ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「花巻東」の検索結果

「花巻東」に関連する情報 3125件中 1〜10件目

花巻東

佐々木投手は最速163キロということで岩手県内ではこの170キロのピッチングマシンの球を打つ練習をしているという。時速170キロの球を披露。速いなどとコメントがスタジオで出ていた。岩手県大会準決勝が明日2試合行われる。佐々木投手擁する大船渡は第2試合。


花巻東高等学校

今世界が東北岩手に大注目。岩手と言えば大谷翔平選手や菊池雄星投手。そんななかあらたに注目を集める人物が佐々木朗希投手。早朝にも関わらず全国から人が押し寄せ、チケット売り場には100人以上の行列ができた。佐々木朗希投手の人気の理由は、高校史上最速の163キロ。大谷選手の高校時代の記録を塗り替えるほどの剛速球の持ち主なのだ。彗星のごとく現れた佐々木選手に国内のみならず世界からスカウトが集まる。きのう大船渡は準々決勝を勝ち抜き、ますます目が離せない。岩手から誕生する豪腕投手達。そこでビビットではなぜ岩手で超一流投手が誕生するのか徹底取材。すると秘密が見えてきた。東北地方の北東部に位置し本州最大の面積を誇る岩手県。地域によって積雪量に差はあるものの、県内全域が豪雪地帯に指定されている雪国。調べてみると、豪腕投手が生まれる要因が見つかった。県民性に詳しい木原誠太郎さんは


花巻東

おとといの4回戦では157キロをマークすると8回には160kmを記録した。12年の岩手大会で大谷翔平がマークした記録とタイ。佐々木のフォームの特徴は足を大きく上げているのにバランスが崩れないこと。右腕をムチのようにしならせて球速が上がっている。佐々木は力を抜いても140kmなのでバッターが対応しづらくストレートと、同じ軌道で140kmのフォークも持っている。4回戦では決勝2ランを打っていて里崎さんは「ボールを引きつけて反対に打つ。リストが強くバットの返しで遠くに飛ばせる」とコメントした。大船渡は明日一関工と対戦する。


花巻東

大谷翔平と菊池雄星が対戦する形になった。第1打席は三振に、第2打席も頃に討ち取っていて、第3打席はツーベースヒットと、7打数3安打という結果となっていて、試合はエンゼルスが勝利。


花巻東

大船渡の佐々木朗希は一昨日160kmの速球など194球を投げているが、準々決勝ではベンチスタートとなり6回までに4点をリードすると追いつかれるものの、11回にキャプテン・千葉宗幸の勝ち越しタイムリーて延長戦を制している。佐々木投手は仲間を信じて声援を送っていましたと話している。準決勝は24日に一関工との対戦となる。

大谷vs菊池&桃田賢斗直撃。


花巻東

エンゼルス大谷翔平選手がマリナーズ菊池雄星投手と今シーズン最終戦。今シーズン3度目の対決、1回は三振、3回はゴロ、5回は2ベースヒット。3打数1安打。通算7打数3安打で打ち込む結果に。エンゼルスが9-3で勝利した。


花巻東

エンゼルス大谷翔平選手がマリナーズ菊池雄星投手と今シーズン最終戦。今シーズン3度目の対決、1回は三振、3回はゴロ、5回は2ベースヒット。3打数1安打。通算7打数3安打で打ち込む結果に。


花巻東

花巻東高校出身の菊池雄星と大谷翔平がメジャーで対決。菊地は第1打席で大谷を三振にとるも第3打席でツーベースヒットを打たれた。


花巻東

NEXT「菊池vs大谷 花巻東対決 佐々木朗希 世界水泳」


花巻東

メジャーリーグのエンゼルス対マリナーズ戦では花巻東の大谷翔平・菊池雄星が対決。大谷は5打数2安打、菊池は4勝7敗。試合はエンゼルスが9-3で勝利。