい症

改善を目指す症状は「めまい」。八代亜紀さんなどを襲ったメニエール病や、澤穂希さんなどが悩まされた良性発作性頭位めまい症など、約271万人もの人がめまいに苦しめられている。今回、ひどいめまいに悩まされている48歳の倉田美智(仮名)に密着した。美智さんを支えるのは夫の誠さんとお姑さんたち。夫の実家で4世代7人家族。今年の5月めまいが発症。始まりは耳鳴りだった。美智さんは移動の時は何かに捕まりながらゆっくり慎重に行う。家事中の様子をみると、シンクに持たれながら洗い物をしていた。しかし次の瞬間、ふらつき座り込んでしまった。


メニエール病

改善を目指す症状は「めまい」。八代亜紀さんなどを襲ったメニエール病や、澤穂希さんなどが悩まされた良性発作性頭位めまい症など、約271万人もの人がめまいに苦しめられている。今回、ひどいめまいに悩まされている48歳の倉田美智(仮名)に密着した。美智さんを支えるのは夫の誠さんとお姑さんたち。夫の実家で4世代7人家族。今年の5月めまいが発症。始まりは耳鳴りだった。美智さんは移動の時は何かに捕まりながらゆっくり慎重に行う。家事中の様子をみると、シンクに持たれながら洗い物をしていた。しかし次の瞬間、ふらつき座り込んでしまった。


めまい

改善を目指す症状は「めまい」。八代亜紀さんなどを襲ったメニエール病や、澤穂希さんなどが悩まされた良性発作性頭位めまい症など、約271万人もの人がめまいに苦しめられている。今回、ひどいめまいに悩まされている48歳の倉田美智(仮名)に密着した。美智さんを支えるのは夫の誠さんとお姑さんたち。夫の実家で4世代7人家族。今年の5月めまいが発症。始まりは耳鳴りだった。美智さんは移動の時は何かに捕まりながらゆっくり慎重に行う。家事中の様子をみると、シンクに持たれながら洗い物をしていた。しかし次の瞬間、ふらつき座り込んでしまった。


良性発作性頭位めまい症

バセドウ病を患っているという立川志らく。毎日薬を飲んでいるという。また金子恵美はめまいに悩まされていることを話した。金子は吐き気を伴うほどの激しいめまいに突然襲われることがあり、議員の時も10年間悩まされていたという。大谷義夫先生は、良性発作性頭位めまい症の可能性を指摘した。頭の向きによってめまいが発症し、数分でおさまるという。良性発作性頭位めまい症の場合は、めまいに慣れるしかないという。


めまい

バセドウ病を患っているという立川志らく。毎日薬を飲んでいるという。また金子恵美はめまいに悩まされていることを話した。金子は吐き気を伴うほどの激しいめまいに突然襲われることがあり、議員の時も10年間悩まされていたという。大谷義夫先生は、良性発作性頭位めまい症の可能性を指摘した。頭の向きによってめまいが発症し、数分でおさまるという。良性発作性頭位めまい症の場合は、めまいに慣れるしかないという。


バセドウ病

バセドウ病を患っているという立川志らく。毎日薬を飲んでいるという。また金子恵美はめまいに悩まされていることを話した。金子は吐き気を伴うほどの激しいめまいに突然襲われることがあり、議員の時も10年間悩まされていたという。大谷義夫先生は、良性発作性頭位めまい症の可能性を指摘した。頭の向きによってめまいが発症し、数分でおさまるという。良性発作性頭位めまい症の場合は、めまいに慣れるしかないという。


メニエール病

20歳で彼氏と同棲を初めて幸。数ヶ月ぶりのめまいが襲い、彼氏が近所の病院へおぶっていき、検査をすると良性発作性頭位めまい症だと判明。日本国内には1万人に1〜2人でメニエール病よりも患者数が多くなってきているという。ちゃんとした治療法が確立されていないため、現在はめまいを治す体操をしているという幸。


良性発作性頭位めまい症

20歳で彼氏と同棲を初めて幸。数ヶ月ぶりのめまいが襲い、彼氏が近所の病院へおぶっていき、検査をすると良性発作性頭位めまい症だと判明。日本国内には1万人に1〜2人でメニエール病よりも患者数が多くなってきているという。ちゃんとした治療法が確立されていないため、現在はめまいを治す体操をしているという幸。


検索結果の絞り込み