ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「茂田井幸弘」の検索結果

「茂田井幸弘」に関連する情報 33件中 1〜10件目

魚幸水産

横浜市保土ヶ谷区の「洪福寺松原商店街」は「ハマのアメ横」と呼ばれる商店街で、値段の安さと対面販売で60年以上賑わっている。商店街の一番の稼ぎ時が大晦日とその前日の年末特売で、どの店も勝負に挑んでいる。トップクラスの仕入れ・売り上げ量を誇るのが「魚幸水産」で、店の奥のマグロ売り場が人気。この店ではマグロを競り売りしており、年末2日間での販売目標はマグロ11トン。29日に店に届いたのはマグロ200本。名物社長の茂田井幸弘が平日の約11倍を仕入れて特売に挑む。当日30日、店の奥では商品の仕込みが始まっていた。今日一日で110本のマグロを解体する。また年末2日間のために用意した店頭商品は約4トンで、数の子1000個やエビ1000パックなどを売る。開店30分前、マグロ売り場に並ぶ人の列は約290m、約370人となった。開店と同時にマグロ売り場に客が詰めかけた。この店のマグロは切ったサクの重さで値段を決め、客は手を挙げて早い者勝ちでマグロを買う。客らの後方に戸惑った様子の3人連れの姿があった。3人は今年来るのが初めてで、やり方も分からずに列に並んでしまったと言う。1人が前に出られそうな隙間を見つけ、仲間を押し込んでマグロをゲットした。鮮魚売り場も客が押し寄せて賑わっていた。次々と売れているが、2日間での販売目標4トンを売り切れるのか。

午後1時、魚幸水産には社長がマグロ売り場に登場した。瞬く間にマグロを切り分け、売り場は熱気を増した。切っては売る作業を繰り返しておよそ11時間、この日最後のサクが売れておよそ6トンを売り終えた。転倒では大量に仕入れた正月商品に苦戦していた。店員たちが声を張り上げて売り込んだ。午後6時、この日最後に残ったのは800円に値下げしたマグロのぶつ切り。それを売り終え、この日店頭で売ったのは合計2トンとなった。外川商店は予想以上の売れ行きで翌日の大晦日に売る予定分まで売っていた。電話で野菜を追加し、社長は情けないと話した。三増屋も店じまいとなり、こちらも翌日分のタネまで使っていた。

12月31日を迎えた。魚幸水産は朝から総力戦の構えで、カニや海老などに加えマグロ5トンを売る。最終日の販売目標は7トン。店頭では開店と同時に安売りが始まり、セット販売や前日より値下げして販売するなどしていた。三増屋も残り僅かなタネで勝負に入っていた。前日に今日の分まで売ってしまった外川商店は市場や問屋に掛け合ってキャベツ270個やミカン160箱などありったけの商品をかき集めていた。この時雪が降り始めたが、客の足を止めようと店員が声を出していた。マグロ売り場には熱気があり大混乱となっており、その後再び晴れ間が広がった。

外川商店は開店から3時間で果物に売り切れの兆しが見えてきた。420パック仕入れたイチゴが売り切れ、バナナも家族連れが最後の1房を購入した。お昼過ぎの三増屋では最後の揚げ物が揚がっており、午後1時に最後のトレーも売れていき、最後に残った分をお手伝いの人たちへと振る舞い、2時前には目標販売量を達成した。魚幸水産では午後2時半には全てのマグロを捌き終え、3時前に5トン全てを売り切った。午後4時を回った外川商店は店頭に商品を出し始め、前日200円だったキャベツを100円で投げ売り始めた。キャベツ、長芋は販売が終了し、ミカンも350箱を売り、2日で10.5トンを売り切った。魚幸水産の鮮魚売り場は残りの商品を店頭に集めて最後の投げ売りが始まった。


洪福寺松原商店街

横浜市保土ヶ谷区の「洪福寺松原商店街」は「ハマのアメ横」と呼ばれる商店街で、値段の安さと対面販売で60年以上賑わっている。商店街の一番の稼ぎ時が大晦日とその前日の年末特売で、どの店も勝負に挑んでいる。トップクラスの仕入れ・売り上げ量を誇るのが「魚幸水産」で、店の奥のマグロ売り場が人気。この店ではマグロを競り売りしており、年末2日間での販売目標はマグロ11トン。29日に店に届いたのはマグロ200本。名物社長の茂田井幸弘が平日の約11倍を仕入れて特売に挑む。当日30日、店の奥では商品の仕込みが始まっていた。今日一日で110本のマグロを解体する。また年末2日間のために用意した店頭商品は約4トンで、数の子1000個やエビ1000パックなどを売る。開店30分前、マグロ売り場に並ぶ人の列は約290m、約370人となった。開店と同時にマグロ売り場に客が詰めかけた。この店のマグロは切ったサクの重さで値段を決め、客は手を挙げて早い者勝ちでマグロを買う。客らの後方に戸惑った様子の3人連れの姿があった。3人は今年来るのが初めてで、やり方も分からずに列に並んでしまったと言う。1人が前に出られそうな隙間を見つけ、仲間を押し込んでマグロをゲットした。鮮魚売り場も客が押し寄せて賑わっていた。次々と売れているが、2日間での販売目標4トンを売り切れるのか。

青果店「外川商店」でも年末の勝負が始まっていた。店の名物は屋根に空段ボールを投げる仕草。外川商店でも年末の3倍以上の青果を仕入れた。商店街の奥の練り物店「三増屋」でも気合が入っており、社長手作りのさつま揚げを孫が売る家族経営の店。年末には手伝いの職人・売り子を増やして早朝からフルスピードで揚げる。午前中の時点で通常の3倍の量を作った。

午後1時、魚幸水産には社長がマグロ売り場に登場した。瞬く間にマグロを切り分け、売り場は熱気を増した。切っては売る作業を繰り返しておよそ11時間、この日最後のサクが売れておよそ6トンを売り終えた。転倒では大量に仕入れた正月商品に苦戦していた。店員たちが声を張り上げて売り込んだ。午後6時、この日最後に残ったのは800円に値下げしたマグロのぶつ切り。それを売り終え、この日店頭で売ったのは合計2トンとなった。外川商店は予想以上の売れ行きで翌日の大晦日に売る予定分まで売っていた。電話で野菜を追加し、社長は情けないと話した。三増屋も店じまいとなり、こちらも翌日分のタネまで使っていた。

12月31日を迎えた。魚幸水産は朝から総力戦の構えで、カニや海老などに加えマグロ5トンを売る。最終日の販売目標は7トン。店頭では開店と同時に安売りが始まり、セット販売や前日より値下げして販売するなどしていた。三増屋も残り僅かなタネで勝負に入っていた。前日に今日の分まで売ってしまった外川商店は市場や問屋に掛け合ってキャベツ270個やミカン160箱などありったけの商品をかき集めていた。この時雪が降り始めたが、客の足を止めようと店員が声を出していた。マグロ売り場には熱気があり大混乱となっており、その後再び晴れ間が広がった。

外川商店は開店から3時間で果物に売り切れの兆しが見えてきた。420パック仕入れたイチゴが売り切れ、バナナも家族連れが最後の1房を購入した。お昼過ぎの三増屋では最後の揚げ物が揚がっており、午後1時に最後のトレーも売れていき、最後に残った分をお手伝いの人たちへと振る舞い、2時前には目標販売量を達成した。魚幸水産では午後2時半には全てのマグロを捌き終え、3時前に5トン全てを売り切った。午後4時を回った外川商店は店頭に商品を出し始め、前日200円だったキャベツを100円で投げ売り始めた。キャベツ、長芋は販売が終了し、ミカンも350箱を売り、2日で10.5トンを売り切った。魚幸水産の鮮魚売り場は残りの商品を店頭に集めて最後の投げ売りが始まった。


洪福寺松原商店街

洪福寺松原商店街・魚幸水産の年末大特売に密着する。魚幸水産・二代目社長・茂田井幸弘「客の期待を裏切っちゃまずい」と話す。マグロ販売リーダー・鮫島政基を中心に準備が進む。13トンの魚介商品が用意された。マグロは切った重さで値段が決まり、客は手を挙げてマグロを買う。鮮魚売り場を任されたのは新入社員・足立勇太。


「茂田井幸弘」に関連するグルメ情報

マグロ

“ハマのアメ横”と呼ばれる横浜の商店街に人気の鮮魚店がある。多くの人が押し寄せる年に一度の年末大特売の舞台ウラを取材。2日間で約30トンの魚介を売切り。宅配も始めた。洪福寺松原商店街は年末に通りを人が埋め尽くす。その中でトップクラスの売上を出す店「魚幸水産」。大量の冷凍マグロが届かれた。

洪福寺松原商店街・魚幸水産の年末大特売に密着する。魚幸水産・二代目社長・茂田井幸弘「客の期待を裏切っちゃまずい」と話す。マグロ販売リーダー・鮫島政基を中心に準備が進む。13トンの魚介商品が用意された。マグロは切った重さで値段が決まり、客は手を挙げてマグロを買う。鮮魚売り場を任されたのは新入社員・足立勇太。

すし部門を仕切るのは宅配すしリーダー・長田亮。宅配と店舗用に800食用意する。マグロ売場では魚幸水産・二代目社長・茂田井幸弘が仕切る。販売開始から8時間半でマグロ約6トンを完売。12月30日の売上は魚介約12トン。12月31日の目標は約12トン。店の前には約340人が並ぶ。マグロと魚介の合計12トンを完売した。


魚幸水産

“ハマのアメ横”と呼ばれる横浜の商店街に人気の鮮魚店がある。多くの人が押し寄せる年に一度の年末大特売の舞台ウラを取材。2日間で約30トンの魚介を売切り。宅配も始めた。洪福寺松原商店街は年末に通りを人が埋め尽くす。その中でトップクラスの売上を出す店「魚幸水産」。大量の冷凍マグロが届かれた。

洪福寺松原商店街・魚幸水産の年末大特売に密着する。魚幸水産・二代目社長・茂田井幸弘「客の期待を裏切っちゃまずい」と話す。マグロ販売リーダー・鮫島政基を中心に準備が進む。13トンの魚介商品が用意された。マグロは切った重さで値段が決まり、客は手を挙げてマグロを買う。鮮魚売り場を任されたのは新入社員・足立勇太。

すし部門を仕切るのは宅配すしリーダー・長田亮。宅配と店舗用に800食用意する。マグロ売場では魚幸水産・二代目社長・茂田井幸弘が仕切る。販売開始から8時間半でマグロ約6トンを完売。12月30日の売上は魚介約12トン。12月31日の目標は約12トン。店の前には約340人が並ぶ。マグロと魚介の合計12トンを完売した。


魚幸水産

横浜・保土ヶ谷区にある洪福寺松原商店街の魚幸水産に密着。魚幸水産は人気の鮮魚店で、年末の2日間が一年で最も魚が売れる日ということで、年末特売の舞台裏に密着した。

12月30日、午前7時ごろから列ができはじめ、4トンもの魚介類が用意された。マグロ販売はサクを切ってその重さで値段を決めており、客は手をあげてマグロを買う。店は脱出困難になるほどの大混雑で、横浜市中央卸売市場本場で大量仕入れすることで単価を抑えていた。

この日は社長の茂田井幸弘もマグロコーナーに立って販売。客の中には「買います」と書いたお手製のうちわを持ってくる人もいた。

大晦日にはさらにマグロ4トンを仕入れ、年末最後の大勝負となった。


「茂田井幸弘」に関連するグルメ情報

寒ブリ

87店舗が並び、人で賑わう洪福寺松原商店街で営業する鮮魚店・魚幸水産。サンマは5尾で100円、マグロは店内で解体して販売。1年で最も売れる日だという12月30日と31日、マグロ7tを売り切るという挑戦が行なわれていた。

12月30日、早朝からマグロの解体が行なわれる魚幸水産に、タコ1t、毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニの合計5.5tなど大量の魚介が到着。この日は魚介類約20tを売り切るという大特売の日だった。

開店時間になると約150mにわたって500人以上が長蛇の列を作っており、お目当てはマグロという人が多かった。店側は従業員80人・警備33人体制で開店。店内はあっと言う間に大混雑し、スワイガニやマグロが次々と売れた。茂田井幸弘社長は「自慢はしないが自信はある」と仕入れたマグロへの自信をみなぎらせた。

ボイルされた毛ガニやズワイガニも次々と売れた。これらは仕入れ担当の金谷制さんがこの日の横浜市中央卸売市場で売れ残ったものを半値で大量に仕入れてきたものだった。昼になると卸業者から「年越しになって売れ残るから買い取って欲しい」との連絡を受け、さらに数の子を600個仕入れた。そうした中、かまぼこが1500個全て完売となった。

マグロは午後5時45分に7t分が完売。魚幸水産は名物の「値下げ祭り」を仕掛け、2000円のキンメダイを1000円とし、この勢いでこの日仕入れた魚介類は全て完売となった。

翌日の12月31日。マグロを4t追加し、開店と同時に叩き売りを開始。昼には目玉商品の寒ブリを投入したが、すぐに完売。この日も魚介は全て完売となった。


魚幸水産

87店舗が並び、人で賑わう洪福寺松原商店街で営業する鮮魚店・魚幸水産。サンマは5尾で100円、マグロは店内で解体して販売。1年で最も売れる日だという12月30日と31日、マグロ7tを売り切るという挑戦が行なわれていた。

12月30日、早朝からマグロの解体が行なわれる魚幸水産に、タコ1t、毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニの合計5.5tなど大量の魚介が到着。この日は魚介類約20tを売り切るという大特売の日だった。

開店時間になると約150mにわたって500人以上が長蛇の列を作っており、お目当てはマグロという人が多かった。店側は従業員80人・警備33人体制で開店。店内はあっと言う間に大混雑し、スワイガニやマグロが次々と売れた。茂田井幸弘社長は「自慢はしないが自信はある」と仕入れたマグロへの自信をみなぎらせた。

ボイルされた毛ガニやズワイガニも次々と売れた。これらは仕入れ担当の金谷制さんがこの日の横浜市中央卸売市場で売れ残ったものを半値で大量に仕入れてきたものだった。昼になると卸業者から「年越しになって売れ残るから買い取って欲しい」との連絡を受け、さらに数の子を600個仕入れた。そうした中、かまぼこが1500個全て完売となった。

マグロは午後5時45分に7t分が完売。魚幸水産は名物の「値下げ祭り」を仕掛け、2000円のキンメダイを1000円とし、この勢いでこの日仕入れた魚介類は全て完売となった。

翌日の12月31日。マグロを4t追加し、開店と同時に叩き売りを開始。昼には目玉商品の寒ブリを投入したが、すぐに完売。この日も魚介は全て完売となった。


「茂田井幸弘」に関連するグルメ情報

マグロ

87店舗が並び、人で賑わう洪福寺松原商店街で営業する鮮魚店・魚幸水産。サンマは5尾で100円、マグロは店内で解体して販売。1年で最も売れる日だという12月30日と31日、マグロ7tを売り切るという挑戦が行なわれていた。

12月30日、早朝からマグロの解体が行なわれる魚幸水産に、タコ1t、毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニの合計5.5tなど大量の魚介が到着。この日は魚介類約20tを売り切るという大特売の日だった。

開店時間になると約150mにわたって500人以上が長蛇の列を作っており、お目当てはマグロという人が多かった。店側は従業員80人・警備33人体制で開店。店内はあっと言う間に大混雑し、スワイガニやマグロが次々と売れた。茂田井幸弘社長は「自慢はしないが自信はある」と仕入れたマグロへの自信をみなぎらせた。

ボイルされた毛ガニやズワイガニも次々と売れた。これらは仕入れ担当の金谷制さんがこの日の横浜市中央卸売市場で売れ残ったものを半値で大量に仕入れてきたものだった。昼になると卸業者から「年越しになって売れ残るから買い取って欲しい」との連絡を受け、さらに数の子を600個仕入れた。そうした中、かまぼこが1500個全て完売となった。

マグロは午後5時45分に7t分が完売。魚幸水産は名物の「値下げ祭り」を仕掛け、2000円のキンメダイを1000円とし、この勢いでこの日仕入れた魚介類は全て完売となった。

翌日の12月31日。マグロを4t追加し、開店と同時に叩き売りを開始。昼には目玉商品の寒ブリを投入したが、すぐに完売。この日も魚介は全て完売となった。


「茂田井幸弘」に関連するグルメ情報

タコ

87店舗が並び、人で賑わう洪福寺松原商店街で営業する鮮魚店・魚幸水産。サンマは5尾で100円、マグロは店内で解体して販売。1年で最も売れる日だという12月30日と31日、マグロ7tを売り切るという挑戦が行なわれていた。

12月30日、早朝からマグロの解体が行なわれる魚幸水産に、タコ1t、毛ガニ・ズワイガニ・タラバガニの合計5.5tなど大量の魚介が到着。この日は魚介類約20tを売り切るという大特売の日だった。

開店時間になると約150mにわたって500人以上が長蛇の列を作っており、お目当てはマグロという人が多かった。店側は従業員80人・警備33人体制で開店。店内はあっと言う間に大混雑し、スワイガニやマグロが次々と売れた。茂田井幸弘社長は「自慢はしないが自信はある」と仕入れたマグロへの自信をみなぎらせた。

ボイルされた毛ガニやズワイガニも次々と売れた。これらは仕入れ担当の金谷制さんがこの日の横浜市中央卸売市場で売れ残ったものを半値で大量に仕入れてきたものだった。昼になると卸業者から「年越しになって売れ残るから買い取って欲しい」との連絡を受け、さらに数の子を600個仕入れた。そうした中、かまぼこが1500個全て完売となった。

マグロは午後5時45分に7t分が完売。魚幸水産は名物の「値下げ祭り」を仕掛け、2000円のキンメダイを1000円とし、この勢いでこの日仕入れた魚介類は全て完売となった。

翌日の12月31日。マグロを4t追加し、開店と同時に叩き売りを開始。昼には目玉商品の寒ブリを投入したが、すぐに完売。この日も魚介は全て完売となった。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (33)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (20)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (13)